音楽

August 27, 2013

サックスプレイヤー、土岐英史さん

土岐英史さんと言えば、山下達郎さんのバックミュージシャンを務めたり
とにかく超一流のサックスプレイヤー。

大阪音楽大学の特任教授でもあるのだけど

創立100周年記念プロジェクトの一貫として
大学の学生たちとプロミュージシャンのコラボジャズコンサートに
出演されるということで、行ってまいりましたsign03

いやぁ~やはり違いますねぇ

すごい方という先入観とかじゃなくて
やはり『音』が違うんですよね・・

学生たちも、上手い人たちばかりを選りすぐっているので
上手なんだけど、

上手い、下手というテクニックじゃなくて(あるレベルは大切ですが)

演奏するという行為の前に、オーディエンスたちを「酔わせる」というか

そこが違うのよね。。

私たちレベルだと、一生懸命に歌ったり演奏したりっていうとこ
まだまだあるけど

聴かせる、魅せる、届けるということ

私も熟練して、そんなふうに歌を届けることができたらいいのになぁと
思いました。

土岐英史さんとカシオペアの映像、見つけました。
土岐さん、お若い~heart01

コンサートホールでのLIVEだったので、お酒は飲めなかったのだけど
ジャズはやはりアルコールと一緒に頂くのがいいわねwine

Jazzcon


| | Comments (0)
|

August 19, 2013

宮崎初LIVE無事に終了!

宮崎でLIVEをしたいなと思ったのは、最近同窓会も増えてきて
参加するたびに、同じ時期に青春時代を過ごした同級生たちに
会うのが楽しくて

さらにFacebookなどのおかげで、同級生たちと結びつくようになってきて

私も少しでも若いうちに(笑)LIVEできたら・・なんて思ったりしたので
思い切って決断したのでした。

最初はMisty Blueメンバーたちと一緒に行きたかったのだけど
諸経費等の諸事情で難しくて

宮崎在住のプロのギタリストの方を紹介していただくことにしました。

宮崎市のメイン通り橘通り西にあるLIVE Bar SOHO
しょっしゅうお邪魔したいなぁと思うほど居心地のいいお店で
そこのマスターの井出和則さんは、NYで10数年活躍されていた
素晴らしいギタリストでお人柄もとてもよくて

初LIVEなのに、結構リラックスして歌わせて頂けたのは
きっと井出さんの醸し出す大きくて温かい雰囲気のおかげだった
ような気がします。

その井出さんがご紹介してくださったギタリストのIsaoさんは
私と同年代でジャズ系のギタリストの方でしたが、とても気さくな方で
初めて合わせても初めてじゃない気がしたのが不思議でした。

今回のLIVEのテーマは『真夏の夜の宴』

私のワンマンLIVEは自信がなかったので、
あきやま ちえさんというちょっぴりハスキーで甘い歌声のボーカリストの方を
ご紹介して頂いて、ツーマンLIVEという形でお届けしました。

ちえさんはジャズやポップスなど幅広いジャンルを歌われている
ボーカリストの方でギター演奏はマスターの井出さん
とても素敵でしたshine

Chie1_2

そして私の宮崎での初LIVEの時間に。。

セットリストは

●思い出は美しすぎて

●メロディ(オリジナル)

●Rainy Memory(オリジナル)

●モンテカルロで乾杯

●Sweet Memories

●引き潮(オリジナル)

●Purple Twilight(オリジナル)

●Lovin'you

●そよ風の誘惑

アンコール~Lonely Lady

Misty Blueのオリジナル曲とカバー曲を織り交ぜての選曲。
オリジナルは私が宮崎をイメージして制作したものを
数曲選びました。

1曲、1曲にどんな想いで制作したかということなどをMCにして
お届けしたせいか、オリジナルがとても良かったとの声を頂けたのは
嬉しかったなぁ

初めて私の歌を聴く方にオリジナル曲っていうのは、
結構勇気がいるものなんですけどね

20130817live3a


今回のLIVEは
ご予約の方々以外にも、一般のお客様の数名いらしてくださって
立ち見が出るほどの大盛況になって、ほんとにほんとに
嬉しかった!感謝感激です!

最後にあきやまちえさんと、井出さんにも参加して頂いて
4人で「夏の終わりのハーモニー」をやりました。

今回のテーマを決めたときに、この曲をやろうと思っていたわけでは
なかったけど、ふっと思いついて、いい感じにラストを飾れて
良かったです。

20130817live1a

1曲目に八神純子さんの『思い出は美しすぎて』を持ってきたのは

八神純子さんのデビュー曲でもあり、私が音楽活動をするきっかけにも
なった尊敬する八神さんの曲で始めたかったのと
ちょうど中学、高校時代にこの曲が歌われていたことと
歌詞も、どこか私の心境にリンクすることがあったからです。

この曲だけ思い切って公開することにしました。

もしよかったら観てくださいねnote

お盆のお忙しいなか、私の企画LIVEに来てくださった皆さま
ほんとにほんとにありがとうございました!

また機会があったら出来たらいいなぁ~~heart01

| | Comments (4)
|

August 05, 2013

Misty Blue新メンバーを紹介します♪

Misty Blueを結成して12年。
紆余曲折いろいろありながら、何とか細々とながら、続いてます。

一回もLIVEできない年もあったり、メンバーに裏切られたことがあったり、
リストラ的なことをしなければいけないこともあったり・・

自分の子供たちを守るような気持ちで、自分が生み出す作品たちを
大切にしてるので、やはりそんな私の『意』に沿わない方も
過去には一緒にやったこともあったりして

できれば人生の中で、そんな経験などしたくないけど

でも、そんな辛い経験をしたからこそ、人の温かさを感じたり、
この人は大切にしようという気持ちが芽生えたり

私の周りには20年以上も同じメンバーでバンドを続けてらっしゃる
音楽仲間たちが何組かいて、きっと彼等にもいろいろなことが
あったんだろうなって思うし、ある意味『同志』を感じるしね

バンドって楽しいけど、楽しいだけじゃないこともいろいろあるし
でも、そんな大変さも一緒に楽しんでいける方たちと一緒に
音楽を創っていけたら、ほんとに幸せだと思いますheart01

Misty Blueはしばらくの間、リズム隊はサポートメンバーの方々にお願い
していたのだけど、ようやくレギュラーメンバーが入ってくださいました。

とても素敵な方々で、一緒に音を出していて、ほんとに楽しいshine

メンバー紹介ページはこちら

Misty BlueのOfficial Siteはギターのくどう氏が運営、管理してくれてるのだけど
最近50肩?らしくギター弾くのも、ちょっとしんどそう。。
原因不明で突然なるらしい40肩やら50肩
治る方法ないんででしょうか~~

Misty Blueの新メンバーお披露目LIVEは12月頃に、出来そうなので
またはっきり決まったらお知らせしますねnote

Freepeple


| | Comments (0)
|

July 21, 2013

Deacon Blues

また先週のLIVEの話題です^^

私がSteely Danの曲の中で一番好きな曲が『Deacon Blues』
今回、参加させて頂いたときに、この曲をやりたいとお願いしました。

私が参加するまで、この曲はエントリーリストには挙がっていなかったようで

と、いうのも難しい曲の中でもさらに難しい曲だからみたいで

私も何故、この曲が好きなのかわからないけど、大抵「好き」だと思うものに
理由がないのがほとんどなんだけど

それでも、実力派メンバーたちは、この曲に挑戦してくださったことに
ほんとに感謝してます。

この曲のコーラスをするのが夢でしたからheart01

Deacon って意味を調べてみたらカトリックの助祭や、英国国教会、長老教会等の執事
ということで、そのブルースって??

しかも、ディーコンと発音するのではなく、ディーケンと発音するのだと
同じコーラス隊の、もかちゃんがLIVE前日に教えてくれました。

実は、曲の歌詞の意味も全くわかっていたわけでなく
曲の雰囲気がとにかく好きな曲なんですよね~

この歌詞の和訳をしてくださった方が、にいらっしゃいました。

コチラ

Misty Blueの新ベーシストのSyamadaさんが『Deacon Blues』を撮影してくださったので
私の方で少しばかり編集して公開することにしました。

LIVEは、やはりLIVEで見るものだと思うから、あまり公開はしたくないんだけど
たまに記録のひとつや、思い出になったり、宣伝になったりするものは
編集して公開したりしてます。

http://www.youtube.com/watch?v=-Xjaem8_Utw&feature=share&list=UUwSs0_aaLBwRf_pmMCeTyvw

今回のStyley DanLIVEのセットリストはこちら

●Intoroduction: Milestones
●Deacon Blues
●Babylon Sisters
●Rikki Don't Loose That Number
●Peg
●Kid Charlemagne
●Aja

全編のLIVE映像を見たいという方がもしいらっしゃいましたら
限定公開していますので、メールで連絡してくださいねshine

1013568_491149847631615_340475380_n

上記の写真は、Pfのコアラさんが撮影制作されました。
とてもかっこいいジャケット画ですよねheart04

| | Comments (0)
|

July 15, 2013

三者三様音楽会無事終了!

SteelyDanのカバーバンド、StyleyDanのLIVEが無事に終了しました。

初リハ参加は確か昨年の9月頃だったのかな~
ひょんな事からコーラスとして参加させて頂くことになったのだけど

ご存知の通り、SteelyDanは洗練されたかっこいいサウンドだけど
とても難しい楽曲でも有名で、演奏サイドは勿論のこと、歌もコーラスも
普通のメロディラインやハーモニーじゃないだけに、ほんとに音を取るのが
どれだけ難しかったか・・

譜面があったから、ありがたかったけど、ピアノでコーラスの部分の音を
抜き出して、その音を完全に覚えこむという手法で練習したわけだけど
実際、リハに入ってみるとコーラスの人数は二人なので
微妙な音でコードの響きと合わなくなったりして、自分で取っていった音も
何回か変更することになったり。

バンドは11名の大所帯なので、全員そろってのリハは本番前の2回だけ。
でも、段々に音が固まっていく瞬間も心地よくて
私はリハの時間も、とても楽しんでいました。

皆実力派ミュージシャンたちが揃ってることもあり、
刺激的な音に囲まれてるだけでも幸せな気分になって
この中に参加させてもらってるなんて、ほんと贅沢だなぁと
思いました。

バンドで音楽をするのが、どうして好きかっていうと
この一体感なのよね
それぞれのパートが醸し出す音と音のハーモニーや
リズムのキメが合ったときの快感

今回はコーラス隊だったので、楽器を弾くミュージシャンと同じ気分を
味わえたような気がします。
声という楽器を使って、ハーモニーを作って
それが合ったときの気分は、自分でも鳥肌がたったりしてね。

ボーカリストは声が楽器っていうけど、メインボーカリストはやはり
楽器とは違うと思うから。

これだけ頑張ってもLIVEの時間はあっというまなのよね

まるで花火やお祭りみたいだよね

今回も素敵な方々との出会いもたくさんあって、
音楽を好きで、音楽をずっとやっててほんとに良かったと思いました。

出演者の皆さま、お疲れさまでした!

共演バンドの、JasmintさんもD-wifeさんも聴きごたえのある素晴らしいバンドさんでした!

そして暑い中、LIVEに足を運んでくださったお客様たち
ほんとにどうもありがとうございました!

さて、来月はいよいよ故郷の宮崎でソロLIVEがあるので、ぼちぼち準備を始めないと~~

1069162_4472476108427_2142876825_n


67410_453531924741955_923161386_n


Stylydan


| | Comments (4)
|

July 08, 2013

Here I am~Head to Toe~ 素敵な七夕の日

七夕ってあまりお天気がいい日がなかったように思うのだけど
今年は梅雨も明けて、猛暑の一日でした。

この日は八神純子さんの大阪追加公演の日。
4月に神戸のLIVEに行ったのだけど
大阪にも会いに行きたくなって^^

とっても楽しみにしていたのに
前日の夜から突然発熱して、もしや夏風邪?
でもどうしても行かなければいけない用事もLIVE前にあり

熱冷ましを飲んで参加したのでした。

前から6列目のほぼステージの真ん前の席。
純子さんのLIVEはいつもいい席で見れて嬉しいheart01

今年のLIVEツアーは、16年ぶりになる待望のアルバムをひっさげてのLIVE
とのことだったんだけど、神戸の時はリリースに間に合わなくて
アルバムを手に入れられなかったのよね・・

6/5にアルバムが発売になったのだけど、LIVE会場で買った方が
純子さんとの握手券がもらえるので、
購入を待ってたのよね~~
純子さんとはハグも入れて4回も握手してもらってるんだけど
覚えてはくれてないだろうなぁ。。

さてLIVEは、今回もすっごく良かったですsign03

「Here I am」というアカペラの曲から始まって

「思い出は美しすぎて」「想い出のスクリーン」「みずいろの雨」
「パープルタウン」「Mr.ブルー」等、昔の曲は勿論のこと
「I'm a Woman」「Naturally」も歌ってくれて
「I’m a Woman」は学生時代のバンドでもカバーしてたし
懐かしかったなぁ


最新アルバムからも、どんな風に曲が生まれたかのトークも交えながら
時々笑いをとったりして

そうそう、私もカバーさせて頂いた「さくら証書」今回はピアノ1本だけで
歌ってくれたり^^
ニューアルバムでは、「さくら証書」を大江千里さんがジャズアレンジしたピアノ1本で
収録してます。
最近のレコーディングでは、ピアノと歌を別々に収録することが多いけど
これは、同時にやってこのテイクにしようと決めたそうです。

なかなか素敵な仕上がりになってますheart04

そしてニューアルバムの中で私が大好きな曲がこの曲。

心に響く大人のラブソングです。

塩谷哲さんが編曲されたとのこと^^
私もいつかまたカバーしてみたいなぁshine

東北支援のチャリティもずっと続けてらして
神戸LIVEでは会場の都合で買えなかった「みずいろの飴」もゲットsign01
純子さんもいろいろテイスティングをして作られたとか。

Yagamilive

この飴のお代金は全てチャリティ支援金になるそうです。

素敵な歌声だけでなく、人間的にも熱く、優しく、大きく、強く、ほんとに
尊敬できる素晴らしい方です。

私が学生時代に、歌を歌いたいという刺激を与えてくれた八神純子さんは
10年程のブランクを経た後、何十倍も素晴らしい人になって
帰ってきてくれました。
この方のファンでよかったheart01

これからもずっと応援し続けます。

素敵な七夕の日をありがとうsign03

| | Comments (2)
|

June 30, 2013

LIVE出演が続きます!

6月も終わりですね・・

何もないときは何もないのに、珍しくLIVE出演が続きます。
7月14日(日)には前述したSteely Danのカバー企画バンド、
スタイリーダンのLIVE。
本日、メンバー全員集合して仕上げに向けたリハでした。

なかなか豪勢で、参加してるだけでトキメいてしまうほど素敵ですheart01
リーダーによると、メンバー皆忙しいし、企画モノなので、このLIVEは
最初で最後かもとのことなので、お時間の都合のつく方は是非
お越しくださいませshine
出演者もお客さんも打ち上げ参加OKとのことなので、参加したい方は
その旨もお知らせくださいねnote

さて、8月には、私の青春時代を過ごした故郷、宮崎での初LIVEが決まりましたsign03

本当はMisty Blueのメンバーたちと一緒に行きたかったのですが、
諸事情で難しくて、現地のギタリストの方を紹介して頂き、LIVEをすることになりました。

私にとって、念入りに一緒にリハをするというわけではないので
不安もありますが、ボイトレの先生のご指導もあり、プロの方々のように
本番でしかリハをしない形での挑戦も成功すれば、私の自信にもなるし
頑張ってみようと思います。

何よりも、宮崎でLIVEをして!と言ってくださった方々の応援が
何よりも励みになりますsign01
きっといいLIVEにしますねshine

4553544143566138140a


そして、9月、10月にもLIVEの予定が入ってきました。
それはまた後日お知らせしますねnote

| | Comments (2)
|

June 27, 2013

雨の降る日に・・

昨日は、一日雨でした。おそらく全国的に雨だったのではないかな?
空梅雨と言われてただけに、恵みの雨だと思うけど。

雨に濡れるのは好きじゃないけど、雨を眺めていたり、何もすることが
ない日の雨は嫌いじゃないかも。

外はとても静かだし、どことなくロマンティックな部分が無いこともないでしょ^^

雨が降ると思い出したりする記憶とか、誰でもあるんじゃないかな~

さて、先日公開したSonja-Blue時代の作品「Rain」
くどう氏のギターバージョンでしたが、
今回はピアノバージョンでの公開です。

ギターバージョンでの私の歌声は、少しドライだけど、
今回は私の希望で、とてもウェットに仕上げていただきましたheart01

どちらの「Rain」が皆さまはお好きですか?

どちらも好きsign03って言って頂けたら嬉しいけど~sweat01

ピアノバージョンでの「Rain」はこちら

notesピアノバージョンのクレジット

EMIKO - Vocal
MICHICO - Piano
豚館 - Keyboard

そしてギターバージョンはこちら

それから、雨ついでにMisty Blueの「Rainy Memory」もnote

まだPVを制作した頃だったから、稚拙な制作だけど、よかったら
こちらも聴いてみてくださいねshine

| | Comments (0)
|

June 20, 2013

Steely Dan・・そしてStyley Dan

私がSteely Danの存在を知ったのは、10数年前に音楽活動を始めようとしていた頃。

その頃知り合った音楽仲間たちの中で、彼等の学生時代の友人たちと組んでいたバンドが
とても雰囲気がよくて、積極的な私はそのバンドのリーダーに仲間に入れてと
直談判happy01
そこで、ゲストボーカリストという立ち位置を手に入れたのでしたnote

ほとんど洋楽のカバーばかりをやってた彼等の音楽を私はほとんど知らなかったのだけど、
Steely DanやとTodd RundgrenやBen Folds Five等、素敵な音楽を
いろいろと教えてくれたっけ^^

そこで知ったSteely Danは、私の好みのサウンドで、なんともいえないジャズ的な
ひねりがところどころに出てくるのが、ほんとに堪らないのよね

特にこの曲が好きでheart01

Deacon Blues

Steely Dan
Charlotte, NC 8/12/2006
Donald Fagen - Keyboards and Vocals
Walter Becker - Guitar
Keith Carlock - Drums
Jon Herington - Guitar
Carolyn Leonhart-Escoffery - Backing Vocals
Michael Leonhart - Trumpet
Cindy Mizelle - Backing Vocals
Jim Pugh - Trombone
Roger Rosenberg - Baritone Sax
Freddie Washington - Bass
Walt Weiskopf - Sax
Jeff Young - Keyboards and Backing Vocals

最初はSteely Danという名前の人だと思っていたんだけど、バンド名だと知ったのは
少し後になってから(笑)

どうして好きかなんて、理由ないよね。
理由がわからないから好きなんだとしか言えないっていうか。

そんなSteely Danのカバーバンド、Styley DanのLIVEに参加させて頂きます。
なんと、私はバックボーカルでの参加ですnote

以前から男性ボーカルのコーラスはやってみたいと思っていたので
念願が叶いましたshine

LIVE詳細はこちらですshine

豪華3バンド競演による夢のLIVEがついに実現!

2013.7.14
三者三様音楽会
at Mother Popcorn
12:30→OPEN
13:00→Jasmint
14:00→D-wife
15:00→Styley Dan

まずは<バンド紹介>から

■Styley Dan
名前の通りSteely Danのコピーバンド
もしくはカバーバンドもしくはトリビュートバンドです。
みくらす氏の要請により集まりました。
・KOZO(vo)
・EMIちゃん・もか(cho)
・夜空・よねっち・みこ(sax)
・toku・みず(guit)
・コアラ(pf)
・みくらす(bass)
・ラーロウァング(drums)

■♪D-wife
メンバーの中に は、元メジャーアーティストや、
ヨーロッパツアーに出かけた人や、
今もテレビに出ている人や、コンテストの審査員している人や、
CMソング作っている人や、テレビ番組の主題歌作ってる人もいますが、
普通の勤め人もいます。メンバーに共通するのは、
音楽でまじめに遊べること。ジャンルは意識してないです。
この曲をいかにおいしく仕上げるか…。
D-wifeならではの熱さと味付けをお楽しみください。
・GONJI(guit)
・一色洋輔(pf)
・なっすん(bass)、
・TANAKAZU(drums)
・ヒロユキ(vo)

■Jasmine+Mint
爽やかなのは名前だけの
オッサンバンドです(弱冠一名オバハーン)
ジャパニーズ・フュージョンをこよなく愛するコピバン。
・北村博之(guit)
・上田美保(pf)
・又川洋二(bass)
・田川 潤一(drums)
・宮野 英人(sax)

■日時
2013年7月14日(日)■会場
Mother Popcorn
大阪市西区西本町1-10-22 B-1
Tel:06-6535-0002
■チャージ
1,500円(別途1ドリンク要)

アクセス&メニュー等はHPにてご覧ください
http://www.mother-popcorn.com/

他の共演バンドもとても魅力的で、楽しみheart01
7月の3連休の中日ですが、お時間のある方は、どうぞ一緒に楽しい時間を
過ごしませんか?

935435_465554046854138_2069305560_n


| | Comments (0)
|

June 18, 2013

Misty Blue 新メンバー加入♪

Misty Blueもおかげさまで今年で結成12周年を迎えました。

あっというまに過ぎたような気もするけど、でもやはり中味は濃くて
いろんなことがあったので、それだけの月日は流れたのだと
実感します。

バンドを組むというのは、やはり難しいことだと思います。
よほどの情熱が無ければ、続けられないし、続けたくても続けられない
事情だって出てくるわけだし。

私だって、いつ何時何が起こるかわからないし、いつまで続けることが
できるのか全くわからない

結成した頃は、自分自身そんなに長く続くとも思っていなかったし、
ある年齢が来たら、歌ってないかもとさえ思ってた。

実際、バンドバージョンとしては3年程活動できてなかったのよね。

くどうさんの転勤や、tetsuさんの病気などで、バンドは休止状態だったし。

でも、私自身はソロ活動などで歌い続けてこれたので、
縁あって、新メンバーにも恵まれて、ようやくバンド活動を再開できることになって
ほんとに嬉しいheart01

LIVEのためにサポートしてくれたカンタロウくん(Drs)や
KOZOさん(Drs)、みくらすさん(Bs.)にも、ほんとに感謝してます。

そのうち新メンバーたちをHPでご紹介させていただきたいと思いますshine

新生Misty Blueをどうぞお楽しみに~~heart04

早速、旧知の音楽仲間からLIVE出演のオファーが来ました!
またはっきり決まったらご連絡しますねnote
(メンバーたちにもまだ言ってない。。sweat01

Mistybluemember


| | Comments (0)
|

より以前の記事一覧