« 集客について | Main | Strawberry Moon »

June 17, 2019

きまぐれEMIちゃんCafe Vol.4 無事終了!

Allcast2019616

6月も半ばを過ぎたというのに、関西の梅雨入りは
まだのようで、これでいいのだろうかと思いながら
昨年は豪雨のせいで、イベントを1本飛ばしてるので、
天候に恵まれて、イベントの日を迎えることが出来たのは
本当にありがたい事です。

今回のきまぐれEMIちゃんCafe
オリジナル曲で活動している5組の共演。

個性豊かな方々ばかりで、いいイベントになったと思います。

私目線のLIVEレポートを簡単にですけど
出演順にさせて頂きますね♪

【きまぐれEMIちゃん Cafe Vol.4 at Gallery NU-VU】

①ウィズ ウインド
Vo.&Gt.井上奈緒/Vo.&Gt.森山芳則

出会いは、BiColorのバースデーイベント。
『おっちゃんの歌』など、等身大の楽曲を
フォーク&ブルースな感じで世界を
作っている。
奈緒さんのハスキーボイスは色っぽいし
森山さんのギターと歌はトップクラス。

昼間のCafeが、この時間だけ夜の大阪ミナミの
雰囲気になった。

Withwind1Withwind2

 

②石川そをら(Pf&Syn.)

中之島花子さん主催の軽音祭で知り合った

そをら君の鍵盤プレイがプロ級ということは、熟知していたけど
歌も歌えるとは!
しかもかなり高音域。
グランドピアノだけでの演奏と思いきや
シンセで色々な音色も作っていた。
中でもラストにやった『椿姫』はクオリティの高い素晴らしい作品だと思った。

Sowla1Sowla2

 

③イマニシユカ(Vo,Pf,小物)
 サポート:板野哲士(Gt,Pf)

浜田さんの紹介で知り合った。
ユカさんは、歌唱力が抜群なだけではなく
醸し出す独特の世界感は、とても魅力的。
色々な解釈があると思うけど、私から感じる
彼女の歌声はまさに森林浴。
昔のバンドメンバーだったという板野さんが
更にユカさんの魅力を引き立たせていた。

Imayuka1Imayuka2

 

④少年パノラマ
歌:ひな/ベース:浜田勝徳/構成・脚本:moco

中之島花子ことひなちゃんと、浜田さんとの音楽を
通してのお付き合いは6~7年程。
このお二人のユニットは、YouTube等で配信していくだけの
はずだったけど、今回晴れてステージデビューすることに。
19歳と35歳の恋する女性という設定で、
お芝居を交えながら、歌も入れていくスタイルは
あまり観たことが無いので、これからどうやって確立していくのか楽しみ。

 

Panrama1Panorama2

⑤Misty Blue
Vo-EMIKO/Gt-KUDO/B&Cho-syamada

【セットリスト】
①引き潮
②Rainy Memory
③メロディ
④月の涙
⑤Lonely Lady
⑥きっと・・ずっと。

今回はトリオバージョンでの演奏。
Misty Blue作品の中でも比較的評判のいいものをセレクトした。
④の『月の涙』は今までバンドバージョンでしか
演奏したことなかったので、アコスタイルで初挑戦。

 

Mb1Emiko616

 

最後は出演者ほぼ全員で、『Stand By Me』をセッション形式で披露。
Img_0759

 

魅力的な出演者たちでも、オリジナルのLIVEは、集客が結構厳しいということを
今までの主催イベントから経験しているので、
今回もお客様が来てくださるかとても心配でした。
満席とはいかなかったけど、来て頂けて本当に良かったです。

こういう時、友人や音楽仲間には、とても救われます。

私としては、私たちのことをよく知らなくても
興味を持ってもらえるようなイベントを目指したいので
一般向けにも発信できたらと思っています。

今回のようなオリジナルイベント企画は、今度は来年になると思うけど
皆様に評価して頂けるようなものを、作っていきたいと思っているので
応援して頂けたら嬉しいです。

大切な時間を作って足を運んでくださったお客様
ありがとうございました!

写真を撮って送ってくれた、まりこさん、由香ちゃん、
のりちゃん、Keikoちゃん、奈緒姉さん、どうもありがとう!

素晴らしいパフォーマンスを披露してくださった出演者の皆様、
Misty Blueのメンバー、お疲れさまでした!

Nu-Vuの田中さんをはじめ、スタッフの皆様、
どうもありがとうございました!

これからもまたきまぐれに(笑)頑張りま~す☆

Img_2613

★ここから追記です。

 

ドラマーのきんちゃんこと、金子浩光さんが、
素敵なライブレポートをFBにアップしてくださったので、
こちらに転記しておきます♪

今日は、きまぐれEMIちゃんカフェVo.4のライブにおじゃましました。

普段アコースティック系はあまり好きではないし聞かないのですが、

出演者の5組中4組が知り合いだったので、普段とは違いワクワクしながら行ってきました。

①ウィズ ウインド
男女2人組のアコギユニット。
ハスキーボイスの女性の声は難波の夜に相応しく、また味があって心地良かった。
そして男性も歌は上手いは、アコギでの超絶ギタープレイは圧巻でした。
アコギをあんなに上手く弾く人は初めて見たかも。

②石川そをら
彼が作ったオリジナル曲は心に響いた。
特に椿姫という曲は、ネオアトランティスの「忘れられた森」に通ずる曲で、この曲バンドでやりたいと直感的に思った。
また中音部の彼の声は人を惹きつける何かがあった。

③イマニシユカ
彼女の世界観は大のお気に入り。
アルバム・マハトムジークも一時期ヘビロテしていたので、アルバムに入ってる曲を生で聴くとすぐにイマニシユカワールドに入り込めた。
曲の雰囲気も歌詞も歌声も、全てが彼女しか持ってない唯一無二のもの。
そしてサポートの男性は1人でアコギ、鉄琴、ピアノ、民族楽器と、器用にセンスよくハイレベルでユカちゃんをサポートしてくれていた。
あの男性の力は大きい。

④少年パノラマ
35歳の女性が女子高生の頃の思い出を綴っていくという、甘く切ないストーリーを題材にした、ボーカルとベースの2人組ユニット。
物語をボーカルのひなちゃんが声優の如く読み上げ、そのストーリーの曲を演奏するという、ネオアトランティスと同じスタイル。
作曲とベースは浜田さん。
曲調は酸っぱいほどの青春ポップス。
曲を聴いてると、だんだん自分が高校生だった頃にタイムスリップしていった。
特にオレンジという曲はタイムスリップ感がハンパなかった。

⑤Mysty Blue
主催者エミちゃんの3人組ユニット。
普段はバンド形態で活動しているそうで、なんと結成18年という驚きの息の長さ。
80年代の頃を思い出させてくれる、ちょっぴり寂しいポップス。
少年パノラマに続いて、20代の頃にタイムスリップした。
女性目線での歌なのに、なぜか惹きつけられて、20代の頃の思い出が蘇った。

今回は知り合いだらけのライブで、5組ともレベルが高かったのもあって、非常に楽しめた。
たまにはこういうライブもいいなと思った。
俺もがんばろ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

きんちゃん、どうもありがとうございました!!

|

« 集客について | Main | Strawberry Moon »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 集客について | Main | Strawberry Moon »