« Misty Blue メンバー紹介♪ | Main | 初めての芦屋ジャズフェスティバル »

April 21, 2019

Misty Blue Presents Spring Festa2019 無事終了!

昨年は、イベントの日に嵐が吹いたり、雨だったりと
お天気にあまり恵まれなかったけれど、
今回は、春らしいとてもいいお天気に恵まれて
無事にイベントを終了することができました。

今回は、オリジナル曲をメインにされているバンド
3組でのイベントを主催。

前回は2016年の12月だったので、約2年半ぶりかな。
去年も一昨年も、トリビュートやカバー等色々やってる
方々とご一緒させて頂いたのでした。

今回、ご一緒させて頂いたバンドの皆様を簡単に紹介させて頂きますね♪

paco delic
Vo-パール/Key-中野コメット/Tp-くりぴょん/Sax-みこ/E.G-seva/Dr-icy/E.B-池ちゃん

どんなジャンルかというと難しいけれど、私が感じるのはシティ派ポップスといった感じかな。
管楽器隊のくりぴょんとみこちゃんがオシャレな感じを醸し出してるしね。
ギターのsevaやんのトークが面白いというのは、pacoを知る前から噂で聞いていて
実際、本当に独特のセンスがあって人を惹きつける。
ボーカルのパールこと潤子ちゃんは、歌唱力抜群だしね。
池さんがベースになってから聴いたのは初めて。
もう随分前から一緒にやってたような貫録も感じました。

Pacodelic20190420

楽童BI団
Vo-nacky/G-三阪徹/B-中村秀則/Dr-三浦洋

実は昨年のドアーズ主催のイベントで知り合ったばかり。
ジャンルはポップロックといったらいいかな。
鍵盤無しの4人編成で、パワフルなボーカルのナッキーさんを
きっちりと支えるバンドの皆さんがとてもカッコ良くて
またご一緒してみたかった。結成25年で、メンバー入れ替えもなく続けてるのは凄い。
これは言っていいのかどうかわからないけれど、
楽童BI団のあるオリジナル曲のPVに私が出演させて頂く
予定になっていて、また決定したら報告します♪

Bi20190420

Misty Blue

Vo-EMIKO/E.G-KUDO/Key-tetsu/Dr-slab/E.B&Cho-syamada

【セットリスト】

①そよ風の誘惑(Olivia N John)
②引き潮
③恋はラテン気分で
④Fall in Love
⑤Purple Twilight
⑥月の涙
⑦I was born to love you(Queen)
⑧Lonely Lady
encl. きっと・・ずっと。

今回はエンタメとしてボヘミアン・ラプソディーの映画が
大流行したので、私たちもクイーンのカバーをやってみようと
いうことになって、選曲もメンバーで色々考えて
⑦の曲になりました。

結構評判良くて、メドレーでやってほしかった!という
お声も頂いたりして、ありがたかったです。
私もまさか自分がクイーンを歌うとは思ってなかったけれど
歌ってみたらすごく楽しくて
レインボーの『Since you've gone』も以前カバーしたら
評判良かったので、こういったポップロックな洋楽は意外と
合うのかも^^
これからもエンタメとしてレパートリーに入れてみようかな~

 

Misty-blue20190420

 

Emiko20190420
Kudo20190420 Tetsu20190420 Slab20190420 Syamada20190420

 

アンコールは、ずうずうしくもMisty Blueの『きっと・・ずっと。』
潤子ちゃんとナッキーさんにも一緒に歌って頂きました。
ありがとうございました!!

20190420

オリジナル曲はカバー曲と違って、耳馴染みが無いかもしれないけど
其々が色々な想いで表現している姿をお互い見たり
聴いたりできて、とても良かったと思います。

とてもいい交流になりました。

お忙しいところ、足を運んでくださったお客様、

本当にありがとうございました。

一緒にイベントを創ってくれたpaco delic、楽童BI団の皆さん
Misty Blueのメンバーたち
サードストーンのスタッフの皆様、お疲れさまでした。

写真を撮ってくれたコレちゃん、濱さん、くりぴょん、tetsuさん
どうもありがとうございました!

次回のMisty BlueのバンドLIVEは、11月に東京での予定です。

|

« Misty Blue メンバー紹介♪ | Main | 初めての芦屋ジャズフェスティバル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Misty Blue メンバー紹介♪ | Main | 初めての芦屋ジャズフェスティバル »