« 12年ぶりの打撃 | Main | バレンタインデー »

February 12, 2017

久々の映画三昧

インフルで仕事を休まないといけないのは
ほんと申し訳ないけれど

出かけられない分、今まで観たかった映画を
色々と観ることが出来たのは良かったheart04

WOWOW放映していた気になる映画を
結構たくさん録画貯めしていたのよね~

いつ観ようと思いながら、2時間以上あるものは
なかなかゆっくり観る時間無かったし・・

今回観た映画を忘備録にもなるので、書きとめておくことに。

◆グーグーだって猫である2 

原作:大島弓子 監督:犬童一心 主演:宮沢りえ

以前、小泉今日子主演のバージョンも観たけど、
宮沢りえバージョンも、ほのぼのしていい感じ。
猫好きには堪らない映画。
グーグーはGood,Goodという名前の猫のこと。

◆海街diary 

原作:吉田秋生 監督:是枝裕和 
主演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず

こちらも漫画が原作。
少し複雑な家庭環境の3姉妹が腹違いの末妹と
同居することになる。
彼女たちを取り巻く色々な人たちとの触れ合いが
とても温かくて、そこに自分も一緒に参加してるような
錯覚に陥る。
美しい4姉妹をずっと見ていたくなるような作品。
是枝監督作品は結構好きなのよねheart01

Main

◆45Years(邦題:さざなみ) 2015年イギリス映画

監督:アンドリュー・ヘイ
主演:シャーロット・ランプリング、トム・コートネイ

第65回ベルリン国際映画祭主演男優、女優賞受賞作品

ある1通の手紙が、結婚45周年を迎える
夫婦関係に揺らぎをもたらす。
日本でもやってるのだろうけど、外国では友人たちを招いて
夫婦の結婚周年パーティをやるらしいと
夫婦の心情の機微を感じながら、そんなことも知った。
ヨーロッパ映画らしく、色彩もベールがかかったような
淡い雰囲気の漂う作品。
熟年夫婦には特に観てもらいたい。

◆最愛の子 2014年中国映画

監督:ピーター・チャン

中国で実際に起きた子供誘拐事件を元に制作されたもの。
誘拐された子供、その親、誘拐した側の育ての親、
行方不明の子供を探す親たちの団体等
いろいろな人たちの角度から、それぞれの心情を
伝えるヒューマンミステリー社会派映画。
この映画で中国の法改正が行われたらしい。
面白いという表現が合うかわからないが、
時間を忘れてしまう程リアリティがあって、
惹き込まれてしまう。

◆グロリア 1999年アメリカ映画

監督:シドニー・ルメット
主演・シャロン・ストーン

1980年映画のリメイク版。
知人のギャングに親を殺された子供を
命がけで守るオンナのアクション作品。
18年前のシャロン・ストーンは、ほんとに美しい。
今もこんなに綺麗なのかなぁ~
そしてとてもカッコイイ。
自分の子供でも無いのに、ここまで母性本能が
湧くのかわからないけど、久々にアメリカの
アクション映画もなかなか楽しかった。

◆DEMON(原題:BLACKWAY)

主演がアンソニー・ホプキンスだったので、楽しみにしてたけど
正直あんまり面白くなくて、ほとんど寝ていた。

◆真田丸総集編 

これは映画じゃないけど、昨年末に放映していた
総集編を一気に鑑賞。
面白いって聞いてたけど、ほんとに魅力的だったので
今度、1話1話観てみたい。

と、こんな感じで沢山の映画鑑賞をすることが出来た。

以前は月に1回は映画館で映画を観たりもしてたんだけどね^^
WOWOWも止めようと思いながら、入っていて良かったheart01


|
|

« 12年ぶりの打撃 | Main | バレンタインデー »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Chieさん

『マザーウォーター』チェックしておきます!!
お知らせしてくださって、ありがとうございますheart04

Posted by: EMIKO | February 16, 2017 at 09:14 PM

市川実日子が豆腐屋の女店主で出ているの、マザーウォーターっていう映画でした。これ大貫妙子が主題歌歌っていて、ほんわか~としていて良いよ。wowowではもう終わっちゃったけどね(^^;)

Posted by: Chie | February 16, 2017 at 02:50 PM

Chieさん

「さざなみ」観られたんですね^^
はっきりした終わり方をしない映画は、確かに多いですよね。若い頃はモヤモヤが残ってたけど、最近では、あまり気にならなくなりました。

小泉今日子と市川実日子の豆腐屋さんの映画って
何だろう・・?
もたいまさこと小林聡美だと「かもめ食堂」等は
面白かったなぁhappy01

中国映画、私もめったに観ることは無かったんだけど、この映画はなかなか見応えのある映画でしたよsign03

Posted by: EMIKO | February 14, 2017 at 07:48 PM

「さざなみ」私も見ました。熟年ですから(笑)
何だかんだあって、でもパーティーをやって、結局どうなったの?という終わり方でしたね。結末は夫婦の表情を見て、見る側に判断を委ねたいのでしょう。この方法は洋画のヒューマンドラマでは時々使われますね。それにしても45年という時間は重たいですね。

 私は小林聡美ともたいまさこの映画が好きで、小泉今日子と市川実日子が豆腐屋さんで出ている映画が良かったな。タイトル忘れちゃったけど、このラインナップ見ていてEMIちゃん好きかも?と思いました。

 たくさん紹介してくれてありがとう!中でも「最愛の子」は興味があります。中国映画は食わず嫌いなんですが、探して見て見ようと思います。

Posted by: Chie | February 14, 2017 at 11:05 AM

Hideさん
それがね~面白い映画だと全然疲れないんですよぉ^^
昔は映画の2本立てがあったでしょ~
あんな感じで観たらあっという間。
1日で観たわけではないですよ(笑)
4日間かけて観ましたhappy01

Posted by: EMIKO | February 13, 2017 at 11:53 AM

おぉ凄い! これだけ見るのも疲れそう・・・アハハ(^^;
失礼しました _(._.)_

Posted by: Hide | February 12, 2017 at 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 12年ぶりの打撃 | Main | バレンタインデー »