« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

June 29, 2015

Misty Blue 感謝祭~プレ15周年~

20150627_175346


先日、Misty Blue感謝祭が
無事に終りました。

昼夜合わせて合計16組(Misty Blue含)の
バンド&ユニットに出演して頂き、
ギャラリーで観に来てくださった方も含め
60名近くの方が参加してくださいました。

昨年の今頃、LIVEを観に行った時に
知った六甲アイランドにある
海辺のLIVEハウス『Sea feel』。

とてもロケーションがよくて、私がMisty Blueで
表現したいイメージにぴったりな作品があり、ここで
LIVEできたらいいなぁと思ったことが、
まずきっかけになったこと。

Misty Blue結成15周年の節目の年だと思ったこと。
(実は15年目だったことに後から気付いたのだけど(笑))

以前、音楽仲間のKABAさんがホームパーティに招待して
くれて、多くの人たちに出逢って、そこでミニライブをしたりして
とても楽しかったので、そんなパーティ形式にしたかったこと。

私が仲良くさせてもらっている音楽仲間たちと一緒に楽しい空間を
創りたかったこと。

皆にも、この素敵なSea feelの存在を教えたかったこと。

そんないろいろな事が重なってこの企画をすることに決めました。

バンド、ユニット共に2~3曲しか出来ないけれど
多くの仲間たちが、快く出演承諾してくれて、本当に嬉しかったです。
皆の協力が無ければ実現できなかったことなので
とても感謝しています。

出演してくださった素敵な皆さまを簡単ですが
ご紹介します。
皆様の写真は、選ぶのが大変だったので、自分が出演したものだけを
自分中心に載せてます(笑)

2015.6.27(土)Misty Blue感謝祭

【昼の部】

①AKP7 

4年程前、EMIKOが初参加した昭和歌謡セッションで
出逢った方たちと、門あさ美プロジェクトとして
結成したバンド。LIVEはたった1回しかやらなかったけど
2年半ぶりに再結成。
何かのイベントオファーがあったら、再集結するかも!?

Vo.EMIKO/G.みず/B.ヴぃぐち/D.KOZO/Key.yamo/Sax.みこ

Akp7


②Sonja-Blue

EMIKOとKudoがMisty Blue結成前に加入していたオリジナルポップスバンド。
現在はVocalのAKOちゃんが活動休止してるけど、他のメンバーたちで
歌って活動継続中です。

Vo&B.豚館/Vo.&G.Sakkan/Key.ぼすとら/D.いしばっしー

③Mix Juke

VocalのJudyちゃんは、2011年12月にtetsu復帰企画LIVEで
共演してもらったりしたことあり。
ジャズや演歌や、いろんなジャンルの曲をJuke Boxみたいな感じで
やっていくのがコンセプトのユニットです。

Vo.Judy/G.まこと

④Blue-glass

VocalのKeikoちゃんは、2年程前のいかファンLIVEの打ち上げで知り合って
意気投合してからのお付き合い。
松田聖子、古内東子のトリュビュートバンドを組んでいて、
その二つを合わせたユニットを今回の感謝祭の為に企画結成してくれました。

Vo.Keiko/Key.&Cho.Hiroko/B.かたちゃん

⑤Girl on the Moon

Vocalのchakoちゃんとは飲み友達でもあり、ホームパーティとか
してもらったりして音楽以外でも親交のある大切な友人の一人。
数年前に結成して昭和歌謡を中心に活動中。
どんどん進化しているのが目に見えていて、観るのが楽しみなバンドです。

Vo.chako/G.たまちゃん/B.サリー坪内/D.ちゃお/Key.のりちゃん

⑥ROBBINS

Misty Blueより活動歴の長いオリジナルポップロックバンド。
ポップコーンがはじけるような勢いがあって
いつも明るく元気になれる音楽を創り続けてるのが凄い。
今回でベースのBERTIEさんは卒業して新ベースが加入予定です。

Vo.ロビン/G.みず/B.BERTIE/D.ゆう/Key.KABA

⑦ラッティーノ

結成まだ1年とは思えない程、一体感のあるラテン系ユニット。
VocalのNORIちゃんは、NOA、BiColorとtetsuと一緒に組んでいる
ユニットもあり、あちこちから出演オファーが絶えない人気者。
NORIちゃんは夜の部セッションでもおおいに盛り上げてくれました。

Vo.NORI/G.SHINJO

⑧Laid Back(feat.EMIKO)

実際は男性4人で組まれているオリジナルポップスバンドですが、
今回、VocalのTomoshigeさんが諸事情で出演できなくなり、
代わりにEMIKOがKeyを弾きながら歌うスタイルで
八神純子さんの曲を歌わせて頂きました。

G.大村/B.片桐/D.今村/Vo.&Key.EMIKO

Laidback

⑨粟野偉人子&佐々木晃法

昨年12月にEMIKO with tetsuで共演させて頂いたLIVEで
ご一緒したVocal&Pianoのデュオ。
あわちゃんは、キュートで独特な魅力があり、ステージで
ビールの一気飲みをするビールソリストとしても有名(笑)
佐々木さんは、Photographerとしてもプロ並の腕前。

Vo.粟野偉人子/P.佐々木晃法

⑩hirocchiバンド

企画ユニットとして一緒にLIVEをしたemirocchiのギターで
飲み仲間でもあるhirocchiが、今回のイベントの為に結成して
くれた企画バンド。Vocalのトモちゃんは、弾き語りイベント等でも
お世話になっているこれからが楽しみな成長株ボーカリスト。

Vo.トモちゃん/G.hirocchi/B.かたちゃん/D.圭ちゃん/Key.モーリー

⑪Shade Blue

Sonja-Blueの中嶋くんこと豚館と、20年来の友人でもあり、Sonja-Blue,
Misty BlueのバックボーカルをやってくれていたJunkoちゃんとのユニット。
普段はボサノバ中心だけど、今回はドリカム、杏里の曲を歌ってくれました。

Vo.Junko/G.豚館

⑫Kokopelli(らんでぃ&おだにぃ)

普段は男3人のオリジナルブルースロックバンドを組んでいるのだけど
今回はベースのK-sukeが出演できなかったので、らんでぃ&おだにぃの
アコバージョンで出演してくれました。
おだにぃ&K-sukeは、元Misty Blueのメンバー。

Vo.&G.らんでぃ/Per.おだにぃ

⑬Misty Blue

★セットリスト

①引き潮
②メロディ
③Endless Feeling

これらの曲を海辺のLIVEハウスでしたかったので夢が叶いました。

Mistyblue1


【夜の部】

ビュッフェ形式のお食事とフリードリンクで親睦会、4組のLIVE
それからセッションコーナー。

①わんだーとぅ

普段はドリカムトリュビュートバンド『わんだーふぁいぶ』として
活動しているメンバーふたりで結成。
今回はゲストにyamoちゃんがピアニカで参加。
難しいドリカムの曲を自分たちの解釈で表現しているところが聴きどころです。

Vo.Kumi/G.hirocchi/ゲスト yamo(ピアニカ)

②Fruits Loop

VocalのNaoちゃんは、様々なジャンルの曲を爽やかな風が吹き抜けて
いくようなイメージで表現しているのが魅力的。
GuitarのJamaica Negoroさんは、16~7年前に角松敏生カバーバンドLIVEで
共演したことあったことを知り、不思議なご縁を感じたユニットです。

Vo.Nao/G.Jamaica Negoro

③DV

VocalのひなちゃんとDrumsのKozoさんは
中之島花子&渋皮ボーイズや赤坂タカシとニューコパカバーナの
メンバーでもあるのだけど、実力派の二人だからこそ成立する
Vocal&Drumsだけのユニットは、他にはないと思います。
一見・・いや一聴の価値ありです!

Vo.ひな/D.Kozo

④Misty Blue

★セットリスト

①Purple Twilight
②Lonely Lady

窓から夜の海を眺めながら歌えたことが、ほんとに幸せでした。

Mistyblue2

そして、Fruits LoopのNaoちゃんが6/26、わんだーのhirocchiが6/28が
誕生日だったので、この日の前後ということで
皆で一緒にハッピーバースデーを歌って
バースデーケーキを用意してお祝いしました。
喜んでもらえて、私も幸せな気分になりました。

Birthdayhn

Birthdaycake


【セッションタイム】

夜の部参加者に先着順でエントリーしてもらって6曲を
皆で楽しんで頂きました♪

①少女A(中森明菜)Vo.chako/G.まこと/B.渡部/Key.yamo/D.KOZO
②夏の扉(松田聖子)Vo.Judy/G.まこと/B.坪内/Key,yamo/D.新谷圭子
③Move Over(Janis Joplin) Vo.ひな/G.中尾/B.安井/Key.KABA/D.新谷圭子
④What's Going On (Danny Hathaway)Vo.KOZO/AG.根来/E.G中尾/B.渡部/Key.佐々木/D.今村
⑤絶体絶命(山口百恵)Vo.Nao/G.みず/B.syamada/Key.tetsu/D.青木ちゃお
⑥ああ無情(アン・ルイス)Vo.NORI/G.Kudo/B.中嶋/Key.KABA/D.青木ちゃお

出演してくださった皆さま、観にいらしてくださった皆さま、
本当にありがとうございました。
お天気も何とか恵まれて、ほんとよかったぁ~(*^_^*)

Misty Blueは来月レコーディングをして初ミニアルバムを制作予定。
来年が、本当の15周年なので、まだやったことのないワンマンLIVEを
アルバムを引っ下げて出来たらいいなと思ってるので
もしそれが実現したら、皆様是非応援に来てくださいね~!!

昼の部にいらしてくださった方は一緒に撮影できなかったのですが、
夜の部参加の方たちとの記念撮影です。

Nightmenber

Seafeel2


10492291_10203091875616205_39254900

写真は佐々木さん、KABAさん、圭ちゃんたちから頂きました。

| | Comments (0)
|

June 17, 2015

楽しみを創る

貴方は人生を楽しんでますか?

大阪弁で言うと『楽しんでナンボ』

折角の一度きりしかない人生なのだから
楽しまないと損。

楽しめるかどうかは、その人が元来持っている
気質もあると思うけど、

楽しむことを創る

という方法もあるよね。

趣味をたくさん持ってる人は、いいけれど
そうでない人は、どうやって楽しみを
見つけてるのかなぁ

ささやかなコトを幸せに思うだけで
楽しいものだけど

人生を楽しんでる人と友達になって、
一緒に楽しむのが、一番手っ取り早いかもねhappy01

私は元々ラテン気質だし、お酒が入ったりすると
それだけで楽しくなるので、まぁ得な性格かも
しれないけど

でも、楽しむコトを創ることも好きかも。

仕切ったり、リーダーシップを取ったりするのは
苦手だし、けして好きな方ではないけど

でも、誰かを楽しませたいと思う気持ちは
どこかにいつもあって、
それが自分の創作意欲に繋がるところもあったり。

自称アーティストなんで。
あくまでも自称ですが(笑)

私が一番楽しみにしてるのかもしれないけど
そんな楽しむコトを目的にしたイベントが
もうすぐ開催される。

私が大切にしている音楽仲間たちと一緒に楽しむ時間。

それは皆で一緒に創っていく時間。


Umi201505


| | Comments (0)
|

June 15, 2015

エンタメナイト☆

先週末は、エンタメLIVEにお邪魔して来ました。

私のもうひとつ別の顔、芦屋川うららを生み出すきっかけを
くれた中之島花子さんこと、ひなちゃんが組んでいる
オリジナル歌謡ポップバンド

赤坂タカシとニューコパカバーナ

今回からギターの方が変わっての初LIVE。
ひなちゃんもアニメキャラクターのようないでたちで
魅せてくれました。

共演は、妖怪7変化、歌う女優、のりちゃんと
指先で歌うピアニスト、tetsuさんの

BiColor

のりちゃんの7変化姿、あのスピードでの
早着替えはのりちゃんにしかできないパファーマンスだよね。

ひなちゃんが一押しのバンドだと言っていた
東京からの

マルベリーズ

今回、私にとって初体験。

最初から最後まで、とにかくずっと楽しかったぁ~
一組ごとにビールを1缶ずつ空けてしまうほど
楽しめたなぁ~

特にマルベリーズ

初めてなのに、オリジナルなのに、どこか惹き込まれていく
不思議な魅力。

ボーカルの方の強烈なキャラクターは、とてもインパクトあったし
バンドの演奏のまとまり感は、ほんと素晴らしかった。
結成20年で、突然ドラマーさんが脱退して、新ドラマーさんとの
初LIVEだとか。

聴いたことの無いお客さんを、しかもオリジナル曲で
惹き込む力は、まさしくプロ技ですね。

あまりにも楽しくて、CD買ってしまいましたshine

このLIVEは、ほんとお得だったわぁ~~
参加できて良かったheart01

最近、人の写真ってあまり撮影しないことにしてるので
LIVEハウスのライトの写真でも^^

Raito


| | Comments (0)
|

June 07, 2015

母親というコト

梅雨入りした初めての週末は、母が遊びに来てくれた。

3月に初めての入院を経験した母だけど
元気になって、またこうやって大阪にも遊びに来れるように
なって、ほんとに嬉しいheart01

親が元気でいてくれるって、子供にとって、ほんとに幸せなことだと思う。

社交的な母は友人も多く、大阪の我が家を拠点にして
友人たちと旅行に行ったりして、人生を楽しんでいる。

私もそんな母のような余生を送れたらいいなぁ~なんて
ちょっと思ったりしてるんだけどね(*^_^*)

母親になるって、ほんとに大変なことだと思う。

結構楽しみにして観てる『マザーゲーム』というドラマ。
かなり強烈な母親たちが出てくるんだけど

自分ではない人間に対して、無償の愛を提供して
時には、自分を犠牲にすることもあったり

母になると強くなるというけれど
私は、なれなかったせいなのか、弱い部分が出てくることが
この歳になっても多々あるのよね・・

先日、見かけた激しく泣き叫ぶ子供に対しての対応は
ほんとに凄いというか素晴らしいというか、
私は母親になっていたら、ちゃんと出来たのだろうか。

私自身が、そんな感情を表に全面的に出す子供だったので
母はとても大変だったと思うのよね~^^;

どんな荒波にも、子供の為なら自分を打ち捨ててでも
立ち向かっていくような強い姿勢等、私の憧れ。

私も母のように強くなりたい。

20150504_23


| | Comments (0)
|

« May 2015 | Main | July 2015 »