« July 2014 | Main | September 2014 »

August 2014

August 31, 2014

2014宮崎夏いろいろなコト

もう8月も終わりかぁ~

もう涼しい風が吹いていて、蝉も鳴かなくなったし
まだ8月なのに、秋の気配を感じたりするね

今年の夏は短かったなぁ・・
また蒸し暑い日が来るのかな

今年も宮崎の実家に帰ったのだけど、台風直撃で到着が
大変だったことは、先日のブログで書いたけど
どう過ごしたかって、そういえば書いてなかった

毎回、記録としては残しておかないとね

といっても、台風というハプニングがあったことも
あって、父のお墓詣りで日向に一泊しただけで
特にどこかに行くということもなく

LIVE出演までは、ゆっくりとした時間を過ごしました。

大阪にいると、やることはたくさんあって、なかなか
ゆっくりした時間を過ごすことも出来ないけど

実家に帰ったら、食事の準備を母と一緒にする程度で
本を読んだり、絵を描いたり、夜は早く寝て
たっぷりと睡眠をとったり

これが贅沢な時間の過ごし方なんだと感じますshine

不思議にTVを見たり、ネットしたりする気にもならなくて

ただiPadは持参してたので、時々写真に言葉を載せて
FacebookにUPしたら
友人たちがコメントくれたりして
それはやっぱり嬉しくてheart01

なのに友人たちの動きをチェックすることもなく、愛想無しな私なんだけどねsweat01
すみません^^;

iPhoneを活用してる人たちが、結構頻繁にFacebookを利用してるのがわかるわ~

撮ったらすぐにUPできる手軽さがいいんだよね^^

私は出来るだけ作品をUPするようにしてるのだけどね☆
UPしたものはこちら

■鹿児島から宮崎に向かう在来線の窓から
鹿児島-宮崎間はなんと2時間半もかかるのよね・・

10464316_755200481208260_7926749589

■台風が去った後の夕焼け雲がとても綺麗で

Photo

■日向の家で気持ちいい風の中、お昼寝をしたときに

10403255_756592054402436_5765610065

■母も水彩画をやってるので、ふたりでデッサンをしたときに

10593113_757970177597957_7589717434

そして今回知った宮崎のゆるキャラ、みやざき犬(みやさきけん)
めざましTVなどで全国放送はされてたみたいなんだけど
私が知らなくてね~

くまモンやふなっしーはTVをそんなに見ない私でも知ってるから
それくらいもっと有名になってほしいなheart01

ダンスにキレがあってなかなかいいキャラです!

| | Comments (2)
|

August 27, 2014

八丈島クルーズ

今年も、クルーズイベントのお仕事で八丈島に行ってきました。

昨年、日本を引退したふじ丸に代わって、今回はにっぽん丸という船に
乗船しました。

今回のイベントスタッフは今までの三分の一の人数で、
少し寂しくもありましたが、アットホームな感じで、お天気にも恵まれて
楽しい経験をさせて頂きました。

神田紅さんという講談師の方の講談と、ムッシュピエールのマジックショー、
フラダンスショーなどが、メインイベントで、
コンサート等は無かったけれど、お客様たちは楽しんでいらっしゃったようで
良かったです。

最終日のさよならパーティの時に、「今日の日はさようなら」をお客様たちと
乗船スタッフたちとで歌う時の、ソングリーダーを務めさせて頂きました。

3年に渡って、小笠原、屋久島、八丈島とクルーズイベントに参加させて
頂いて、どのクルーズもお天気に恵まれて、いろんな人たちに出逢えて
とても楽しい経験ができて幸せだなぁと思う反面、
睡眠時間が中々取れないので、体力的に段々と大変になってきたので
今回でクルーズスタッフとしてのお仕事は、卒業させて頂こうと
思っています。

のんびりとした時間を過ごせるクルーズの旅は、とても贅沢な気分を
味わえるので、もしご興味ある方は、船旅をオススメします。

船上から見る夜空の星は、なんともいえない美しさで
異次元の世界に来たような錯覚さえ感じたっけ。。


Cruise


Img_3174


20140820_82


20140820_203


| | Comments (2)
|

August 18, 2014

真夏の夜の宴 Vol.2 宮崎LIVE 無事終了!

昨年に引き続き、また宮崎でLIVEが出来るとは
実のところ、全く思っていませんでした。

昨年は、青春時代を過ごした宮崎で、私にとって思い出になれば
いいなという気持ちでLIVE企画したのだから。

今年のお正月、GWと宮崎に里帰りした時に、ご挨拶にと
SOHOに遊びに行かせて頂いたら、井出マスターが

「気楽な気持ちでまたやったらいいんじゃない?」と
仰ってくださったので、今回またやらせて頂くことになりました。

メンバーは昨年と同じボーカリストのあきや まちえさんと
ギタリストのIsaoさん、そして井出和則マスター

もしかしたら飛び入りのミュージシャンも参加するかもとのことで
私も昨年とは違うセットリストを用意しました。

しかし今回大型台風11号が、ちょうど私が帰省する日に宮崎を
直撃して、飛行機が欠航してしまい、急遽九州新幹線を経由して
向かうことに。

新幹線といっても、宮崎、大分は通ってないので
鹿児島から在来線を利用するのだけど、在来線が終日運休で
鹿児島に一泊する事態になって、丸1日かけて
宮崎に到着したのでした。

飛行機なら1時間ちょっとで行けるのにね^^

でも、九州新幹線で博多までは行ったことあったけど、それより先には
行ったことなかったので、熊本、鹿児島を今横断してるんだって
思うと何だか楽しくなってきて、ちょっとした旅を楽しんできました。

さて、そんなこともあり予定していたリハーサルの日程も変更になって
しまって、LIVE前日の夜に打ち合わせ程度に合わせるだけで
本番に臨んだのでした。

今回は、一部と二部それぞれに出演する形式をとりました。

あきやま ちえさんが最初に出てくださいました。

■あきやまちえ(Vo.) 井出和則(Gt.)

Img_3101


Img_3103


■EMIKO セットリスト with Isao(Gt.)

第一部

①20歳の頃 (作詞:安井かずみ・なかにし礼/作曲:かまやつひろし)
②シルエット・ロマンス (作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお)
③白いページの中に (作詞、作曲:柴田まゆみ)
④みずいろの雨 (作詞:三浦徳子/作曲:八神純子)

1408194603659


第二部

①LOVE (スタンダードジャズ)
②恋はラテン気分で (Misty Blue オリジナル)
③マシュケナダ (由紀さおりバージョン)
④One Note Samba (ボサノバ)

結局、諸事情で飛び入りミュージシャンが参加できなかったので
ギター演奏だけでやりました^^
Isaoさんが、パーカッションの役割もしてくださったりと
大活躍でした。
1408194566053


最後はあきやまさんと二人で「夏の夜のハーモニー」を
昨年と同様に歌いました。

1408194381984

お盆という時期にも関わらず、予定を空けて来てくれたお客様たちには
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

まだまだ修行しないといけない課題はたくさんあるけれど
「楽しかった」と言ってもらえただけで、本当に幸せでした。

毎年できるかどうかはわからないけど、また機会があったら
出来るといいなぁ

Img_3108

昨年の宮崎LIVEの記事はこちら

今年のLIVEを5分程にまとめたダイジェスト版を制作しました。
よかったら観てくださいね^^


| | Comments (5)
|

August 06, 2014

知らぬが仏

最新のニュースは知りたいと思う反面

どちらかというと、悲しかったり残酷だったりする事件が
多くて、できたら知りたくないと思ったりすることが多い

最近の若者たちの多くは、新聞をとってなかったり
TVニュースもあまり見ないらしい

ネットなどで情報を得ることが多いからかな

どことなくアナログな部分がある私たち世代は
新聞も無いとやはり寂しかったりするし、
TVのニュース番組を見るのもクセになってるので
いろんな事件を知らされてしまう

知らぬが仏

とはよく言ったもので、何でも知ればいいってこともないと思う

何でも知りたいというのが人間心理かもしれないけど
人に関していえば、知らない部分があった方が、
少しばかりミステリアスだったりするし

多少の秘密は、大人になれば誰でもひとつやふたつはあると思うしね

今週末から宮崎の実家に帰ります。
最近はiPadもあるので、全くネットにアクセスしないわけでは
ないけれど、アクセス回数は減るかな

TVもあんまり見ないしね

実家に帰ってる時は、できるだけ現状をリセットしたいのよね~
オンとオフを切り替えるみたいにね

昨年に引き続き宮崎でLIVEをすることになったので
素敵な時間を過ごしてもらえるように頑張ってきたいと思いますshine


2014816fryer

| | Comments (2)
|

August 01, 2014

往年のアイドルスター

棚牡丹なご縁を頂いて、ジュリーこと沢田研二さんのコンサートに行ってきました。

見た目は、私が知っているあのジュリーの面影は全くなかったけれど
歌声は、まさしくジュリーのあの魅力的な甘い歌声で、それを生で聴けたことは
感動したし、ほんとに素晴らしかった~!

往年のジュリーファンの方たちって、ほんとにたくさんいるんだなぁという印象と
20曲以上もの曲を、振付もつけて、時には走り回ったりして、息が切れることも
なく歌い続けたのは、66歳のジュリーは、やはりスターなんだと思いました。

私が知ってる曲は、「ダーリン」「時の過ぎ行くままに」「追憶」「危険なふたり」
「勝手にしやがれ」「ヤマトより愛をこめて」等、他にももっとあったと思うのだけど
それもやってくれたし、東日本大震災の事を想って、自ら作詞されたという新曲というのも
なかなか良かったなぁ

人に見られる芸能人という立場にいるのに、あえてスリムな身体にしようと
努力しないことには、賛否両論あると思うけど、歌唱力が衰えてるわけではないし
あの魅力的な歌声は、渋みを増してさらに良くなっていたし、
整形を繰り返して、サイボーグのような表情になっている某男性歌手たちと
比べたら、自然体な部分に親近感も湧いて、かえって良かったように思えました。

曲の合間のMCはあまり無かったけど、アンコールで再度出てきた時に
トークコーナーがあって、京都育ちだけあって、関西のおっちゃんバリバリの
面白トークは、若かりし頃のセクシーな男性アイドル、ジュリーの
イメージとは全く違っていたけれど、それがまた味わいがあってよかったのよね~

往年のファンたちを、とても大切にして、1曲1曲をちゃんと表現していて
歌い終わったら深々とお辞儀をして、とても好印象でした。

これからも、できる限り歌い続けてほしいなぁと思います。

先述した私が知っているジュリーの歌はどれも、よく覚えていて好きだけれど
特に、この曲が子供ながらに聴いた時、印象深く好きでした。

追憶

私が知ってるジュリーのイメージはこんな感じだったんだけどね^^

Jury_2


| | Comments (2)
|

« July 2014 | Main | September 2014 »