« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

July 29, 2014

思春期という闇

思春期は、一言では言えない難しい時期だと思うけど

皆、どんな風に過ごしてきたのかな・・

私は、関東地方から宮崎に転校した中学1年の頃は
今、人生をふりかっても、戻りたくない程、
あまり楽しい時期じゃなかった

方言や、暮らし方、モノの考え方等、違和感を感じながらも
子供ながらに、どうやったら馴染めるのか考えていたし

でも、そんな私をいつも支えてくれた家族や友人がいてくれたおかげで
乗り越えられたし、そんな時期が長く続いたわけじゃなかったのが
救いだったと、思えるしね

昨日、書いたブログの続きになるけれど

猟奇的な殺人を犯してしまった少女の心の闇は
一言で語れるものではないだろうし
そこまで病んでしまう精神分析を、その道の専門家たちが
解明してくれなけば、第二、第三の猟奇的殺人者が生まれて
くるかもしれない・・

被害者は、ほんとに無念だと思うし、二度とそのような事件が
起きないことを祈るばかりだ

思春期をどう過ごして、どうそれを乗り越えたかが
大人になってからの運命が決まるのかもしれないね

Girl


| | Comments (3)
|

July 28, 2014

狂気女子

女子高生が、同級生を殺して、遺体の一部を切断するという
痛ましい事件が起きた。

殺人犯の大半は、女性よりも男性の方が多いと思うんだけど
女性の殺人犯も、年々増えてるような気がする。
しかも低年齢化してるよね・・

犯行動機は、まだ明らかになってないけど
人間形成されていく段階で、何か問題をかかえてしまうのか
生まれつき、そのような巨悪な部分を持っているのか

人間誰でも、好き嫌いはあるし、憎らしいと思う感情を
持つこともあると思うけど

でも、いくら嫌いで憎らしくても、「殺したい」という感情は
普通は制御するものだよね・・

ちょっと前に、女子中学生か高校生位の年齢の子たちが
3人で電車の椅子に座って、仲良くはしゃぎながら
おしゃべりしていた光景を見たのだけど

突然、そのうちの一人が怒りだして
しかも、乗客たちがたくさんいる中で
大声でわめきちらして、プンプンしながら電車を
降りてしまって・・

残された二人の女の子たちは、ただ茫然としていたんだけど

私も一体何が起きたのか、さっぱりわからなくて・・

突然切れたというかね。。

何かの栄養が足りないのか、愛情が不足してるのか
そういう風に感情をコントロール出来ないというのは
何か原因はありそうな気もするんだけどね

人間だから、感情を持つのは大事だけど、加減を知るというか
できるだけ、穏やかな人生を送るためにも

簡単に切れないような人間形成を培ってほしいなと思います。

関係ないけど、この絵は模写デッサン

ケント紙8号サイズに2B~5Bのエンピツだけで描いてます。
まだ未完成だけど、しんどくなり途中で止めてしまった。。sweat01

Dessan201407


| | Comments (0)
|

July 26, 2014

俳句で表現

早速、俳句に挑戦してみました。

ここ最近、ちょっとチャレンジャーな私^^

言葉が本来持つもので、映像が浮かぶように
言葉を選ぶって、簡単ではないけれど・・・

まず一句目はこちら

つないだ手 永遠(とわ)に瞬く 夢花火

Yumehanabi

花火は儚く終わってしまうけれど、花火を一緒に観ている彼と
の幸せな時間はこれからも長く続きますように

というような気持ちを綴ってみました。

伝わりますか?

もう一句は

天神の 裏も楽しや 仲間たち

Nakama2014071

昨日は大阪で有名な天神祭
私は未だにまだ一度も行ったことないのだけど、
天神祭で賑わってた日に、祭りとは別の場所で
思いがけなく音楽仲間たちと
合流できて楽しかったという気持ちを綴ってみました。

五七五だけで表現するって、リズミカルだし
ちょっとばかりハマりそう~~happy01

この句を先日TV番組で拝見した先生の手にかかったら
もっといい句になるんだろうなぁ~~

| | Comments (4)
|

July 24, 2014

美しい日本語表現

某バラエティ番組で、芸能人たちが
俳句のセンスの良さを競い合うというものが
あるのだけど

なかなか面白いのよね^^

先生が言葉を少し変えるだけで
魔法をかかけてもらったみたいに
映像が浮かんでくるような俳句になるから不思議

今回のお題は

『隅田川に打ちあがる花火』をテーマに俳句を一句詠むのだけど

凡人か才能ありかの分かれ目は

説明のような言葉にしてしまうか
映像が浮かぶような言葉にするか

ということみたい
どんな言葉を選ぶのか、なかなか難しいだけにね~


彩る
夏の色
万華鏡

上記のような言葉は凡人がよく使う言葉なんだって

山村紅葉(作家)と杉山愛(元テニスプレイヤー)が上位を
競いあったのだけど

山村紅葉の句は

酔ふほどに 川や花火の 綺羅無尽

屋形船で花火を見ていたら、ほろ酔い気分で
水面に映る花火もキラキラ揺れて見えたことを表現したかったとの
ことで、最後の綺羅無尽という言葉を最初万華鏡と
書いてあったのを、水面のキラキラした様子は
この言葉で言い表してくれるのが素敵

杉山愛の句は

花火果て 星のひとつを 探し行く

花火が終わったあとの寂しさを表現したかったとのことで
俳句の先生は、この表現を最高!と評して
たしか治すところはなかったと言っていたと思う^^

改めて日本語の美しさを感じて、私も俳句をやりたくなりました。

詞や詩を書くのにいいなぁと思うしね^^

私はついストレートな表現をしちゃうから。。happy01

Hanabi

| | Comments (4)
|

July 22, 2014

感覚を大切に☆

懐かしい音楽を聴くと、その頃の情景を思い出したりすることって
あるよね

匂いなんかも、懐かしい匂いとかあったり

人間の感覚って、ほんと不思議^^

年を重ねていくと、忘れていくことも多いけど
そういった感覚だけは、ちゃんと残っていて
それだけは、衰えないのかもしれない

作品って、それを制作してきた人が生きてきた証

ゴッホやセザンヌ等絵画などは、制作者が亡くなってから価値が出てきたりするよね

生きてるうちにもっと価値を評価されていたらいいのにね

音楽も名曲は、これからもずっと誰かに歌い継がれていくんだよね

私が作ったものも、私が亡くなったあと、もしかして評価されたりして!?

な~んてことすらないかぁbearing

生きているうちに、いろいろ生み出して、今という時間に
感じてもらえるようにしようと
思ったりしてます。

昨年に引き続き、宮崎でLIVEすることになりました。
今回はノリのいい曲を中心にお届けする予定ですshine

何だか、とりとめの無いお話しになっちゃったね^^


2014816fryermini


| | Comments (2)
|

July 18, 2014

10数年ぶりの挑戦

昭和歌謡セッションで知り合ったボーカリスト、トモちゃん企画の
弾き語りLIVEにお誘い頂いて、なんと10数年ぶりに
鍵盤を弾きながら歌わせて頂きました。

トモちゃんがウクレレを弾きながら、ミナミのお店で
弾き語りLIVE企画をしてることを知って
お邪魔させて頂いたのが、今年の始めころだったかなぁ。。

和気あいあいした和やかな雰囲気で、普段演奏しかしてない
ミュージシャンたちが、歌いながら楽器を弾いてる姿が
とても楽しそうで、私もずっと封印していた鍵盤弾き語りに
挑戦してみようかなと思いたったのでした。

ただ、皆ギターやウクレレなどの弦楽器で、ハコもそれなりの
場所で、鍵盤は出来るのかなぁと思ったら
トモちゃんが、鍵盤できるお店で開催するので是非!と
言ってくれたこともあり、レパートリーをとりあえず
4曲準備できたので、今回の企画に参加させて頂けることになりました。

参加することを決めたのはいいけれど、自宅にあるピアノは
しばらく、作曲したり、音の確認以外に触ってもいなくて
しかも練習する時間もそんなに無いし
実際歌うのはキーボードで、マイクをつけたり、楽譜を置く位置も違うし
アップライトのピアノで歌うのとは、全く違うことに気付いたりして

当日の午後、仕事を休んでスタジオ入りして、やっとLIVEの雰囲気を
確認できる練習をしたという、まるで付焼刃状態だったけど

温かい仲間たちに囲まれて、Doors in Heavenのスタッフたちからも、とても
良くして頂いて

心臓が飛び出そうな程、久々に緊張したけど
楽しくできました。

よく考えたら、学生時代、ピアノを弾きながら歌ってはいたものの
バンドメンバーたちと一緒に出演していたので、こうやっての弾き語りで
LIVEするのは、もしかして高校生の時以来かも?

2014/7/17(木)
織姫VS彦星 ナイツ at Doors in Heaven

出演順は当日、クジにて決定。
2部制

■トモちゃん 

弾き語りLIVEの企画発案者^^

桑名晴子さんが好きだとのことで、
晴子さんから歌ってみたらと言われた曲など演奏
弾き語りはもうすっかり慣れてる感じで落ち着いて聴けた

Img_2997

■EMIKO

1部 
・オリビアを聴きながら/杏里
・雨だれ/太田裕美
・ディアフレンズ/オリジナル(今年1月制作)
2部
・Falling for you(八神純子)

10561548_307518469428182_8418454460


■chakoちゃん

半年前からギターを始めたらしいのだけど、
ギター弾く姿は絵になってたし、
選曲がなかなか面白かったなぁ

Img_3024


■ゾーヘイさん

ハーモニカを吹きながら、足には鈴をつけたりしながらの
キャロルキングやシンディローバーの歌など演奏されてました。

Img_3025

■牧さん

トモちゃんとユニットも組んでるとかで
ギター弾き語りは慣れてらっしゃるミュージシャンという
感じの方。笑顔が素敵な方でした。

Img_3029

今回、皆さんの演奏等聴きながら思ったけれど
皆、誰かに影響されて音楽って始めたわけだし
こんな風に歌えたらという憧れで、コピーバンドを
結成したりしてたのよね

そんな初心に帰れる気持ちになれたり
またピアノを弾いてみたくなったり

ほんとに素敵な時間を頂けたことに感謝です。

企画してくれたトモちゃん、ほんとにありがとう!!

少しづつレパートリー増やして、また誘ってもらえるように
準備しておきたいと思います。

平日の夜なのに応援に来てくれた音楽仲間たち、ほんとにありがとうございました!


Img_3040


| | Comments (2)
|

July 14, 2014

ふたつの虹に挟まれて☆

私のボイストレーナー、Itsukaさんの
ボイストレーナーだったというKIKOさんと
Itsukaさんのツインボーカル、Double RainbowLIVEにお邪魔してきました。

一言で言うなら、すっごい迫力とパワーに、聴き惚れてしまって
時間が経つことをすっかり忘れてしまう程、素晴らしかったです。

お互いソロシンガーとしても、素敵だからこそ
ツインボーカルが更にパワーアップするんでしょうね。

お二人は先生と生徒だったけれど、
「KIKOちゃん」「いっちゃん」と呼び合う仲も素敵だし

今は対等にプロのシンガーとして活動されてるのも
素敵だし

なんというか、その場の空気がとても素敵なことにも
惹かれました。

昭和歌謡あり、R&Bあり、大流行の「ありのままで~Let it Go」
の英語バージョンもやってくれたり、お客様たちとの
一体感を取り入れてくれたり、
Itsukaさんのふんわりトークと、KIKOさんの
面白トークがまた絶妙で

かと思えば、涙ボロボロこぼれてくるような
選曲に感動させる歌唱力

泣いたり、笑ったりとちょっと忙しかったけど

そんなステージは圧巻で

私もいつの日かそんなステージが出来たらいいなぁと
憧れの気持ちに浸りながら、帰路に着きました。

ItsukaさんがTokyoに拠点を移して活動を
始めることは先述したけれど、
今後は、Itsukaさんの師匠であるKIKOさんに
ボイトレをお願いすることになりました。

Itsukaさんとのお別れは寂しいけれど
KIKOさんに教えて頂くのは、また新たな気分で
楽しみになってきました。

私のボーカリストの友人たちにも、昨日のLIVE
見せてあげたかったなぁ~~(*^_^*)

また是非やって頂きたいです♪

三ノ宮 Great Blueにて

出演ミュージシャン

Piano&Key&アコーディオン 土井あつし
Bass 福栄宏之
Drums 高岡憲冶

Img_2985


Img_2989


Img_2993


Img_2994


| | Comments (0)
|

July 09, 2014

みずいろの雨とUFOブルース

私が八神純子さんを敬愛してやまないことは
もうこのブログに何度も書いてるけれど

八神純子さんといえば、やっぱり『みずいろの雨』ですよね^^

私たち世代はこの曲を知らない人は、まずいないと思うけど
若い世代でもこの曲だけは、聴いたことあるって言うし

それほどの名曲なだけに

私も学生時代のバンドLIVE以外は、ちゃんとしたLIVEでは
歌ったことなくて

数年前の昭和歌謡セッションでリクエストして久々に
歌わせて頂いて以来、しばらくまた自分の中で封印していて・・

この曲は、メロディラインがとても難しいことと
歌うなら、八神さんと同じキーで歌いたいという思い入れもあるし

でも、今回の『Hoshi no LIVE』で、どうしても歌いたいと
強く思ったので、久々に歌わせて頂きました。

八神さんのコアなファンから、クレームがついてしまうかもしれないけど
私的には一生懸命歌ったし、それなりに楽しかったので
このLIVEを公開することにしました。
メロディラインが何か所か怪しいとこもあるけどね^^;
次回歌う時は、もっと余裕のある気持ちで歌えたらなぁって思います。

それからボイストレーナーのItsukaさんのUFOブルース
と~ってもお洒落なアレンジです。
どうぞお聴きくださいnote



| | Comments (2)
|

July 06, 2014

Hoshi no LIVE 無事終了!

Hoshi no LIVE at ARTRIUM

2014/7/5(土)

私がボイトレ等でお世話になっているA&D MUSIC主催の
星のLIVEが無事に終了しました。

昨年11月の月のLIVE、今年の4月の花のLIVE、
そして今回の七夕をイメージした星のLIVEに
出演させて頂きました。

ボイストレーナーの山村いつかさんが、8月から東京を拠点にして
活動されることになり、今回のこの『星のLIVE』が最後に
なりました。
いつか先生は、柔らかい雰囲気のする曲から、激しく
情熱的な曲まで、何でも歌いこなせる素晴らしいシンガーです。
そして性格もとっても可愛らしくて素敵な方なので、きっと
東京に行かれても、多くの方に愛されて、大きく羽ばたいてくださると
思います。
お別れは寂しいですけど、今ではFB等もあるので
どこかで繋がってますしね^^

東京在住の皆さん、是非応援してくださいね♪

さて、最後ということで、私もずっと歌いたかった曲に
挑戦することにしました。

このシリーズでは大好きな八神純子さんの、最近のバラード作品を
歌ってきてたのですが、今回は八神さんにとっての看板曲といっても
過言ではない『みずいろの雨』に挑戦しました。

それも、八神純子さんのキーで歌いたかったのです。
今の八神さんも、昔と変わらない歌声をキープして歌われてるし
私にとっての挑戦でした。

学生時代に、八神さんのコピーバンドを組んでた頃、歌ってたけど
最近ではカラオケでたまに歌う程度で、ちゃんとしたLIVEで
歌うのは、ほんとに久しぶりで、声が裏返ったらどうしようとか
不安だらけだったけど、まぁ何とか私なりには歌えたかなと思っています。
何より私が手拍子を要求してないのに、お客様たちが、自然にしてくださったりして
そのおかげで、かなり気持ちよく歌えたのもしれません。

お客様の力ってすごいですよね!

いつか先生がMCで仰ってたけど、自分の後ろには、素敵なミュージシャンたち
そして目の前には素敵なお客様たち
自分は彼等にはさまれて、なんて幸せな場所にいるんだろうと。

ほんとに同感です。

さすがに先生はイイ事を言われるわぁ~~

今回も2部制でお届けしました。

Uvs140706002_2


1部では

かまやつひろし氏作曲の「20才のころ」
八神純子さん、今井美樹さん等がカバーされている
ボサノバの軽快な感じの作品です。

そして2部に「みずいろの雨」
サンバテイストでお届けしました。

今回、一緒に出演した可愛い同朋たち
同朋だけど、私とは親子程年の差があるので、どうしても可愛く
愛おしく思ってしまいます^^
彼女たちがどんどん進化していくのが、目にみえてわかって
この成長をとても嬉しく思いました。

藤井希子ちゃん

●あなた
●瑠璃色の地球
Img_2968


水谷華奈ちゃん

●Meant to be
●夢の迷い子

Img_2971

JESSE

●Missing
●Knockin'n on Heavens Doors


Img_2972


そして、メインボーカリストの山村いつかさん

一部
●Good Morning(インスト)
●海へ来なさい
●Ribbon in the sky
●Shadow dance
●七夕

二部
●見上げてごらん夜の星を
●星に願いを
●ユーエフオーブルース
●星影の小路
●Spain

en

●翼をください

Img_2976

ピンクレディの『UFO』をブルース調にアレンジした作品や
チックコリアの『Spain』は圧巻でした!
私もいつか歌ってみたい~~!!

そして素晴らしいミュージシャンの皆さま

土井亮さん(Pf&Produce)
真木毅さん(Bass)
ロベルト・カジヤさん(Per.)

どうもありがとうございました!

音響スタッフの方々
いつも撮影してくださる杉本圭さん

そしてご来場頂いたお客様

どうもありがとうございました!!


Img_2984


| | Comments (2)
|

July 03, 2014

星に願いを☆

もうすぐ七夕ですねshine

7月にはふたつのLIVEに出演する予定なんだけど

どちらも七夕をイメージしたイベントになっています。

そのうちのひとつは、もう明後日~~

★Hoshi no Live (A&D Music主催)


7/5(sat) Open 18:00 start 18:30 

Place studio ARTRIUM

〒650-0012神戸市中央区北長狭通2-7-12PMPTビル3F TEL078-331-3617

http://www.office-cs.net/studio_about.html

Fee ¥2.000 (ドリンクは別途)

ITSUKA YAMAMURA Vo

AKIRA DOI Piano

TSUYOSHI MAKI  Bass

ROBELT KAJIYA Per.

●特別出演 A&D MUSIC VOCAL CLASS

・ JESSE ・水谷華奈 ・EMIKO ・藤井希子

私のボイストレーナーのItsukaさんが8月から
Tokyoに拠点を移して活動されるので、
このシリーズのLIVEは今回で最後になります。

月、花、星とシリーズ化したLIVEで、
Itsukaさんの教え子たち(私も含めて)が、ゲスト参加みたいな
形式で出演させて頂いてたLIVE。

Itsukaさんとお別れするのは寂しいけど、実力のある素晴らしい
シンガーなので、Tokyoでさらに飛躍していってほしいと
思います。

今回はそんな気持ちもあり、星に願いを込めた気持ちで
お届けしたいと思います。

私にとっても節目のLIVEになるので、大尊敬している
あの方のあの名曲を歌う予定です。

こんな風に言ったら、わかる人にはわかってしまうと
思うけど~happy01

またLIVEレポートで報告しますねnote

もしお時間ある方は、よかったら遊びに来てくださいねnote

もうひとつのLIVE情報はまた次回に^^


Hoshilivemini


| | Comments (0)
|

« June 2014 | Main | August 2014 »