« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

April 28, 2014

春ノ日天満ニ宴シマシタ!

今年初になるMisty BlueバンドLIVEは、お天気にも恵まれて
無事に終了しました☆

2014/4/26(土)  at 天満RawTracks

新メンバーを迎えてのLIVEは、今回で2回目。
昨年12月に初LIVEをやったので、次回は夏頃できたらいいかなって
思ってたのだけど

魅力的なオリジナルバンドの赤坂タカシとニューコパカバーナの
ボーカリスト、ひなさんにお誘い頂いたので
それならば是非、饗宴させて頂きたいと思って今回実現しました。

春にLIVEをするということで、春らしい新曲も出来ました。
サンバ風の明るい作品に仕上がって、自分でもとても気に入ってます。

■セットリスト

①Oh Year!~この地球(ほし)に生きて~
②Midnight Highway
③月の涙
④恋はラテン気分で (新曲)
⑤Honesty
⑥Purple Twilght
⑦Lonely Lady

Vo. EMIKO
Emiko20140426

Gt.Kudo
Kudo20140426_141533_094

Key.tetsu
Tetsu20140426_140434_083

Ds.スラブ
Slub20140426_143638_134

Cho&Bs.syamada
Syamada20140426_143009_118

Mistybluemember


■他 出演バンド

★Anything Goes

AORやジャズ、そしてAKBの曲等、幅広いジャンルの曲で
楽しませて頂きました。

20140426anyshing


★赤坂タカシとニューコパカバーナ

プログレテイストとムード歌謡が合わさったような雰囲気を醸し出して
変貌自在のツインボーカルで、不思議な世界に誘ってくれました。

20140426akakopa


最後には赤コパさんのアンコールに乱入して、寸劇をやらせて頂いたりと
出演者も十分楽しみましたが、いらしてくださった皆さま、楽しんで頂けましたでしょうか?

土曜日のお昼間のLIVEって、今までやったことなかったし
お客様も来てくれるか、ちょっと心配だったけど
想像以上にたくさんの方に足を運んで頂けて、ほんとに嬉しかったです。

お越し頂いた皆さま、ほんとにありがとうございましたsign03

写真はこちらの方にもたくさんUPしてますので、よかったら見てくださいね^^

| | Comments (2)
|

April 21, 2014

Misty Blue 春LIVE いよいよ今週末☆

今月は、今までになく3つもLIVEがあって

いよいよ今月最後になるMisty BlueバンドLIVEが今週26日に迫ってまいりました。

土曜日のお昼間という時間帯は初めてなんだけど、
何とかお客様たちも来てくれそうで、ありがたいことですshine

今回はイベント風ですが、実はブッキングLIVEで

メンバーの半分以上は私の音楽仲間でもある
赤坂タカシとニューコパカバーナというバンドさんからの
お誘いで、LIVEをさせて頂くことになりました。

★『春ノ日 天満ニ宴スル』(はるのひ てんまに うたげする)

ゴージャスでキュートでポップな3バンドによる夢の饗宴!

■日時:4月26日(土)

■開場:12:30 開演:13:00

■場所:天満Raw Tracks
http://www.rawtracks.jp/home.html

■料金:1500円(Drink代別)

■出演:Anything Goes/Misty Blue/赤坂タカシとニューコパカバーナ

とっても個性的なバンドさんたちと、一緒にさせて頂くのは
ほんとに楽しみheart01

今回のこのLIVEをすることが決まって出来た新曲も初披露する予定ですsign01

今までのMisty Blueには無いようなウキウキした気分になるような
楽しい作品に仕上がったと思います☆

メンバーのsyamada氏(Bass&Cho)がMisty BlueのFacebookページ
を作ってくれました。
もしFBのアカウントをお持ちの方で、応援して頂けましたら「イイネ」を押してくださると
嬉しいです。どうぞよろしくお願いしますnote


では、26日にお会いしましょ~~shineshineshine

2014426live


| | Comments (2)
|

April 19, 2014

初ジャズLIVE終了!

昔からジャズには興味があったけど、自分が歌えるジャンルじゃないと
思ってたところがあって

というのも、ジャズボーカリストって低音で太い声の人が
歌うイメージも大きいし

でもここ最近、イージーリスニング的な俗に言う『カフェジャズ』みたいな
ジャンルが出てきて、それなら私にもできるかもっていう気が
してきたことと、ようやくジャズを理解できる年齢になってきたって
こともあって

昨年から知り合いの音楽仲間が参加しているジャズセッションというものに
私も参加させてもらって、今回こうしてジャズLIVEをさせて
頂くことになりました。

といっても普段、ジャズセッションをしているお店で、同じ時間帯に
一部を私のLIVE、二部をセッションという形式でさせて頂きました。

2014/4/18(土) at 四ツ橋Beatles

■セットリスト

・East of Sun (Inst.)
・Misty
・As Time Goes By
・LOVE
・Smoke Gets in Your Eyes
・One Note Samba
en~Sweet Memories

今回は、ジャズというよりボサノバな感じの選曲になってしまったのだけど
春という季節に合ってたかなとも思ったのだけど、如何でしたか?

私のLIVEを初めて見てくださるお客様たちがほとんどで
なのに、私もジャズLIVEを初めてやるという
よく考えたら、なんと恐ろしいこと・・なんて思いながら
温かいお客様たちのおかげで、何とか無事に終えることが
できましたnote

平日の夜なので、お仕事帰りの方たちがほとんどでしたが
わざわざ足を運んで頂き、ほんとにありがとうございましたshine

セッションの時に合わせた程度で、ちゃんとしたリハをやらないで
LIVEをすることは、普段の私にはありえないことなんだけど

まさにLIVEという感じで、その時に何が起こるか楽しむのが
ジャズなんだということも少しだけ理解できたかな・・

でも自分自身は全く余裕が無くて、自分ももっと楽しめるような
心の余裕が欲しいなと思いました。

今回いらしてくださったお客様たちは勿論のこと

一緒に演奏してくれたミュージシャンのメンバーの皆さん

上田美保(Piano)
山内諭(Bass)
宗友宏武(Drums)
荒木章友(Guitar)

そして四ツ橋Beatlesのマスター

お世話になりましてありがとうございましたsign03

今度からこのジャズセッションは第4週の金曜日になりました^^

皆さま、よかったら足を運んでくださいねnote

こんな看板作ってくださっていて感激しました☆
Juzzlive

メンバーの皆さまと☆
Img_2736

最後まで残ってくださったお客様たちと☆
Img_2738


| | Comments (2)
|

April 17, 2014

Bacharachな夜に☆

Bart Bacharachの存在を知ったのは、5~6年前だったかなぁ

大抵の人がよく知ってることを知らないことが多い私には
よくあることだけど

何故彼の存在を知ったかというと

カバー曲などの音楽を配信していた今は無き某サイトで
私の歌声を聴いた方が、「きっとバカラックの曲が合いそうなので
是非歌ってほしい」とのリクエストを頂いたのがきっかけで。

その時歌った歌はこちら

以前は公開してたんだけど、今聴くと恥ずかしい程の英語の発音だったり
するので、限定的な公開にしておきます。
好奇心旺盛な方だけどうぞ聴いてみてくださいませnote

音楽プロデューサーとしては、David Foster推進派な私ですが

Bart Bacharachの何ともいえないセンスのあるメロディアスな楽曲作品に
心ときめかない人はいないのではないかと思うほどの才能だと
私は思います。

ディオンヌ・ワーウィックやカーペンターズ等に曲を提供したり

誰しもが一度は聴いたことのある曲も結構あって

・I'll Never Fall in Love Again(恋よさようなら)
・Close to you
・Raindrops Keep fallin' On My Head (雨に濡れても)
・Alfie

他にもたくさんの作品を生み出してますが・・

そんな素晴らしい彼のコンサートに昨夜行ってきましたsign03
ひょんな事から行くことができて、とてもラッキーでしたheart01

御年85歳。多くのミュージシャンを従えて来日してくれたんだけど
体力が大丈夫なのかとても心配だったりもしたけど

華麗なピアノの弾き語りは最高でしたshine
彼のサウンドをもっともっと聴いて、知って研究したいと思いましたheart04

Bakarack

| | Comments (2)
|

April 13, 2014

春の予感~I've been mellow~

化粧品のCMソングって、結構いい曲が使われてるよね^^
最近は、あんまり意識してないけど

まだ昭和だった頃、
松田聖子 『Rock'n Rouge』
世良公則 『燃えろナツコ』
堀内孝雄 『君の瞳は100万ボルト』

他にもいろいろあったかと思うのだけど

『春の予感~I've been mellow』という曲が
私にとってもとっても印象深かったのを
覚えてます。

尾崎亜美さん作詞作曲で、南沙織さんが歌われてました。

そんなにたくさんの言葉を使ってないのに、春の柔らかな時間の中で感じる
哀愁にも似た切ないようなトキメキがよく表現されてる作品だと思いますshine

この曲を先週神戸で行われた『HaNa no LiVe』で歌わせて頂きました。
ちょっぴりボサテイストで、春を感じてくれたら嬉しいなheart01

http://youtu.be/K79KDsXFvO8


| | Comments (4)
|

April 10, 2014

極上の歌声と音色に包まれた時間

八神純子さんがビルボードでLIVEするよ!という嬉しい情報を聞いたのは
いつだったのかな・・

普通のコンサート会場でやるLIVEよりも、チケット代も高いし、時間も短いけど
かなりの至近距離で堪能できる醍醐味は格別なので、コアなファンとしては
トーゼン行きますけどねsign03

今回はサポートメンバーが、音楽業界を背負う立場にあるような凄腕ミュージシャンばかりshine
そのミュージシャン目当てに来たお客様たちも多かったとか。

■サポートメンバー

Ba.後藤次利
Gt.松原正樹
Dr.村上”ポンタ”秀一
Key.&Piano&B.Vocal 佐藤準

■4/9(水) at BillBoard 大阪一部 セットリスト

1.想い出のスクリーン
2.思い出は美しすぎて
3.パープルタウン
4.Lullaby of BirdLand
5.NY State of Mind
6.インスト
7.Mr.Blue
8.シークレット・ラブ
9.夜間飛行

en.
・みずいろの雨
・今日の終わりに(ピアノ弾き語り)

今回のLIVEのタイトルは『The Night Flight』
ずいぶん前になるけど「夜間飛行」という曲を後藤次利氏が作曲したのだけど
これがまたいい曲でね~~
ベースと歌のユニゾンから始まるのだけど、以前から好きだったこの曲を
生で聴く幸せといったら・・

私がベースの音色が好きなのは、こういった歌の奥深くを支えてくれる
力を持ってるからかもしれません

「思い出は美しすぎて」はスキャットから始まり、スキャットで終わるアレンジだったりで
よく聴き馴染んでいた純子さんの曲たちを
こんなにも、オトナな雰囲気にアレンジして聴かせる実力派ミュージシャンたちshine
凄すぎました。

もう酔いしれて、酔いしれて、このまま時間が止まってくれればいいのにとさえ
思いました。

今までのコンサートは、CDで聴く音の再現をしてたけど
今回は、あのメンバーでしか出来ないようなグルーブ感っていうのかな~
音楽は、けして若者だけのモノではないと再認識させられたような
オトナしか出来ない、オトナだから醸し出せる
何ともいえない時間に、ただただ感動しました。

できたら、一部、二部と聴きたかった~~happy02

Img_2723


Img_2724


Img_2727


| | Comments (0)
|

April 08, 2014

花のLIVE 無事終了!

私がボイストレーニングでお世話になっている
A&D MUSIC
主催の『HaNa no LIVE』が無事に終了しました。

花冷えというより、寒の戻りになったようにひんやりとした日だったけど
今回も昨年11月に引き続き、ボイストレーナー、山村いつか先生を
中心に、たくさんの花たちが咲き乱れましたcherryblossom

特別にクロマチックハーモニカプレイヤーの南里沙さん
ゲストにお招きして、素晴らしい音色を届けて頂き
華やかな花たちの饗宴になりました。

今回の私は、聖子ちゃんに負けないくらい可愛いピンク色の衣装を
着て、春の妖精みたいなどと嬉しい言葉を頂き、
思いっきり真に受けて気持ち良く歌わせて頂きましたshine

私が選んだ曲はこの2曲

『春の予感~I’ve been Mellow』

『さくら証書』


実はLIVEが行われた4/6は、父の命日でした。
今回は宮崎から母も来てくれて、父のことも少し想いながら
歌いました。


Uvs140407003

山村いつか先生のうっとりと酔いしれるステージ

Img_2702

Maiちゃん(jesse)とKANAちゃん

Img_2708

クロマチックプレイヤー 南里沙さんの素晴らしい演奏

Img_2711

いつかさんと里沙ちゃんの共演

Img_2715

希子ちゃんという今回初舞台だったボーカリストの写真が無くて
ごめんなさいsweat01

出演者全員ショット

Img_2721

Piano 土井亮
Bass 真木毅
Per. ロベルト・カジヤ


肌寒い中、お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
聴いて頂いた方々には、少しでも春を感じてもらえたら嬉しいですheart01


x

| | Comments (0)
|

April 02, 2014

ワールド☆

婦人服メーカーのワールド、結構好きなブランドですが

そのことについてではなく、私はよくEMIちゃんワールドと言われます。

Misty Blueの世界も、おそらく私の世界観を、長年一緒に楽曲制作してくれている
くどう氏を中心に、信頼できるメンバーたちが完成させてくれているんだろうけど・・

昔から、よくそんな感じの事は言われれいました。

「EMIちゃんだから言えるんですよね~」
「EMIちゃんだから許されるんですよ」
「まさにEMIちゃんワールドなんだよね」

職場から音楽仲間から、身内の家族まで
そんなことを言われてしまうんだけど

これって これって ありがたく受け止めていいんですよねsign02

私も若作りしてますが、もう結構イイ大人なんですよね。。
甘んじてていいんでしょうか・・

でもね、誰でもそうだけど性格ってそう簡単に変えられるものじゃないし
誰かが迷惑してるとか、困らせたりしてなければ
甘んじてていいんですよね?

私はね、あまり器用でもないし、勘もよくないし
人のココロの裏側などを読むことは全くできませんから

私に対しては、何事もストレートにはっきり言ってくださっていいですsign03
ただ、落ち込みは激しいので、私が傷つくことはあまり言わないでください(笑)
でも、愛情ある辛口なご指摘は大丈夫ですscissors

今日から新年度。
お正月とは、また一味違った新たな気持ちからのスタートですshine

Yellow1


| | Comments (4)
|

« March 2014 | Main | May 2014 »