« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

June 30, 2013

LIVE出演が続きます!

6月も終わりですね・・

何もないときは何もないのに、珍しくLIVE出演が続きます。
7月14日(日)には前述したSteely Danのカバー企画バンド、
スタイリーダンのLIVE。
本日、メンバー全員集合して仕上げに向けたリハでした。

なかなか豪勢で、参加してるだけでトキメいてしまうほど素敵ですheart01
リーダーによると、メンバー皆忙しいし、企画モノなので、このLIVEは
最初で最後かもとのことなので、お時間の都合のつく方は是非
お越しくださいませshine
出演者もお客さんも打ち上げ参加OKとのことなので、参加したい方は
その旨もお知らせくださいねnote

さて、8月には、私の青春時代を過ごした故郷、宮崎での初LIVEが決まりましたsign03

本当はMisty Blueのメンバーたちと一緒に行きたかったのですが、
諸事情で難しくて、現地のギタリストの方を紹介して頂き、LIVEをすることになりました。

私にとって、念入りに一緒にリハをするというわけではないので
不安もありますが、ボイトレの先生のご指導もあり、プロの方々のように
本番でしかリハをしない形での挑戦も成功すれば、私の自信にもなるし
頑張ってみようと思います。

何よりも、宮崎でLIVEをして!と言ってくださった方々の応援が
何よりも励みになりますsign01
きっといいLIVEにしますねshine

4553544143566138140a


そして、9月、10月にもLIVEの予定が入ってきました。
それはまた後日お知らせしますねnote

| | Comments (2)
|

June 28, 2013

時代の流れと共に

気がつくと、世の中はFacebook,Twitter,mixi,LINE等、SNSだらけ

そして、ガラケーを持つ人よりスマホを持つ人たちが増えて
PCを使うのは、仕事等など一部の人たちになりつつあって

私自身も、このネットワーク社会のおかげで、とても便利になったと
痛感してる一人に変わりはないけれど。。

最初に登録したのはmixi
その頃はまだ誰かから紹介してもらわないと入れない招待制だったのに
今ではそんなことはなくなって・・

そしてFacebook
新しいコトに飛びつくタイプではないけれど、外国人の知り合いと繋がるために
始めたのがきっかけ
なので、始めた頃は英語で投稿してたっけ

そのうち、mixiでも繋がっているリアルな人たちもFacebookを始めるようになって、
mixiでもFacebookでも同じような面々と繋がるようになった

mixiではニックネームやハンドルネームでもいいけれど
Facebookは基本的に本名登録なので、安心感はあるかなぁ

そこで、問題なのはFacebook申請に、知らない名前の人が申請に来た場合、
しかも最近、メッセージもなく申請に来られるので
申し訳ないけど、知らない名前の人は受けないようにしている
メッセージがあったら別だけどね^^;

SNSが無い頃はHP全盛で、そこに設けてある掲示板などで
おしゃべりしたものだけど

「EMIKOの部屋」に設置してあった掲示板も、今年のお正月から何もコメントが無いので、思い切って取り除くことにしました。

今まで書き込んでくださった方々には、深く御礼申し上げます。

これも時代ですね・・

でも私の音楽活動は、今までと同じように細々とながら頑張っていくので
応援して頂けたら幸いですshine

Coronabeer


| | Comments (2)
|

June 27, 2013

雨の降る日に・・

昨日は、一日雨でした。おそらく全国的に雨だったのではないかな?
空梅雨と言われてただけに、恵みの雨だと思うけど。

雨に濡れるのは好きじゃないけど、雨を眺めていたり、何もすることが
ない日の雨は嫌いじゃないかも。

外はとても静かだし、どことなくロマンティックな部分が無いこともないでしょ^^

雨が降ると思い出したりする記憶とか、誰でもあるんじゃないかな~

さて、先日公開したSonja-Blue時代の作品「Rain」
くどう氏のギターバージョンでしたが、
今回はピアノバージョンでの公開です。

ギターバージョンでの私の歌声は、少しドライだけど、
今回は私の希望で、とてもウェットに仕上げていただきましたheart01

どちらの「Rain」が皆さまはお好きですか?

どちらも好きsign03って言って頂けたら嬉しいけど~sweat01

ピアノバージョンでの「Rain」はこちら

notesピアノバージョンのクレジット

EMIKO - Vocal
MICHICO - Piano
豚館 - Keyboard

そしてギターバージョンはこちら

それから、雨ついでにMisty Blueの「Rainy Memory」もnote

まだPVを制作した頃だったから、稚拙な制作だけど、よかったら
こちらも聴いてみてくださいねshine

| | Comments (0)
|

June 20, 2013

Steely Dan・・そしてStyley Dan

私がSteely Danの存在を知ったのは、10数年前に音楽活動を始めようとしていた頃。

その頃知り合った音楽仲間たちの中で、彼等の学生時代の友人たちと組んでいたバンドが
とても雰囲気がよくて、積極的な私はそのバンドのリーダーに仲間に入れてと
直談判happy01
そこで、ゲストボーカリストという立ち位置を手に入れたのでしたnote

ほとんど洋楽のカバーばかりをやってた彼等の音楽を私はほとんど知らなかったのだけど、
Steely DanやとTodd RundgrenやBen Folds Five等、素敵な音楽を
いろいろと教えてくれたっけ^^

そこで知ったSteely Danは、私の好みのサウンドで、なんともいえないジャズ的な
ひねりがところどころに出てくるのが、ほんとに堪らないのよね

特にこの曲が好きでheart01

Deacon Blues

Steely Dan
Charlotte, NC 8/12/2006
Donald Fagen - Keyboards and Vocals
Walter Becker - Guitar
Keith Carlock - Drums
Jon Herington - Guitar
Carolyn Leonhart-Escoffery - Backing Vocals
Michael Leonhart - Trumpet
Cindy Mizelle - Backing Vocals
Jim Pugh - Trombone
Roger Rosenberg - Baritone Sax
Freddie Washington - Bass
Walt Weiskopf - Sax
Jeff Young - Keyboards and Backing Vocals

最初はSteely Danという名前の人だと思っていたんだけど、バンド名だと知ったのは
少し後になってから(笑)

どうして好きかなんて、理由ないよね。
理由がわからないから好きなんだとしか言えないっていうか。

そんなSteely Danのカバーバンド、Styley DanのLIVEに参加させて頂きます。
なんと、私はバックボーカルでの参加ですnote

以前から男性ボーカルのコーラスはやってみたいと思っていたので
念願が叶いましたshine

LIVE詳細はこちらですshine

豪華3バンド競演による夢のLIVEがついに実現!

2013.7.14
三者三様音楽会
at Mother Popcorn
12:30→OPEN
13:00→Jasmint
14:00→D-wife
15:00→Styley Dan

まずは<バンド紹介>から

■Styley Dan
名前の通りSteely Danのコピーバンド
もしくはカバーバンドもしくはトリビュートバンドです。
みくらす氏の要請により集まりました。
・KOZO(vo)
・EMIちゃん・もか(cho)
・夜空・よねっち・みこ(sax)
・toku・みず(guit)
・コアラ(pf)
・みくらす(bass)
・ラーロウァング(drums)

■♪D-wife
メンバーの中に は、元メジャーアーティストや、
ヨーロッパツアーに出かけた人や、
今もテレビに出ている人や、コンテストの審査員している人や、
CMソング作っている人や、テレビ番組の主題歌作ってる人もいますが、
普通の勤め人もいます。メンバーに共通するのは、
音楽でまじめに遊べること。ジャンルは意識してないです。
この曲をいかにおいしく仕上げるか…。
D-wifeならではの熱さと味付けをお楽しみください。
・GONJI(guit)
・一色洋輔(pf)
・なっすん(bass)、
・TANAKAZU(drums)
・ヒロユキ(vo)

■Jasmine+Mint
爽やかなのは名前だけの
オッサンバンドです(弱冠一名オバハーン)
ジャパニーズ・フュージョンをこよなく愛するコピバン。
・北村博之(guit)
・上田美保(pf)
・又川洋二(bass)
・田川 潤一(drums)
・宮野 英人(sax)

■日時
2013年7月14日(日)■会場
Mother Popcorn
大阪市西区西本町1-10-22 B-1
Tel:06-6535-0002
■チャージ
1,500円(別途1ドリンク要)

アクセス&メニュー等はHPにてご覧ください
http://www.mother-popcorn.com/

他の共演バンドもとても魅力的で、楽しみheart01
7月の3連休の中日ですが、お時間のある方は、どうぞ一緒に楽しい時間を
過ごしませんか?

935435_465554046854138_2069305560_n


| | Comments (0)
|

June 18, 2013

Misty Blue 新メンバー加入♪

Misty Blueもおかげさまで今年で結成12周年を迎えました。

あっというまに過ぎたような気もするけど、でもやはり中味は濃くて
いろんなことがあったので、それだけの月日は流れたのだと
実感します。

バンドを組むというのは、やはり難しいことだと思います。
よほどの情熱が無ければ、続けられないし、続けたくても続けられない
事情だって出てくるわけだし。

私だって、いつ何時何が起こるかわからないし、いつまで続けることが
できるのか全くわからない

結成した頃は、自分自身そんなに長く続くとも思っていなかったし、
ある年齢が来たら、歌ってないかもとさえ思ってた。

実際、バンドバージョンとしては3年程活動できてなかったのよね。

くどうさんの転勤や、tetsuさんの病気などで、バンドは休止状態だったし。

でも、私自身はソロ活動などで歌い続けてこれたので、
縁あって、新メンバーにも恵まれて、ようやくバンド活動を再開できることになって
ほんとに嬉しいheart01

LIVEのためにサポートしてくれたカンタロウくん(Drs)や
KOZOさん(Drs)、みくらすさん(Bs.)にも、ほんとに感謝してます。

そのうち新メンバーたちをHPでご紹介させていただきたいと思いますshine

新生Misty Blueをどうぞお楽しみに~~heart04

早速、旧知の音楽仲間からLIVE出演のオファーが来ました!
またはっきり決まったらご連絡しますねnote
(メンバーたちにもまだ言ってない。。sweat01

Mistybluemember


| | Comments (0)
|

June 14, 2013

ALL OF YOU

ジャズの曲で『All of Me』という曲は知ってたけど、杏里の『ALL OF YOU』は
昨年まで知らなかったのよね・・

昨年秋に神戸で急遽LIVEが決まったとき、何を歌おうかな~と思っていたところ
tetsuさんが探してくれた曲。

LIVEで共演させて頂いたプロのギタリスト、古川もとあき氏の音楽が都会的なので
そんな曲をこちらも持っていってはどうかとのアイデアだったのね。

tetsuさんが杏里の曲を何曲か聞かせてくれた中で、私が一番気に入った曲。
キーも歌いやすかったし、何よりも情感のこもったこの作品は、すっと
私の中に入ってきたし、これからも持ち歌にできたらって思います。

tetsuさんが、忙しいなか、ミックスしてくれました。
レコーディングは、数か月前にとってあったのだけどね^^

ピアノとシンセで音を作ってくれてます。

よかったら聴いてみてくださいねnote

ALL OF YOU

ちなみに本家本元の杏里のALL OF YOUはこちら

職場でPV講座を受ける機会に恵まれたので、楽曲作品を配信するためにも
お勉強したいと思ってますnote

この「ALL OF YOU」もPVにしたいイメージが膨らむ作品なのよねheart01

| | Comments (2)
|

June 08, 2013

After LIVE感じたことなど

LIVEから1週間。

自分で企画主催した場合に限るけど、お祭りが終わったような気分で
翌日は、腑抜け状態になるのよね・・
何もしたくないというか、PCにも向き合いたくないというか

ブッキングや、誰かのイベントに参加させて頂く場合とは
ちょっと違う感覚というかね

いらしてくださったお客様たちの反応や、出演者たちの気持ち
そしてその評判など、いろいろ気になることは、アフターLIVEでも
あったりしてね~
今後の参考にもしていきたいし。

そして私自身の歌を人の前で表現していく難しさとかも
感じたりする。
オリジナルの場合は、自己表現ではあるけど
自己満足したいわけじゃないから、だから難しいのよね

お客様が退屈するのは、やはり嫌だし。

楽しい時間を過ごしてもらいたい!

自分の仲間、友人たちは、大目に見てくれたり、私という人間を知ってるから
大抵は「良かったよ」と言ってくれる

でも、私を知らない人たちは、きっと厳しい目で見てるだろうし
そういう人たちを惹きつけるのは、自分の努力とかだけでは無理なものだと
よくわかってるし。

ある程度の歌唱力はやはり大事。
でも、歌唱力だけでもダメ。

私は何に挑戦してるんだろう・・って思うけど

万人に愛されたいと思ってるわけではないけど

「なんかいいんだよね。言葉にできないんだけど、何かを感じる」

きっとこういう言葉を欲しいんだろうなぁ

こんな言葉を、私を知らない人からも言われたら、ほんとに嬉しいだろうなって思う^^

そうそう、今回のLIVEで手作りのプログラムやフライヤーを制作したんだけど、
Acoustic Live と表記しているところの色のこだわりなんて
やはり言葉にしないと気づいてもらえないものだよね~

Aの紫色とLの青色は、BiColorとMisty Blueのイメージカラーにしてあるんだけど・・

私の中の小さな表現なんだけどね

こんな些細なことを誰かに気づいてほしいのかも^^

さて、今日はtetsuさんと星野美咲さん制作の新曲のレコーディング。

LIVEと違って細かで緻密な作業ですが、頑張っていい作品を制作してきたいと
思いますnote

友人が撮ってくれた写真。
こうやって大切にしてくれたら嬉しいheart01

954676_315161508616579_2138914182_n


| | Comments (2)
|

June 04, 2013

Acoustic LIVE『For Our Guests』無事に終了!

2013.6.2 アコースティックLIVE 『For Our Guests』 at Gallury NU-VU


梅雨入りしたはずなのに、数日しか雨が降らず、夏のような気候に
なった6月2日の日曜日。


今回の企画は、夙川という芦屋に継ぐ市民の憧れの場所にある
お店を紹介してもらってから、私の中から生まれたもの。Img_1707

私が大好きな薔薇の花が咲き乱れるこの季節に
華のあるエンターティナーたちと一緒にLIVEをしよう!
と、ひらめいたのでした。


紫色の薔薇の花のような雰囲気のあるnoriちゃんが
Misty Blueのメンバーでもあるtetsuさんと昨年から組み始めた
ユニットBiColor。


男性の中では、華を感じる知り合ってから18年程になる旧知の音楽仲間、
kokopelliのギター&ボーカル、らんでぃ。


そして私たちMisty Blue。私がむりやり咲かせてます(笑)


この3組でやってみたいなと思い、即行動に移して・・
この日を無事に迎えることができました。


まずは、BiColor


noriちゃんは、歌のイメージに合わせて、ステージ上で
七変化ができて、お客様を楽しませることができる
筋金入りのエンターティナー。
美人なのに、トークは大阪のおばちゃんみたいで
気取りがなくて、女優のように歌で演技をしてくれて
tetsuさんとのピアノのデュオも、すっかり板についてきた感じで


今回の選曲も、シャンソンやジャズのスタンダードのものや
昭和歌謡などを取り入れて盛りだくさんな内容。
多くのファンがいるのが納得できます。

971135_4288139380124_1978949315_n


226624_4288147900337_1861197317_n


そして、らんでぃ


らんでぃには2000年のミレニアムの年にも、私の企画LIVEに
出演してもらったことがあるのだけど
その時も神戸のライブハウスで、弾き語りで、工藤さんと一緒に
出演してほしいと依頼。
渋っていたのか、素直に了承してくれたのか、もう覚えてないけど
出演してくれたことはほんとにありがたいなぁって思います。


そして、彼もオリジナルにこだわって、長い間それで
表現しているところにも共感が持てるし、とにかくステージに
立つ姿はカッコイイ!これからも末永く頑張ってほしいと思います。
今回彼にはスペシャルゲストとして出演して頂きました。

935538_4288159580629_757039304_n


942548_4288154860511_1063895461_n


最後はMisty Blue。
まずは、工藤さんと私のアコースティックバージョン。

576701_4288202941713_1833427918_n


941694_4288203701732_129212714_n


◆セットリスト

①朱夏の香り (女に生まれたからには最期まで女でありたいもの。幾つになっても恋する気持ち、失わないで)
②Rainy Memory (雨の日にはあの頃のことを思い出すの・・)
③メロディ (悩みがあっても海を見ると元気になるのよね♪)
④スキ・スキ・スキ(とにかく貴方がスキ!)
⑤引き潮(思い出は大切な宝物でもあると同時に、二度と蘇ることのないもの。それはまるで引き潮みたいに)
⑥Lovin'You (Cover)
⑦そよ風の誘惑(Cover)
⑧Purple Twilight(こんな日こそあなたに会いたい!)
⑨Lonely Lady(バリバリ仕事を頑張ってる独身キャリアウーマンへの応援歌)

⑦~⑨はサポートメンバーに
竹本公三さん(ドラム)山内諭さん(ベース)にお願いして
そしてレギュラーメンバーのtetsuさん(ピアノ)と共に
バンドバージョンでお届けしました。

400419_4288220222145_1325859036_n


947350_4288224422250_121726525_n


オリジナル曲のほとんどはこちらで配信してます。
http://www.muzie.ne.jp/artist/a007305

◆アンコール

○シンクロニシティ(竹内まりや)Vo.EMIKO Cho.norie,KOZO

8881_4288230342398_424532455_n


○愛をこめて花束を(Superfly) Vo.norie Cho.EMIKO

Img_1800


○ふたりの愛ランド(チャゲ&石川優子)Vo.EMIKO、norie
AG.らんでぃ

947043_4288239062616_1221930240_n


32

多くのお客様にご来場頂いて、ほんとに嬉しかったです。
そして楽しかったと言ってくださった声は、私たちの醍醐味と充実感に
変わります。

改めて、いらしてくださった皆さま、ありがとうございました!
そして出演してくださった方々、スタッフの皆さま、お疲れさまでした!

精根込めてLIVEを創るので、年に何回も出来ませんけど、
また機会があったらLIVEプロデュースも手掛けたいです。

でも、誰かが企画してくださるLIVEも是非出演してみたいので
よかったら声をかけてくださいね~shine

954676_315161508616579_2138914182_n


Img_1706


Img_1809

| | Comments (2)
|

« May 2013 | Main | July 2013 »