« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013

May 30, 2013

Misty Blue ロックテイストな曲ついにネット初公開!

あ~長かった。。
この曲を公開するのに、約3年程かかってしまった。

まぁいろいろな事があって公開できなかったわけだけど、LIVEでは演奏してたし、
作品が埋もれてしまわなくてほんとに良かった。

この作品は、キーボードのtetsuさんが、Misty Blueにロックな曲が無いよねと
スケッチをしてくれたのがきっかけで生まれたのよね・・

ギターのくどう氏は、ロックギタリストなのに、Misty Blueでは、少し抑えてくれてたのか
今までファンキーな曲を作ってもロックな感じにはならなかった。

私の声質もあまりロック向きではないしねcoldsweats01

でも、ロックが嫌いなわけではないので、既成曲では敢えて選ばないけど
オリジナルだったら一度作ってみたいと思ってたのよねnote

なので、詞は初めて男性の立場から書いてみた。

私たちの青春時代は、携帯電話もパソコンも無かったけど
触れ合う事をとても大切にしてきたように思うことや

男女の友情もあり得ることや

こんな男友達がいたらいいなという私の願望や

先日、心を痛めていた女友達の涙を見て、この曲で私の
メッセージを届けたいと思ったことや

いろんな事を織り交ぜた作品です。

ReAL

是非聴いてみてくださいねshine

6/2のLIVEはアコースティックLIVEなので、この曲はやらないけどね^^

Tokyolive2


| | Comments (4)
|

May 24, 2013

エンターティナーたちと共に

4277536s135969477090


EMIKO企画LIVEまで約1週間。

今回は華のあるアーティストたちの饗宴ですshine
・・って自分のこともしっかり華があると言ってるところが私らしいでしょ(笑)

今まではLIVEハウスのブッキング等でLIVEすることも多かったのだけど
わざわざ来てもらうお客さんたちに、自分たちのLIVEだけを聴いてもらうのも
何だし、ブッキングアーティストたち同士で仲良くなることも、たまにはあるけど
そんなにあるわけではないし

どこか私自身が悶々とすることがあって

そこで、私が一緒に組んでみたい方たちに声をかけてLIVE企画すればいいのだと
2年程前からふと気づいて、LIVEプロデュースを手掛けるようになったのよね。

2000年のミレニアムに初めて自分でLIVEを企画してから、10年程の月日が流れてしまったけどね。

今回はMisty Blueのキーボーディストであり、私のソロ活動のサポートも
時々してもらっているtetsuさんが昨年から結成したBiColorというユニットと

旧知の音楽仲間のロック&ブルースバンド、kokopelliのボーカル兼ギタリストのらんでぃ


そして私とくどう氏のMisty Blue

この3組でお届けします!

BiColorのnorieちゃんは、歌って踊れるパワフルばボーカリストで
佇んでるだけでもオーラがバリバリあって、彼女のファンもいっぱいいる人です。

らんでぃは、長い年月の間、音楽に真摯に向かいあってる姿には共感するものもあり、
LIVEパフォーマンスは、ほんとに華があると思える人です。

そして皆エンターティナーだと声を大にしていえる人たちなので
お客様たちを楽しませないわけはありません!

Misty Blueはスペシャルなサポートミュージシャンまでお迎えしてます☆

今回はありがたいことに定員を超えてしまったので、締め切らせていただきました^^

LIVEにいらして頂ける予定の方々、どうぞお楽しみに!!

| | Comments (2)
|

May 16, 2013

Sonja-Blue2 「Rain」

Misty Blueを結成する前の2000年頃、Sonja-Blueというオリジナルバンドで
ボーカルをやらせてもらっていたことは、旧知の音楽仲間たちは知ってると
思うけど

あれから13年もの月日が流れたなんて、嘘みたい

当時はボーカリストとして自分の位置づけがほしくて、
定まったバンドを持っていたわけではなかったので
企画バンドや、ゲストボーカルやらで、いろいろな方たちと組ませてもらってたんだけど

歌は歌いたいけど、自分が歌いたい歌ってなんだろうって
ずっと模索してた

カバー曲というのは、自分がボーカリストとして確立して、いろいろなステージで歌ってきてから
言えることであって、その頃はただ「あり物」としての既成曲を歌うことに
抵抗を感じはじめていた頃でもあったのよね

あり物の歌は、カラオケで歌えばいいことであって
わざわざバンドを組んで歌うものなんだろうかって思ってたしね

最近は、トリュビュートバンドの活動も盛況だし、皆真剣にやってるし
それは素晴らしいことだと今は思えるけど

私自身はトリュビュートバンドのボーカリストになりたいわけでもなく
カバー曲だけを歌うシンガーになりたいわけでもなかったわけだから

13年前に、Sonja-Blueのボーカルをやってみないかとの声をかけてもらった時は
ほんとに嬉しかったshine

豚館こと中嶋洋平くんの創る、ちょっと捻りのあるお洒落なメロディやサウンドが
とても好きで、しかもオリジナル曲だから、私が表現したいように歌えばいいので
伸び伸びできたし、私がしたかったのはこれだ!って確信できたのよねshine

組んでいたのは1年弱だったけど、LIVEも何回かあったし充実してたなぁhappy01

ところか、とある事情で活動が休止になってしまって。。

オリジナル曲に目覚めていた私は、Sonja-Blueに同じ時期に加入した
ギターのくどう氏を誘って、Misty Blueを結成したのよね

そして、こうやって月日が流れたあと、当時の作品をレコーディングすることに
なってようやく完成したRainという曲。

梅雨になる前に完成してよかったheart01

よかったら聴いてくださいねnote


これはギターバージョンだけど、ピアノバージョンも今制作中ですnotes

下記の写真は13年前の私たち
やっぱり若いわぁ~~bleah

Snap20101213_21_47_46


Snap20101213_21_54_38

現在Sonja-Blue、はAcoちゃんというボーカリストを迎えて活動中です。

私たちの制作したものはSonja-Blue2というプロジェクトです^^

| | Comments (0)
|

May 14, 2013

クロマチックハーモニカ奏者 南里沙ちゃん

彼女に出会うまで、クロマチックハーモニカという楽器の存在を知らなかったのよねsweat01

ハーモニカといえば、子供の頃音楽の授業でちょっと吹いたことがある程度で
基本的に肺活量があまり無いからなのか、笛とかリコーダーとか
吹く楽器には、あまり興味がなかったし

今回、ふじ丸の屋久島クルーズで、クロマチックハーモニカ奏者が乗るというお話しをきいて
しかも、若くて可愛くて人柄も素敵な女の子だとのことで

会うのをとても楽しみにしていたのでしたheart01

前乗りで宿泊した姫路のホテルのロビーで初めてお会いした印象は
とても感じのいい育ちのいいお嬢さんという雰囲気で
誰にでも好かれるオーラはたっぷりと放っておられましたshine

そしてクルーズ初日の夜、初めての演奏を聴いたとき

クロマチックハーモニカの美しい音色と、それを奏でる美しい里沙ちゃんに
一瞬で心を奪われてしまいました。

今まで聴いたことのあるハーモニカの音色ではなく、バイオリンのような弦楽器のような
でも歌声にも聴こえてくるような不思議な感覚で

バックで演奏しているミュージシャンたちも、どことなく楽しそうで
皆酔いしれてる感じで

聴いていたお客様たちも、皆うっとりと聴き入っていて

とにかく素敵な空気に包まれていくのがわかるんですよねheart01

クロマチックハーモニカという、ちょっと珍しい楽器と

若くて美しい女性の演奏者というのも話題になっていくだろうし

きっとブレイクすること間違いなし!です

5/22にファーストアルバム「Mint Tea」でメジャーデビューするので、
是非買ってくださいheart04
そのうちメディアにもたくさん登場してくると思うので、南里沙ちゃんというお名前を
しっかり覚えて、是非クロマチックハーモニカの美しい音色に触れてみてくださいねnote

南里沙ちゃんのオフィシャルHPはこちら

20130502_225


20130503_433


| | Comments (2)
|

May 06, 2013

さよなら「ふじ丸」屋久島クルーズ

昨年夏の小笠原クルーズに引き続き、屋久島クルーズのイベントスタッフに20130503_343

呼んで頂きました。

睡眠時間がとても短く、体力的には結構ハードなのですが、
今回も魅力的な方々に出逢えてとてもいい経験をさせて頂きました。

日本には豪華客船と言われる船が4艘しかないとのことで
その中の1艘の「ふじ丸」が今年の6月で引退するとのことで
今回の屋久島は、私たちにとってラストクルーズになりました。

もう10年以上も乗船しているスタッフも何人かいるのですが、
長年住み慣れた家を離れるような気持ちになったでしょうね・・

さて屋久島は、365日のうち370日、一か月のうち35日、雨が降るなどと
言われる程雨が多い所だそうですが、雨の心配など全く無いほど
好天に恵まれました。

船の揺れもほとんど無くて、屋久島に入港したことさえ気づかないほどでした(笑)

樹齢7200年の縄文杉で有名ですが、そこまで行く時間は無くて
ヤクスギランドという所に連れていって頂いて、1000年以上もの
日本の歴史を見てきた杉たちに出逢って、パワーをたくさんもらいました。

20130503_294


20130503_321


20130503_316


20130503_335


初めてシカ肉のたたきも頂きました。
味は、ローシトビーフみたいな感じだったかなぁ

20130503_339


船内のイベントはマジックショー、ものまねショー、ナイトミュージック、カジノ、似顔絵、
カラオケ大会、フラダンス等もりだくさんの内容で、お客様を飽きさせないように組み込まれていて
私はそちらの方のお手伝いをさせて頂きました。
写真は最近ではFacebookの方にアップすることが多くて
そちらの方が便利なこともあり、もしさしつかえなければ、
そちらの方に承認依頼にいらして頂けたら幸いですhappy01

もうじきメジャーデビューする今回出逢ったクロマチックハーモニカの南里沙ちゃんのことも
またゆっくり書きたいと思います。

| | Comments (2)
|

« April 2013 | Main | June 2013 »