« September 2011 | Main | November 2011 »

October 2011

October 30, 2011

他愛のないコトあれこれ

今日は大阪マラソンでしたね。
約3万人のランナーたちが走ったそうです。
お天気は途中からあいにくの雨・・rain
走った方、応援された方、お疲れさまでした^^

昨日は、お友達のkayoさん主催のアロマヨガに参加してきました。
kayoさんは、作詞等でお世話になっているのだけど、実は、英語が堪能だったり
ヨガインストラクターの資格を持っていたり、多才な方です。

ヨガは、職場の福利厚生で今年の3月まで月2回程やっていたのだけど
無くなってしまってから、やりたいなぁとずっと思っていたのでした。

そんな時、kayoさんから月1回程大阪市内でヨガレッスンをやってるとのお知らせを頂き
参加させていただきました。
アロマの香りを感じながら、久々に身体がほぐれてリラックスできましたclover

道すがら立ち寄った文具店で見つけたBarbieグッズ。
お人形とかには、あまり興味はないのだけど、こ~いった類のイラストが
大好きで、思わず衝動買いしてしまいました。Img_2085

ほんとはスケジュール表が欲しかったのだけど、完売してました。weep

LIVEに向けてのスケジュールを組みながら、他のことも勿論楽しんでます。
図書館に予約していた『プリンセス・トヨトミ』がようやく来たので
それも読み始めました。
映画は観てないけど、本の方が面白いと聞いたので、まず本から読みたくてね。

ちょうど大河ドラマ『江』も見てるし、大阪城のことがいろいろ書いてあるらしいので
楽しみなのよね~heart04

| | Comments (4)
|

October 26, 2011

入魂のフライヤー

12月18日に行うクリスマスLIVEのフライヤーが印刷屋さんからあがってきました。

今回は久々に私がLIVE企画をしたので、自分たちのモチベーションを上げることと、
お店を貸し切るのでたくさんのお客様に来ていただくために、
フライヤーを自分で作ろうと思ったのでした。

4月にオペラ歌手のオスカルちゃんとレストランLIVEをしたときは
お店の店長さんがとても素敵なフライヤーを作ってくださったこともあり、
プロが使うイラストレーターというソフトじゃなくても
ワードでも作れるという情報もあったので、今回フライヤー制作に初挑戦してみました。

今までワードは文字を打ったり、簡単なイラストを載せたりすることしか
やったことなかったけど、POP・DM・ちらしBookという本を買って
いろいろな機能を使うことを覚えて、試行錯誤しながら研究しました。

制作過程を、共演者にファイル添付して確認してもらったり
デザインに詳しい方から、アドバイスをいろいろもらったりしながら
数週間かけて、ようやく完成しました。

印刷はネットで見つけた良品印冊というところに依頼しました。
運よく今月キャンペーン期間中だったり、初めての人には割引があったりと
なかなか良心的な所で助かりました。

自分でも結構満足してます。

LIVEまで、しなければいけないことがいろいろあって
既に私の中では師走気分・・

今後もLIVEまで時々LIVE宣伝アナウンスがあると思いますが
いいLIVEにしたいので、是非、是非いらしてくださいねsign03

20111218frier1

| | Comments (2)
|

October 24, 2011

『Smile』イメージPV

EMIKOのセカンドジャズ『Smile』が完成したときに、私の頭の中に
出来上がったイメージを、ようやく創ることができました。

●自分を素材
●海をイメージ
●友人たちの笑顔

この3つを取り入れたものを創りたかったのです。

映像に関しては、まだまだ未熟だけど、映像が入ることによって
音楽のイメージがさらに膨らむので、これからも映像の勉強も
続けようと思っています。



| | Comments (4)
|

October 23, 2011

バースディ&チャリティLIVEに参加♪

久々に三ノ宮の『Happy Laura』で歌ってきました。

今回のLIVEは、tetsuさんの音楽仲間のごうさんという方の
バースディと東日本大震災の募金を兼ねたチャリティLIVEで
5~6組程の方たちが出演しました。

昨日は、あいにくの大雨で・・rain

私は比較的、晴れ女なのだけど、tetsuさんが、ご自分で
「ボクは雨男」と言ってたので、そのせいかなぁ(笑)
そういえば、先月の京都での初LIVEは台風だったしなぁtyphoon

でも、雨にも負けず会場は大賑わいでした^^

tetsuさんの体調のことも考えて、1番目のオープニングアクトを
やらせていただきました。

今回用意した曲は4曲程。
12月のLIVEでも歌いたいと思っているものを選曲しました。

★セットリスト

1 宝物
2 あなたに会いたい
3 LOVE~運命の出会い~
4 Rock'n Rouge

『あなたに会いたい』はkayoさん作詞、tetsuさん作曲の作品で
元々、kayoさんご本人が歌う予定だったものですが、
kayoさんから、是非私に歌ってほしいとのご依頼があって
今回歌わせていただくことになりました。
せつない女心を歌ったものです。

『LOVE~運命の出会い~』

千葉在住の星野美咲さん作詞、tetsuさん作曲の作品。
結婚式などに合う感じのものでLIVEでは、もう何回か歌わせていただいてます。

今回初試みとして、聖子ちゃんの『Rock'n Rouge』にピアノ1本で挑戦sign03

バラード作品を歌うことが多いものの、ポップな作品のレパートリーが
あまりないので選んでみました^^

急遽自分でちょっとした振付も考えましたhappy02

でも、マイクのコードのことを考えていなかったので、手がコードに
絡まってね~sweat01

来てくれた友人からは、評判がよかったので、またやってみようかなと
思ってます^^

私が振付付きで歌うことは、ここ10年程皆無だったので、自分でも
ちょっと新鮮で楽しい時間でしたheart04

Happy Lauraさんで過去に出演したときのLIVEレポートも、
久々に読み返してみました。

2003/11/22

2009/12/12

もう少し近ければ、もっと足を運びたい雰囲気のアットホームなお店ですnote

Img_2079


Happyroller1


Img_2084


| | Comments (2)
|

October 16, 2011

オペラ 『ねじの回転』

大阪音楽大学のカレッジオペラハウスで上演された『ねじの回転』という
オペラを観てきました。

今までにみた『フィガロの結婚』や『ドン・ジョバンニ』等は、とても親しみやすい
オペラだけど、今回の『ねじの回転』は、ちょっと変わった感じのものでした。

ヘンリー・ジェイムスの中編小説を元にベンジャミン・ブリテンが1954年に
作曲した2幕からなるオペラ。
オペラにしたら、比較的新しい時代の作品かもしれません。

深層心理という意識下の世界について考えたことってありますか?

よく霊が見えたり、何か感じたりする人っていますよね。
いわゆる霊感っていうもの。

私にはそういうものがないので、怖い話を聞いてもそんなに怖いと
思ったことがあまりないというか。

好奇心旺盛なので、霊とかも見れるものなら見てみたいし、会ってみたいとも
思うのだけど。

今回のオペラはそういった深層心理について描かれた作品で
登場人物も7名ととても少なくて、結構シリアスな感じでした。

あらすじはこちら

作品としては、かなり奥の深いものなので、小説を読んでから観た方が
より理解できたのではないかなと思いました。

あぁ~芸術の秋してるなぁhappy01

| | Comments (2)
|

October 11, 2011

ポエムな秋

四季があることは、とても素敵なことだと思う。
季節の変わり目・・特に秋になると誰しもが詩人のような気分になるような
気もするけど、どうなのかな?

『芸術の秋』とは、よく言ったものだなと思うしね。

何かを創造するわけでもない自然の力が、まさに秋になると
芸術に見えてくるのが不思議。

そんな折、久々に詩を書きました。
詞ではなくポエムの詩ね。
詞も今、思案中だけどね^^

秋想いImg_2068


タイトルは『思秋期』にしたかったけど、岩崎宏美さんの超有名な曲があるしね。
それに近い言葉を探して、ふと浮かんだタイトルです。

言葉あそびではないけど、いろんな意味が実は入ってます。

音楽、読書等、秋にまつわるキーワードみたいなものを含ませて
私の感じるものと、皆誰しもが、年の瀬の近づく秋という季節だからこそ
感じるものと、いろいろとね。

でも、解釈なんて何でもいいんです。

昔の国語の授業みたいに、作家の意図は?なんて問いかけたくないし。

あの頃は、どうして作者の意図を第三者がいろいろ考えないと
いけないのかと思っていたのよね。

解釈は人それぞれでいいんじゃないかって思うから。

久々に詩を書いて、自分のサイトに載せるのに、自分の書いた詩を
久々に読み返してみたら

2007年に14編もの詩を書いてたことに改めて気づいた。

そう、最愛の父を亡くした年・・
ほんとに悲しい年だったから、何か表現したかったんだと思う。

鮎ちゃんのピアノや真琴さんのお写真には、ほんとにお世話になったなぁ。。
改めて感謝ですheart04

私の昔の詩のページはこちら

あなたが感じる秋はどんな秋ですか?

| | Comments (8)
|

October 04, 2011

Second JazzはSmileで(*^_^*)

ジャズを歌うことに憧れはあるものの、なかなか歌う機会もなかったのだけど、

6月に大好きなMistyを歌ったのが私のFirst Jazz。
まるでファーストキスみたいな響きだけど~lovely

そしてSecond Jazzはモダンタイムスの映画で有名なCharles Chaplinの
Smile

神戸在住の音楽プロデューサーAkey氏のおかげで、素敵な曲に出会うことが
できました。

まさか2曲目があると思っていなかったけど、私に合うのではないかと
言っていただきました。

Akey氏は、ちょっとうらびれたような酒場で、けだるく歌ってるようなイメージで
とのことで、本番の時にお酒飲んでみたら?などと言われたのですが

LIVE前にも絶対飲まない私が、レコーディングで飲むなんてありえなくて・・

でもレコーディング前日にかなりビールを飲んだので
ちょっぴりハスキーなけだるいイメージにできたのではないかと思うのですが
如何でしょうか?

ジャズにはまだ不慣れなので、歌い方もよくわからないのだけど

語りかけるような感じで歌うと、それなりの雰囲気が出るとのことで
そういったことを意識して歌ってみました。

いざ仕上がってみると、

Akey氏曰く

場末の酒場というより、アジアの海岸にぽつんとあるバーのような感じに
なったね・・とのこと。

聴く人それぞれ、何かを感じてくれるような歌い方ができたらいいなと思います。

ジャズのレパートリーが10曲程になれば、私もジャズシンガーになれるかなぁ。。
あくまでも、イージーリスニング的なソフトジャズ、カフェジャズみたいな感じの
ジャズを目指してますheart04

試聴はこちら

この作品ができたときから、PVのイメージが頭の中を駆け巡ってるので
それを形にできたら、また改めて公開しますね。

Emikosmile3


| | Comments (6)
|

October 02, 2011

チック・コリア Return to forever

久々に上質の音楽を生で聴いてきたという感じnote

チック・コリアという名前はずいぶん前から知ってたけれど
あの『スペイン』という曲が一世風靡してから、気になるアーティストでは
あったのよね。

それを一度生で聴いてみたいって思っていたので、夢がかないました。

日本人がこの曲を好きだということは彼等も知ってるらしく、セットリストは
予想通りラストでした。

でもね~すごく期待が大きすぎたせいか、『スペイン』に関しては
消化不良というか欲求不満なままだったかなぁ。。

アレンジもすごく変わってたし、途中からチックがピアノを弾いたメロを
追いかけて観客も歌うというようなサービスをしてくれたわけだけど

その分、彼等が弾いた時間がすごく短かったような気がして。

あの何ともいえない速弾きユニゾンを、何度も何度も繰りかえし聴きたかったのにぃ~~

他の曲は、ほとんど知らない曲だったけど、元々フュージョンが好きだったので
メンバーそれぞれの技術を堪能できたことは大満足。

それぞれ皆そこそこ高齢なのに、ミュージシャンってどうしてあんなに若く見えるんだろう。。

2階席だったのだけど、ドラムがよく見える位置で、初めてドラムさばきも見れたけど
ドラマーのレニー・ホワイト、61歳には見えなかったなぁ。。
どう見ても30~40代に見えたわ。

ベースのスタンリー・クラークも後半はウッドベースをまるで打楽器のように
扱って、彼も60歳には見えなかったなぁ。。

チック・コリアは70歳だというしね~
音楽は何歳になってもできるという証だよね。

今回のReturn to Foreverという名前は、Img_2031

70年代に結成されてから、解散、再結成を何度か繰り返された
バンド名なんですって。
同名タイトルの曲もあるのだけどね。

今回は、バイオリン、ギターもフューチャーしたクィンテットでのLIVE。

クラシック・ロック・ジャズ・・いろんな要素が入り混じっていて
ひとつのジャンルに決めれないところが魅力のひとつでもあるなぁと思うのよね。

いち早く、芸術の秋を堪能した1日でしたheart04

| | Comments (2)
|

« September 2011 | Main | November 2011 »