« Memorial Day | Main | 寒中お見舞い申し上げます。 »

January 22, 2011

久々に読書しましたbook5101n0fqmql__sl500_aa300_


今まであまり興味がなかった辻仁成氏の自叙伝的小説の『刀』。
彼の作品は『冷静と情熱の間』と芥川賞をとった『海峡の光』しか
読んだことなかったんだけど、この作品、結構面白かったわ。

というのも、彼の3回の結婚のうち、ふたりは有名な女優さんで
名前は変えてあっても、おそらく彼女たちのことであろうことが
わかるような記述もあるので、ちょっぴり暴露本的要素があったからかも。
私もミーハーだなぁ・・bleah

それにしても、この辻仁成という人、作家だけではなく、ロックミュージシャン、詩人、
映画監督と多才な人みたいで、すごいよね。

彼の作る音楽とか映画は全く知らないけど、文才は彼独特の文体、
表現力を持っていると思ったわ。
『刀』の中に時折出てくる詩の表現力もなかなか素晴らしかった。

こういうたくさんの才能に恵まれてる人の頭の中はいったいどうなってるんだろう。
フツーの生活には満足できないんじゃないかな。

この本を書いた頃は、贅沢なことは捨てて、妻の中山美穂とパリで静かに暮らす生活などが
織り込まれてたけど、いつか不満がつのって爆発しちゃうんじゃないかな・・
な~んて、大きなお世話だよねsweat01

これほどまでに自分の私生活を小説風に書く作家も珍しいので
あと何冊か彼の作品を読んでみたいと思いました^^

|
|

« Memorial Day | Main | 寒中お見舞い申し上げます。 »

「Poem、小説」カテゴリの記事

Comments

>あこちゃん

へぇ~小説の方がすごかったんだ。。
いわゆる官能小説って感じ??bleah

妻にああいった映画の主演を勧めるっていうだけで、庶民的感覚と違うよね~
芸術家ならではですsign01

Posted by: EMIKO | January 25, 2011 at 08:53 PM

DVDも観たけど小説の方がすごかったlovely

はじめての辻作品だったので、どういう方なのか気になったわ

奥さんに勧めたんですか~?!
初耳でしたw(゚o゚)w

Posted by: あこ | January 24, 2011 at 10:08 PM

>あこちゃん

こんにちは☆
『サヨナライツカ』はみぽりん主演の映画に
なったよね~WOWOWで見たけど
すごい官能的な映画だったわぁ。。
あの映画の監督だったわけじゃないけど、みぽりんにあの役を薦めたのは、辻仁成だっていうから
やっぱりフツーの人とは違うなぁって
思ったわ^^

Posted by: EMIKO | January 23, 2011 at 04:44 PM

こんばんわ~~
サヨナラいつか しか読んだことないです

TVのトークショーに出演してた時、多彩な人だなって思いました

今度もう一冊読んでみますね

Posted by: あこ | January 22, 2011 at 11:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Memorial Day | Main | 寒中お見舞い申し上げます。 »