« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

October 31, 2010

オトナ顔負け

ジャズっぽい作品も,、少しはレパートリーがあった方がいいと思い
ちょっとばかり練習したりしてるのですが、

ある方から大人顔負けのジャズシンガーを教えていただきました。

カナダ出身のRenee Olstead 1989年生まれ

私が大好きな音楽プロデューサー、David Fosterも
大絶賛だという彼等の貴重な画像を入手しました。

『Someone To Watch Over Me』
これを歌ってるときは現役女子高生だって信じられないくらい
色っぽいんだけど。。
彼女が30歳くらいになったら、いったいどうなってるんでしょう・・

| | Comments (7)
|

October 30, 2010

未確認飛行物体??

昨夜の夜空を見た方、いらっしゃいませんか?
何とも不思議なものを見たのです。

写真では、なかなかわかりにくいかもしれないけど、
雲でも、星でもない形のものが、いくつか点在していて。

まるで、何かが空に反射してるような・・
夜空に反射ってあるのでしょうか?

まるでUFOが何か形を残していったような・・
台風が来る前の何かの現象なんでしょうか。。

これが何だかわかる人がいたら
是非教えてください~~!!
Img_1676_2


| | Comments (6)
|

October 25, 2010

家族旅行

先月喜寿を迎えた義父のお祝いに、義妹家族たちも一緒に淡路島へ
一泊旅行をしてきました。

私の父は3年前に他界してしまったので、義父をこうやって皆でお祝いできるのは
とても嬉しいことだし、私の父の分まで義父には元気で長生きしてもらいたいなと
思います。

淡路島は明石大橋が出来てから、交通も便利になったのに
家族で遠出することもほとんど無くなってしまっていたので
久々に子供の頃の遠足気分のようにウキウキしてしまいました。

大阪から約2時間ほどで着くので、結構近いのことにびっくり
したりして。

旅行の内容はこちらに書いたので
よかったら覗いてみてね^^

| | Comments (2)
|

October 20, 2010

せつないキモチ

キンモクセイの香りが漂いはじめたり、日が傾くのが早くなったり
空が高くなって秋を感じはじめた頃、なぜだかキュンとせつないキモチに
なってしまうのは何故なんだろう。。

「せつない」感覚というのは、子供にはないそうで、経験を重ねていくオトナに
しかないことらしいのだけど

「せつない」という言葉を英語の辞書を引いても
「つらい」とか「悲しい」とかっていう意味しか出てこないのよね。

寂しい、悲しい、辛い・・いろいろな意味を含んだ表現だよね。
英語を話す国の方たちも
同じ人間だから、日本人が感じるキモチと同じなんだろうと思うけれど。

随分前にある男友達が言ってたのだけれど

寂しいとかせつない感情は、悲しいことよりも辛いから
そんなときは、自分を客観的に見るようにして
そんな状態でいることを、楽しもうとするようにしてるって。

それを聞いてから、私もそんなキモチになったら詩や詞を書いたり
しようって結構前向きになれるようになったっけ・・

正直なところ、最近の私はそういった切ない気持ちも
一瞬感じるものの、他のことを考えると薄れていったりして
全然芸術的じゃないんだけどsweat01

さて、どちらかというと春向きかもしれないけど
以前My Soundにアップしていた作品をMusic Track
アップしてみました。

| | Comments (0)
|

October 18, 2010

レーシック 1ヶ月検診

早いもので、レーシック手術から1ヶ月が過ぎたので、1ヶ月検診にいってきました。
私がお世話になった神戸クリニックさんは、アフターケア全て無料で診ていただけます^^
勿論、ドライアイ等の目薬も無料です。

視力検査は1.5の視力で、目のデータも正確、角膜も結膜もとても綺麗だと
言われました。

視力検査の時、赤の緑とどちらが見やすいかという検査も
今まで(近視のとき)赤が見やすかったけど
今は両方同じ感じで見えていて

「綺麗なほどに完全に正視ですね~」

と言われました^^

レーシックの威力は、ほんとにすごいです。

まだ少々ドライアイ気味なので、涙の成分でできているソフトサンティア
(クリニックから無料で頂いているもの)を時々さしていますが

視力はとても快適だし、ハードコンタクトのあのコロコロ感とも
すっかり縁が切れて

裸眼で視力のいい自分にも、慣れてきた感じです。

10年先のことはわからないけど
10年前にこの手術があったら、絶対受けてると思います^^

超快適で幸せ~!!(言っておきますがクリニックの回し者ではありませんよ~(*^_^*))

| | Comments (2)
|

October 14, 2010

敬愛するあのお方が。。

昨夜のNHKのSONGSをご覧になった方いらっしゃいますか~?

あわや見損ねるところだったけど、学生時代に一緒にバンドを組んでいた
メンバーから「もうすぐ始まるSONGS、見れたら見てね~」というメールが届いて

お風呂に入ってたものだから、メールに気づいたのが23時ちょっと過ぎていて
最初の部分が見れなかったのだけど

私が歌を歌いたいと思い、バンドを組みたいと思う礎になった
その方が、久々に日本のTVに出演したのです。

その人の名は 私が敬愛してやまない

八神純子サマJunko1


私は勝手に師匠と呼んでるのだけど、結婚後渡米してから
日本では時々LIVEしてくれてたのだけど、ここのところ何年も
LIVEツアーをしてくれなくて、ほんとに寂しい思いをしてたのよね~

久々に見た純子師匠の歌声は、昔と全く変わることのない
深みのある美しい歌声で、ほろ酔い気分にも似た感覚を味わい
その時間ずっと釘付け状態でした。

結婚後にがらっと曲の雰囲気が変わってしまったけど
私は断然初期の頃の作品が大好き。

「みずいろの雨」「想い出のスクリーン」「思い出は美しすぎて」等

今回「想い出のスクリーン」はボサバージョンでしっとりと
歌っていて素敵でした。
でも、オリジナルバージョンのベースはかなりカッコよくて
好きなんだけどね。

ここ最近、私の過去を少々暴露気味なんだけど
学生時代は、八神純子作品のコピーバンドを女性ばかりで
組んでいたのです。

今から10年程前、私が企画したミレニアムLIVEで
久々にその学生時代のメンバーと束の間、再結成した時の
写真が出てきました。
やっぱり若いよね・・私^^

Ripplelive


| | Comments (7)
|

October 13, 2010

あっぱれ!OJS48

AKB48に続けとばかりに、敏腕プロデューサーの秋元康氏が、50代以上限定
オーディションを開催して、生まれたというOJS48は
元大阪府警のOBから成るおじさまグループらしいのだけど、
この年になって表舞台に出れるなんて夢のようだと
皆はりきってるのだそう^^

OJS(おじさん)があるのなら、OBS(おばさん)も
そのうち出てくるよね??
私も50歳を過ぎたら、オーディションに応募してみようかな・・
あ、でもやっぱり その他大勢は嫌だから無理かぁ(笑)

日本って若者中心の世の中じゃない?
メディアが更にそれをあおるから、若者に受けるものをマーケットも考えたり
するのだろうけど、

消費意欲が高いのは、断然アラフォー世代からだと思うのよね。
最近でこそ、私たち世代の雑誌とかも増えてきたけど

まだまだ街中のショップは若者向けだったりして
大人が行くお店は少ないような気がするのよね。

こんなにエネルギッシュなミドル世代たちが、もっともっと
受けるモノを創って売ってくれたら
経済効果も上がると思うのだけどね^^

| | Comments (0)
|

October 11, 2010

お酒様・・という風習に

東京出身の新郎と大阪出身の新婦の結婚式では、招待客のノリが全く違って
結構大変だという話を聞いたことがあったのだけど、
そういったカップルの方、面白い話があったら、是非聞かせて~~

私は知っての通り大阪在住は長いものの
育ちは大阪、関東、宮崎と様々なので、
生粋の大阪人ではないのだけど

私の夫は生まれも育ちも生粋の大阪人。

私たちの結婚式も、思い出せばすごいお祝いのプレゼントをしていただいて・・

と、いうのも

夫の同期たちが、上半身裸になって、白いネクタイの鉢巻を締めて
下半身は白い短パンで、勿論全員裸足で、お酒の一升瓶を持って
新郎の前までゾロゾロと列を作ってやってきて

まるで応援団長のような勇ましい掛け声で

「お酒さまにおん奉り候!」と言って、一升瓶を回し飲みし
「置いたらアカン 置いたらアカン」と手拍子をして
新郎に最後、イッキに飲ませるというもの。

お酒の弱い人は、救急車で運ばれたこともあるというから
ちょっと危険な部分もあるのだけど、
これは、私と夫が当時所属していた会社の若者たちの
風習みたいなもので、今もそれが引き継がれているのか
定かではないけれど

私は当時結婚式にこのイベントをやるのは嫌だと大反対をして、大泣きをしたのだけど
夫は「大阪人にとっては最高のお祝いなんや」と言って
うまく言いくるめられて
実行したのでした。。

結果は、男らしくてカッコイイと結構評判もよくて
さすがに私の友人たちは、目が点になっていたようだけど
両家の親戚にはとてもウケがよかったので
まぁ結果オーライなんだけどね。

結婚シーズンの秋。
最近はどんな結婚式が主流なのかなぁ

| | Comments (2)
|

October 10, 2010

グランマNOA LIVE

tetsuさんが参加しているツイン女性ボーカルユニット、グランマNOAのLIVEに
行ってきました。
tetsuさんは今回事情があって出演できなかったのだけど、
間際に制作されたというオケを使ってのステージでしたが、
とても楽しいLIVEでした。

場所は北浜にあるフェアリーというお店で、感じのいい素敵なお店で
大阪市内にも探せば、結構いいLIVEハウスがあるんだなと思いました^^
名前は聞いたことあったんだけど、行ったのは初めて。

2マンステージで、一組1時間程あって、NOAさんは約10曲程、もしかしたら
それ以上歌われていたと思うのだけど、振り付けがあったり、衣装代えがあったり、
途中で10月生まれのお客様にプレゼントを配ったり、帰りに手作りのケーキを
配ってくれたりと、エンターティメント性がとても優れていて、
すごいなぁと感心してしまいました。

正直なところ、全曲カバー曲ばかりっていうのは、どんな感じなんだろうって
思ってたのだけど、私がしばらく忘れていた魅せるステージ
演出してくれたので、とても刺激になりました。

カラオケを人前で歌うことって、どこか自己満足な感じがして、私自身付き合い以外で
行くことは、殆どないのだけれど、彼女たちのようなパフォーマンスは
あり!って思いました。

実は私もその昔、Misty Blueを結成する前はいろいろな企画バンドのLIVEを
したことがあって、NOAさんに近いパフォーマンスLIVEをしたことがあるのです。
ピンクレディー、山本リンダ、山下久美子、レベッカ等の曲を、ロック系の某女性ボーカリストと
ツインで歌ったり、ソロで歌ったりして、衣装は色違いのビキニ、バスローブ、網タイツのショートパンツ等
それはそれは過激なスタイルで、今思い出すと恥ずかしくて
消してしまいたい過去ですが、当時はエンターティメント的なことばかり
頭にあったんですよね。

当時は動画サイトやデジカメが無かったので、私の過去を誰にも知られずに済むと
思っていたら、あわや流出しかけたことがあって必死で止めたっけ。。

今は、ネットでMisty Blueを知ってくださる方もいらっしゃるので、
できるだけイメージを大切にしたい思い、パフォーマンスLIVEはしなくなったのだけどね^^

でもNOAさんたちの人を楽しませることを一番に考えて歌っているプロ意識は
私も改めて見直さなければいけないなと思いました。

選曲は、ユーミン等のニューミュージック系、アニメソング、いきものがかり等の最近の
作品などバラエティに富んでいて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

こうやって生き生きと輝いている同じ世代の女性ボーカリストに出会うと
私も元気がもらえて幸せな気分になりましたheart04

Img_1619


Img_1620_3

| | Comments (4)
|

October 09, 2010

かかと

女優の木村多江さんの書き下ろし、エッセイ集。31yxgodflwl__aa300_


いつの頃からか、ちょっと気になる女優さんだったのよね。
お酒のCMを見て最近、色っぽくて磨きがかかってきた人だなって。

黒木瞳さんみたいに、彼女も大器晩成型でこれから、どんどん
大輪の花を咲かせる女優さんになっていくと思う^^

このエッセイは、1時間もあれば読めてしまう短いものだけど、
彼女のコンプレックスに思っていたことや、
女優として頑張りながらも、女性として人間としての生活、
気持ちを忘れないように、ココロの努力をしている様が
垣間見れるようなコトが凝縮されてます。

私は忙しくなると、いっぱいいっぱいになってしまって
自分のことしか考えられなくなってしまうけど
忙しい生活の中で、ちゃんと冷静にモノを考えられる人に
ならないといけないよなぁ。。って思います。

もう十分に大人の年齢なのに、なかなか成長できない自分に
ちょっと葉っぱをかけてもらえたかな・・って思います^^

| | Comments (2)
|

October 07, 2010

男の鏡

数日前の事件・・15歳の彼女を庇って刺殺されてしまった16歳の少年。

変質者なのか精神異常者なのか、もしくは恨みをもった犯行なのか
詳細はわからないけど、新聞やTVニュースの報道によると
異変に気づいたその少年は、彼女を守るために「逃げろ!」と叫んで
犠牲になったとか。

なんて男らしい素晴らしい若者だったのかと思うと
その命が惜しまれてならない。

最近では、草食系だの男らしくないだの、いろいろ悪く言われまくってる
この時代に、ちゃんとこうやって女性を守ろうとする男子がいることに
感動するとともに、こんないい子が何故・・と悲しみでいっぱいになった。

逃げて無事だった彼女も、一生心の中に何か重いものを背負って生きていくのだろうけど・・

もう10年以上前の映画になってしまった『タイタニック』
後半でレオナルド・ディカプリオがケイト・ウィンスレットを守るために
自ら冷たい海の中へ消えていくシーン・・
悲しくてたまらなかったけど、守ってもらった方は、一生その思いを
背負っていくことになるわけで・・

でも、いざという時に、人の本性が出るものなんだよね。
阪神大震災の時に、伴侶がどんな対応をとったかで
その後の夫婦関係がうまくいってるのか決まると言われてるくらいだからね。

短い人生だったその英雄のような少年。
生まれかわったら、きっともっといい人生であることを祈りながら
ご冥福を祈りたいと思います。

| | Comments (0)
|

October 04, 2010

悪人

妻夫木くんが主演の『悪人』見てきました。
315x210

吉田修一氏の原作は、ずいぶん前に読んだことがあったけど
結構重たい内容だったのよね。
出会い系サイトで知り合った女性に、バカにされてかっとなって
殺人を犯してしまって、どうしようもなくなっていく青年というか少年が
これがまた出会い系サイトで知り合った別の女性と共に
逃亡を続けるっていうストーリーなんだけど。

妻夫木くんが自ら志願して、そういった汚れ役に挑戦したというから
ファンのひとりなら、見なければって思って見たけど~

う~ん・・何だかやっぱり妻夫木くんが一生懸命熱演してるのはわかるのだけど、
妻夫木くんの爽やかさがどこかに出てるような気がして
無理してるように見えて仕方なくて、まるで親のような気持ちになってしまいました。

そういう汚れ役に挑戦するには、もう少し年齢を重ねてからでも
遅くないと思うんだけどな。

その昔、トム・クルーズが爽やかなイメージを払拭して
「7月4日に生まれて」という映画に挑戦したときも、
まだ機が熟してないような気がしたことを思い出したりしてね。

若くても、すごくはまる役者さんもたくさんいると思うけど、
爽やかなイメージの美男子系にとっては難しいところなんだろうなぁ

カッコイイ役ばかりするのも、確かに役者としてはつまらないんだろうけど。

モントリオール映画祭で主演女優賞をとった深津絵里ちゃんは確かに
いい演技をしてました。
何の変化も起こらない田舎の片隅で、仕事をしてまっすぐ家に帰るだけの
悶々とした生活を送っている若い女性を好演していたと思います。
外国人にも、そういった演技が伝わるんだ・・って思いました。

でも、私の中で一番演技派だったのは樹木希林だと思いました。
ああいうお婆さん、ほんとにいるよなぁと思えるしぐさだったり
雰囲気だったり。
さすがにキャリアを積んでるだけのことはあるなって思いました。
私は彼女に特別賞をあげたい気分です。

「悪人」のオフィシャルサイトは
こちら

| | Comments (2)
|

« September 2010 | Main | November 2010 »