« 飛び入りLIVE | Main | 研修 »

August 31, 2010

8月に読んだ本 (覚書)

明日から9月だというのに、まだまだ残暑厳しいですね。
夏は好きな方だけど、さすがにこの暑さにも少し飽きてきました。

8月は仕事もシフト制になるので、結構時間にも余裕があったので、
本はいろいろと読みました。

あくまでも個人的な覚書ですが。。

「運命の人」1~4巻 山崎豊子 著

1~3巻は、だいぶ前に読んでいたのだけど、ようやく第4巻を読むことができました。

これは西山事件というものを題材にした社会派作品。

西山事件というものを知らなかったので、ウィキペデアを参照してみると・・

西山事件(にしやまじけん)とは、1971年の沖縄返還協定にからみ、取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となった事件。別名、沖縄密約事件(おきなわみつやくじけん)、外務省機密漏洩事件(がいむしょうきみつろうえいじけん)。

昔はスクープをとるために新聞記者も命がけだったのに、最近の新聞は大スクープもなくて
あまり面白くない気もするなぁ・・
山崎豊子さんの作品は、ほんと読み応えあります。

51vqizeottl_bo2204203200_pisitbstic


「告白」 湊かなえ 著

映画にもなった話題作。

子供を殺された教師が、犯人である自分の生徒を復讐する・・

それぞれの登場人物側からの心理状態が描かれていて、
いっきにページをめくってしまう面白さです。
でも、内容はとても重くて、読後感は爽やかというわけにはいかないけど。

41djjdvl2sl_bo2204203200_pisitbstic


「ヘヴン」 川上未映子 著

彼女が意味不明なタイトルで芥川賞を取ったときに、音楽もやっているアーティストだと
知って、とても興味があったのだけど、なかなか読む機会がなくて、
夫がたまたま図書館から借りてきていたので、読ませてもらうことに。

中学生のイジメがテーマになっていて、これも気持ちが重くなってしまう作品。
でも、誰もが思春期に味わったり、目にしたりすることがあるのかもしれないと
思ったりもして、中学生の子供を持つ親や、学校関係者などは
ちゃんと向き合わなくてはいけないことなのかもしれませんね。

412bnvvpzx1l_sl500_aa300_


そして今頃ですが、高村薫のベストセラー「レディ・ジョーカー」を読み始めました。
高村薫って難しいイメージがあって、「照柿」とか全く意味がわからなかったりしたので
敬遠してたんだけど、この作品は読み始めたら超面白い。
でも、単行本の上下2段で、上・下巻もある超大作。
読み応えありそうで、読破するのが楽しみ^^


|
|

« 飛び入りLIVE | Main | 研修 »

「Poem、小説」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 飛び入りLIVE | Main | 研修 »