« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

May 30, 2010

ラム酒の理想的な飲み方

お酒を飲み始めた20代の頃は、ビールや焼酎よりもカクテルとかが断然好きだったのよね。
ホワイトレディー、ビットインザシーツ、XYZ等、ネーミングがオシャレなものに惹かれて
カクテルBOOKなどを買って、自分でもいろいろ作ってたっけ・・

いつころからか、いろんなお酒を混ぜて作ることが、邪道に思えてきて、トニックウォーターなどで
割って飲むシンプルな飲み方が好きになってきたのよね。

カクテルを作るときにベースになるお酒ってあるじゃない?
ジン、ラム、テキーラ、ウォッカ等、いろいろ飲んだあげく
私は基本的にラム酒が好きなんだとわかってきた。
それもホワイトラムではなくて、ゴールドラム。
ラム酒は、ホワイト、ゴールド、ダークとあるんだけど、ダークは3年程熟成させたもの。

今まで、好きなラム酒はバカルディかマイヤーズしか知らなかったのだけど、
種類は30種類ほどあるそうなのよね。

久々に、ゆっくりお酒を味わえる大人の雰囲気のBarに連れて行ってもらって、
それも久々にバーテンダーの方に種類を選んでもらって、飲み方まで
教えてもらっちゃった・・

今まで、トニックウォーターで割るラムトニックが大好きだったのだけど、
チェイサーを横に置いて、ストレートで飲むのが一番味わえるらしい。

フランス産のトロワ タビエールというダークラムを選んでもらいました。
ミニチュアサイズのワイングラスに注いでもらって
ドキドキしながら飲んでみました。

100529_203401

40度ほどのアルコール度数なので、喉が焼けるように熱いんだけど、
チェイサーを飲みながら、ゆっくりと1時間くらいかけて飲んでみると
意外にもクセになりそう・・

2杯目は、いつものラムトニックにしてもらっちゃったけど。

たまにはゆっくりお酒を味わいながら大人の時間を味わうのって楽しいよね^^

| | Comments (0)
|

May 26, 2010

どうなってしまうのかな・・

私の故郷でもある宮崎県が、今大変なことになっています。
そう、あの口蹄疫問題。GW以前から発生してたけど、GWに帰ったときは
そこまで大きな問題にはなっていなかったのに、
豚に感染したことで、大問題になってしまったようで
宮崎の畜産農家は、全滅してしまうかもしれないとかで
他人事ではなくなってきました。

宮崎牛は、ほんとに美味しくて、ミヤチクというステーキハウスはいつも大盛況で
なかなか予約が取れないようなお店だったのに、どうなってしまうのでしょう。。

でも、口蹄疫って詳しくはわからないけど、狂牛病と違って人体には影響はないって
いうし、感染が広がるのが怖いのであれば、ワクチンで予防して発生地域だけ
封じ込める方法をとってもよかったのでは・・と私も思います。

美味しいお肉が食べられなくなるのは悲しいけど、畜産業を生業としている方たちに
とっては本当に死活問題だし、宮崎の大きな産業も萎えていくことも不安です。

なんとか終息してくれることを願うばかり・・

話は変わりますが、3日ほど前から夫がテレビを見ない宣言をしました。
ただ、朝のNHKの連続ドラマだけは見たいとのことで、それ以外はTVをつけないんだって。
まぁ、いつまで続くのかわからないけど、ここ最近のTVのマスコミ報道にほとほと嫌気が
さしてるようで、その気持ちもわからないでもないけどね~
テレビを見ないと読書がはかどるらしい。

でも私は、とりあえず見たいものは見ようと思ってますhappy01

| | Comments (0)
|

May 24, 2010

ど黒すなつくLIVE

昨夜は、三ノ宮の「月世界」でのど黒すなつくLIVEに行ってきました。

昨年の神戸フェスタで初めて見て以来かな。
メンバ-8人中3人が、10年来の音楽仲間なんだよね^^

あいにくの大雨。しかも土砂降り。今日は各地で大雨被害があったらしいけど
どうにか電車も遅れず到着できてよかった~happy01

月世界って初めて行ったんだけど、昔キャバレーだったとか。
内装が確かにゴージャスな雰囲気。
いまだかつてTVでしか見たことない、高級クラブを思わせるような感じ。

ど黒すなつくのメインボーカルの方が三ノ宮でお店をやっていて
そこの周年イベントを兼ねたLIVEということらしいのだけど
220名分のチケット3000円が完売ってすごいよね~
身内が多いといっても、それだけ集客するのは大変なことだしね。

今回、ど黒だけのワンマンLIVEだと思いきや、劇団員による寸劇や
ダンサーによるパフォーマンスありの、ちょっとしたショーになっていました。

ダンサーのKIKIちゃんという女の子、観客を笑いの渦に巻き込んでしまう程エネルギーがあって
サイコーでした。
女の子なのに、ちょっと恥ずかしい格好・・とかそんな次元ではなくて、彼女は魅せるプロだと思いました。
うまく写真はとれなかったんだけど、こんな感じ。

Img_1300

ど黒すなつくは、全曲なのかどうかわからないけど、クレイジーケンのカバーバンド。
クレイジーケンをあまり知らなかったのだけど、結構いい曲多いんだなぁと
結構ノリノリになってしまいました。
個人的には、エグザイルのあつし君を、ちょっと大きくした感じのコーラス担当の人が
メインボーカルをとった曲がよかったかな~
なんていう曲かわからないんだけど・・
それと「おれの話をきけ~!」っていう曲も好き♪

あれだけのお客さんの前で演奏できる彼等を、とても羨ましいと思ったし
いい感じにお客さんを惹き付ける音楽を続けている彼等を
誇らしいなぁとも思いました^^

Img_1307_3


それからLIVE前に腹ごしらえをしようとお店を探していたら
何と偶然にも、だいぶ前に行ったことのあるスペイン料理OLIVAを
見つけて、そこで美味しいスペイン料理をたらふく食べました。
そこのパスタパエリアは、ほんと美味しいんだよね~
Img_1296


| | Comments (4)
|

May 23, 2010

思い切って公開してみました♪

LIVE映像を公開するのは、避けてきたのだけど、3月の長居Depoでの
Emily with tetsu LIVEの1シーンを今回おもいきって公開してみました。

LIVEはLIVEだから伝わることもあるし、ちょっぴり神秘性にも
こだわってみたりしたかったので、あえて避けてきたのだけど・・

曲はネット配信はまだしていない秘蔵映像です~(笑)

マイミクでもあり作詞家シンガーのkayoさんが撮影してくださったビデオを
tetsuさんが1曲だけ切り取ってくれて、私がムービーメーカーで編集をしたり
したので、少々音割れが生じて、お聞き苦しいかもしれませんが。。

作詞/星野美咲
作曲・編曲/tetsu
『LOVE~運命の出会い~』

LIVEの雰囲気、少しは伝わったかなぁ。。

Misty BlueのアコLIVEは東京でプロの方に撮っていただいたものを
Misty BlueのHPにアップしてるのだけど、まだ見たことのない方はよかったら
こちらも見てくださいね♪


| | Comments (5)
|

May 19, 2010

久々の新曲公開です♪

最近全然アーティスティックな感じじゃなかったんだけど、
ようやくアーティストらしく?Emilyとしての新曲を公開しました。

2月頃にtetsuさんが作曲して夕花さんが作詞をしてくださっていた
のだけど、3月に2本のLIVEがあったので、作品にとりかかったのは
その後だったのだけど、ようやく公開することができました。

今回は男性詞だったので、最初は元気よく歌っていたのだけど
tetsuさんから、もう少ししっとりした感じの方がいいのではとの
アドバイスを頂いたので、急遽雰囲気を変えて歌ってみました。
よかったら聴いてみてくださいね。

『Dreamer』Contrail1


作詞 夕花
作曲/編曲 tetsu

試聴はこちら


最近、オリジナル作品を公開していたNext Musicが何の連絡もないまま
突然の閉鎖になってしまって、別のMuzieというサイトに引越しをしないと
いけないのだけど、時間がなくてなかなか作業が進んでいません^^ゞ
頼りにしていたサイトが突然閉鎖になるとほんとに困りますね。。
無料なだけに何の文句もいえないのだけどね・・

と、いうことでMusic Trackさんはカバー曲を公開できるのが魅力なので
カバー曲だけにしようと思っていたのだけど、とりあえずしばらくの間は
Music Trackさんに公開させていただこうと思います。

イメージPhotoは『空に咲く花』さんからお借りしました。

星野美咲さん作詞の作品もレコーディングはすんでいるので
近日中には公開できるのではないかと思います^^

| | Comments (0)
|

May 13, 2010

無理

「最悪」「邪魔」「オリンピックの身代金」等 奥田英朗氏の付けるタイトルには512bghorkvdl_bo2204203200_pisitbsti

毎回興味をそそられるわぁ
 
長編小説を長編と思えないほどページをめくるのが楽しみで
一気に読んでしまう彼の作品は、本当に面白くて毎回出版されるのを
待ち望んでしまうのよね~

今回は、合併でできた地方都市、ゆめのという所で暮らす5人の群像劇。

●弱者を主張する身勝手な市民に嫌気がさしてるケースワーカー
●東京の大学に進学して、この町を出ようとしている女子高生
●暴走族上がりで、詐欺まがいの商品を売りつけるセールスマン
●スーパーの保安員をしながら、新興宗教にすがる孤独な中年女性
●出世欲旺盛だが腹黒い市議会議

都会にもいろいろな人たちがいるけど、地方都市には、いろんな意味で
様々な事情をかかえた人たちが暮らしているのかもしれない。

ネットなどの影響で、地方にいても都会でしか手に入らなかったものが
手に入ったり、情報として得たりできる便利な世の中になった反面、
そこでの生活に満足しきれなくなってきている人たちが、今まで以上に増えてきているだろうし、
だからといって、皆都会に出れるわけではなく、そんなもやもやした気持ちを抱えた
人の心理状態を、奥田氏は本当に絶妙な文体で描いてくれている。

這い上がりたくても、一度堕ちてしまった人は、どうあがいても無理なんだろうか。。
タイトルは、そういったことを意味しているのかな・・

長編のラストはなかなか難しいと思うけど、この5人がこういった形で出会うことになるとは
想像してなかっただけに、上手くまとめたと思う。
このラストには他の人のレビューを覘いてみると、賛否両論があるみたいだけどね。

| | Comments (0)
|

May 07, 2010

あふれた愛

久々に読んだ本について書くかも。。41zbnkds33l_sl500_aa300__3

新規開拓した作家のものを何冊か読んだりもしたのだけど
なかなか感想を書く気になれなくて・・でも、今回の本は結構よかったので
ちょっくら書いてみようと思います。

「あふれた愛」 天童荒太 著作品

「永遠の仔」で、鮮烈な感銘を受けて以来かな。
彼の作品は他にもいろいろとあるのに、内容がディープで重いので
すぐに他のものを読む気にはなれず・・でも彼の文体やテーマは
興味があったので、久々にひきこまれました。


子供を虐待してしまいそうになり精神的に参ってしまった妻の気持ちを
労るどころか、叱咤してしまう夫。
今の世の中の一部ではあるだろうけど、子を持つ親なら誰しもが経験するだろうことを
描いているものや
現実にはいない恋人を、実際にいるように思いこんでしまった女性に
恋をしてしまった男性のお話等、4編から成る短編集。

失業、失恋、病気、別離等、ストレスなどで心の病になる人が多い今日この頃・・
いつ自分がなってもおかしくない世の中だけど、その中で懸命に生きてる人たちの
姿から、自分なりの生き方などを再確認できるような感じがしました。

心が疲れてる人にオススメの1冊です。

| | Comments (3)
|

May 05, 2010

晴天続きのGW

今年のGWは好天に恵まれましたね~
お仕事だった方には申し訳ないけど、今回もまたまた宮崎の
実家でのんびり過ごしてきました。

お天気がいいと、気持ちが晴れやかになるね^^
あの寒かった日々が嘘のように気温も上がったしね。

分厚い単行本を2冊も持っていったので、お庭で読書したり、外でお弁当を食べたり、
日帰りのドライブに行ったり、一時的でも都会の喧騒から離れることが
できるって幸せなことだなぁと感じながら、満喫してきました。

今回は、10数年前に一度訪れたことのある大分の臼杵まで足を延ばしてきました。
写真はこちら

それから、スナックパインというものを、初めて食してみました。
結構巷では有名だとか。
私は知らなかったんだけど。
普通のパインのように見えるけど、表のイガイガしたところをつまんで
引きちぎって食べるんだけど、普通のパインと同じように甘くてジューシー。
特に芯の部分が柔らかくて美味しいのがびっくり。
普通のパインは芯は食べられないものね。

見た目はこんな感じ。フツーでしょ?
Img_1251

食べるときはこんな感じ。大勢で食べるのが楽しいかも^^

Img_1253


興味のある方はこちら
を参考にしてね。


| | Comments (4)
|

« April 2010 | Main | June 2010 »