« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

July 31, 2008

曲先コラボ第10弾の作品公開!

すっかりお馴染みになったtetsuさんの曲先コラボ第10弾の作品が公開になりました。Ilikeyou

今回は15編もの作詞の応募の中、サイサリスさんの詞を選ばせていただきました。

選ばせていただくなんて、本当におこがましいのですが、tetsuさんの曲のイメージ、私が描くイメージ、そして
詞とメロディの相性というものに重点を置かせていただきました。
これは、いつも変わらないスタンスです。
3作品ほど最終選考でとても迷いました。
サイサリスさんの詞も、言葉を少し変えさせていただいた部分があります。
詞とメロディの相性はとても大切なので、サイサリスさん、申し訳ありませんでした。
でも、実際に歌ってみないとわからないことも多いんですよね。。
コラボ企画作品でしたので、事前に打ち合わせすることも出来ずに、サイサリスさんには事後報告に
なってしまい、申し訳ありませんでした。

今回の曲も、私が今まで歌ったことのない雰囲気のものでした。
間奏でポロロンと弾くtetsuさんのピアノに惹かれて「歌う~!」と言ったものの、
実は結構難しかったかな・・高音がなかなか上手く歌えなくて。
でも、tetsuさんの作品は私にとって「新しい私」を切り開いていく上でとても刺激になるので
歌唱力アップの為にも、どんどん歌っていきたいと思います。
自分が創ったものだと、自分が歌いやすいようにしか創りませんから(爆)

レコーディングは6月末にしたので、ちょっと時間がたってしまい、裏話がいろいろと書けませんでしたが
次回のコラボ企画も私が歌うことになりましたので、また皆様ふるって応募してくださいね。

第10弾曲先コラボ作品の試聴はこちら

ジャケット画もtetsuさんが選んでくださいました。

| | Comments (2)
|

July 24, 2008

Misty Blue待望の新曲はラテンポップス

今年の年明け頃からラテンサウンドが創りたくて、メンバーと一緒に創りました。Endless

いろいろと試行錯誤の結果、ついに完成しました。

ラテンポップスというジャンルがあるのかどうかわからないけど、
そんな感じがしませんか?

今年の猛暑に是非聴いていただきたい作品です。
あ~野外ステージやりたいな~
海の香りがする特設ステージみたいなところで、ビールとか飲みながら~みたいな♪

試聴はこちら

イメージジャケットは、南国宮崎のフェニックス。私の撮影です。

| | Comments (4)
|

July 21, 2008

プロ意識

木村拓哉主演のドラマ「CHANGE」を結構楽しんで見てたのだけど、
最終回での木村拓哉を改めてすごいと思った。
約何ページにもにのぼる台本のセリフ。時間にして約10分ほどあったんじゃないかな・・
そのセリフをワンカットで撮ったというからすごい。
これがまさにプロなんだと。彼のプロ意識はかなり高い。

プロ・・っていうと、専門職でそれでお金を稼いでいるイメージがあるけど、
意識だけだったら誰でも持とうと思えば持てると思うのね。
私の場合・・結構キャリアを積んではいるものの、いまでに自分をプロだと言い切れない
シンガーとしての自分。
でも、意識だけはいつでも高く持って、私の歌を聴きたいと思ってる方にいいなって思ってもらえる
努力は常にしていたいと思う。

実際プロとして活躍していても意識の低い人ってたくさんいるでしょ。
そんな人にはなりたくないしね。

意識だけ高すぎて実力が伴わなかったらいけないけどね。
周りに左右されたりしないように、自分なりのポリシーを持っていけたらいいね。

| | Comments (0)
|

July 20, 2008

芦屋でディナー

久々に芦屋でイタリアンディナーを頂いてきました。

大学時代、半年程芦屋に住んでたことがあって、閑静なたたずまいや、芦屋川の桜並木など
とても好きな所でした。
芦屋マダムに憧れてたのだけど、願いが果たせなかったので、今回つかの間の芦屋マダム気分を
味わってきました。

連れていってもらったイタリアンのお店はJR芦屋駅から歩いて3~5分程の便利なところに
あるOSTERIA O'GIASORE(オステリア オ ジアソーレ)というお店で、イタリアン人のオーナーさん(だと思う)
がいろいろとサーブしてくださいました。
アラカルトを取って二人でシェアしても良かったのだけど、どれを選んでいいかわからなかったので
コース料理をいただきました。そして白ワインも堪能しました。とても美味しかった~~
一品、一品、いろいろ説明したいところだけど、ほどよくワインが廻っていて
写真も全部撮れなかったので、ところどころアップしてみますね。
080718_183301
080718_190001
080718_192401
080718_203301
080718_204401

最後の写真はマキアートのエスプレッソ。顔の形にミルクを描いてあるのがわかりますか?
日本語が堪能なイタリア人オーナーの方だったけど「グラッチェ」だけイタリア語で言ってみました。
お店の名前にもなっているジラソーレは向日葵という意味なんですって。
一緒に行った英語もスペイン語も堪能な友人が教えてくれました。

とても素敵なお店なので、興味のある方は是非行ってみてくださいね。

| | Comments (0)
|

July 17, 2008

ああ~愛しのビール♪

私はかなりのビール好き。
一体いつから好きになったんだろう。
おそらく結婚してからかな。前の職場はほとんど女性で、皆私よりも年上ばかりで
結構可愛がってもらって、オヤジが行くような居酒屋さんに、あちこち連れていってもらったのが
きっかけかも。
それに、音楽仲間がいっぱい出来た音楽サークルのオフ会でも、さんざん飲む機会があって
いろいろ音楽の話を語らいながら飲むビールは格別だったしね。
LIVE後に飲むビールは言葉で表現できないくらいに美味しい。
生きててよかったとさえ思う。おおげさではなく本当にそう思う。

お酒が飲めてもビールが飲めないっていう人がいるけど、
ビールも別腹があるのと思うので、鍛錬によって飲めるようになるんじゃないかな。
だって、お腹いっぱいでもお菓子は別腹って言う人いるでしょ?
それと同じだと思うのよね。

こんなにビールが好きな私でも、フランスではちっとも飲みたくなかったし、
冬になるとあまり飲みたくなくなるのは、ビールの美味しさには湿度が関係してるから
かなって思う。

つい毎日飲んでしまうのだけど、太りたくないのでバランスは考えてます。
ビールを飲んだら、お米は食べないようにしたりしてね。
だって、ビールも御飯もって毎日してたら、絶対お腹が出てくるのはわかってるから。
夏の夕食は、ビールのおつまみを作ることが楽しいのよね。
最近よく作るのは、ゴーヤと茄子のみそ炒め、まぐろと豆腐のごまみそ和え、
なすの梅酢和え等。枝豆もビールに合うよね。

明日は久々にイタリアンを食べに行くので、ビールじゃなくてワインかな~


| | Comments (0)
|

July 16, 2008

ラストキング・オブ・スコットランド

劇場での心に残る映画があまり見当たらない中、WOWOWで見たこの作品。070124_last_king_scot_main

久々に集中して見れたエキサイティングな映画でした。

70年代にアフリカ、ウガンダの独裁者となったイディ・アミン大統領。
彼の存在、皆さん知ってました?
私はこの映画で初めて知ったのだけど、国民のことを一番に考えてるといいながら
自分に背く人たちを残虐にも殺していく非道極まりない人物で、どことなくヒトラーを
彷彿とさせる。

スコットランドから、医師としてやってきた青年を側近につけるのだが、アミンの非道さに
国に帰りたいと申し出るのだが断れてしまう。
そこで青年がとった行動とは・・

本当にあった話ほど惹き付けられるものはないよね。
「シンドラーのリスト」や「ミュンヘン」等などの映画のような政治サスペンス。
アミン役のフォレスト・ウィテカーはアカデミー賞主演男優賞を受賞したそうです。
公式サイトはこちら

| | Comments (0)
|

July 10, 2008

ボズ・スキャッグスの名曲

Boz Scaggsの名曲、「We're all alone」が本日MySoundで公開になりました。Alone

tetsuさんのアダルトなピアノサウンドで歌ってみました。

この曲を初めて知ったのは大学時代。
大学時代の私は女性ばかりのバンドを組んでいたのだけど、ひょんなことから
某大学の音楽サークルのボーカルをしてくれないかということになって、(大学祭のLIVE出演)
この曲に出会ったのです。
その時、私が歌ったのは、この曲と聖子ちゃんの「SQALL」、杏里の「思いきりアメリカン」
だったと思います。
もうかなり昔のことなので、記憶があやふやなところもあるけれど、
女子大生だった私が、男性ばかりのバンドの中で歌わせていただけて、
とても光栄だったな~って思います。
あ、勿論今もMisty Blueで素敵な男性メンバーに恵まれて幸せです(*^_^*)

しかも、リハは日曜日などのお休みの日に、彼等の大学の部室でやるので、
リーダーの男性が、私の自宅へ車で送り迎えをしてくださるというVIP並みの待遇。
母がいつも愛犬を抱いて、私を見送ってくれたっけ。
箱入りお嬢様だと思われて、ほんとに大事にしていただきました。
今頃、あの彼等はどうしてるんでしょう。。
もう名前も思い出せない・・

そんなことを懐かしく思い出しながら歌ったのだけど、Boz Scaggsのオリジナルキーのままで
歌ったので、低音がお聴き苦しいかと思いますが、今までにない私の歌声かもしれませんので
どうぞ聴いてみてくださいね。
試聴はこちら


イメージ画像は、お友達の真琴さんからお借りしました。
真琴さんは、カフェに写真の個展を出したり、ラジオ出演されたりと活躍されています。


| | Comments (6)
|

July 05, 2008

奇跡のシンフォニー

久々の映画ネタ。
映画は、時々行ってるのだけど、感想を書くほどの作品になかなか巡りあえなくなってきて。。
多くの作品を観てきて、自分自身の感覚が惰性になってきて、
昔程の感動を味わえなくなってきてることもあるのだけど。
先日見た「インディジョーンズ」は前半、ほとんど寝てしまったし(汗
あの20年ほど前ほどの感動と興奮は何も感じなかったっけ。

今回見た「奇跡のシンフォニー」英語タイトルは「August Rush」080704_151101

施設で育った少年の父親は、ロックミュージシャン、母親はチェロ奏者。
結婚することを許されず、身ごもった子供は死産だと聞かされてしまい、離れ離れに時を過ごす。
でも、彼等の遺伝子を受け継いだその少年は、天才的な音楽の才能を発揮して、その音楽を通して
離れ離れだった3人を引き合わせるという、まるでおとぎ話のような話だけど、
劇中に出てくる音楽が素晴らしくて、とてもファンタジックだった。
ロック、クラシック、ゴスペル等、さまざまな音楽が融合するフィナーレを飾る
ラプソディは鳥肌がたつほど素敵。

映画って、ストーリーも大切だけど、音楽はすごい力を持ってるんだなって改めて感じた。

| | Comments (2)
|

July 03, 2008

グランド花月

大阪生まれ、大阪育ちの方は、漫才、落語を見て育つというけれど、080702_133801

私は大阪生まれなのに、あちこちで育ったので、「笑い」の文化をよく知らなかったのです。

先日、フリーチケットを頂いたので、なんばグランド花月に行ってきました。
出演者は、笑福亭仁鶴、西川きよし、今いくよ・くるよ、トミーズ、まるむし商店、ティーアップ等。
仁鶴さんの落語はとても面白かったです。
落語といっても古典的なものではなく、最近のニュースを風刺にして話す感じといった方がいいかな・・
本当に面白いおしゃべりをしたければ、子供の頃から落語を聞くといいんだろうなって思いました。

若手芸人さんたちは、一生懸命なのはわかるのだけど、やはりこの世界は、キャリアや下積みが
物を言うのでしょうね。雲泥の差がありました。

吉本新喜劇というものも初めて見ました。
久々に「劇」というものを見たこともあって、楽しかったです。

私自身、話の面白い人に惹かれてしまうところがあるので、今度は落語を見に行きたいなって
思いました。

| | Comments (2)
|

« June 2008 | Main | August 2008 »