« 神の目 | Main | 和の調べ »

July 12, 2007

大スターだからこそ。。

先日、美空ひばりさんの特バンをテレビでやっていて、特に見るつもりもなかったのに、
ついつい見てしまったのは、彼女が亡くなっても尚これほど多くの人に愛されてるのかと
いう理由がよくわかったから。

子供の頃から天才だと言われつづけ、歌がとにかく上手いのはよく知っていたけど、
自分が大スターであることを、自分自身それほど気にしているわけではなく、
バラエティや、トーク番組などにも結構出演していて、
当時の銀幕のスターたちとも、とても打ち解けた雰囲気を作っていたりして。

今の時代は、身近にいそうな人の方がもてはやされているけど、
まだテレビも目新しかった時代のスターと言われる人たちは、
とにかく一般大衆から敷居の高い存在でなくてはならなかったと聞いてるだけに
彼女は、本当に気取らない人だったんだなと思った。

でも、おそらく今の人以上にプロ意識は非常に高くて、
冗談などを交えながら、トークをした後すぐに歌を歌う場面になって、
たぶん収録番組じゃなかったと思うけど、
イントロの間に、すっかり音楽に入ってしまえるところや、(プロならあたりまえのことだけど)
「悲しい酒」を涙を流しながら歌っても、音程の狂いもなく堂々と歌い上げたりするところは
ほんとにすごいと感心した。

子供の頃、美空ひばりさんにはあまり興味がなかったけど、
大人になった今だからこそ、彼女という大御所を理解できるのかもしれない。

一方、アメリカのオールスター戦でMVPをとったイチロー選手。
野球の神様がいつもついていてくれてるかのように、ここぞという時に
必ず結果を出して、彼は世界の大スターかもしれないけど、
マスコミに対するインタビューだけは、そんな態度をとるのかな・・
とても横柄な感じがする。
あれほどの人だからこそ、しかも「謙虚さ」を重んじる日本人だからこそ、
もう少し言葉を考えてもいいのになぁって残念に思う。

彼の場合、現役の間はスターでいられるかもしれないけど、
野球から退いた時、人として、どんな人になっているのだろう・・
大スターだからこそ、「謙虚」さを持ってほしいと思うのは
私だけなのでしょうか。

|
|

« 神の目 | Main | 和の調べ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神の目 | Main | 和の調べ »