« 哀しいほどヒロイン | Main | 東山紅都さんの絵 »

April 20, 2006

paris matchLIVEレポート

paris matchLIVE応募ハガキに当たったことは、プチDiaryの方に書いたのだけど、そのLIVEに行ってきました!

場所は桜川のFlamingo the Arushaというお店。大きなスクリーンがステージにあって、こじんまりとしていながら、お洒落な雰囲気のするお店でした。

今回のLIVEは招待された人たちしか入れないLIVEで、入り口で身分証明書を提示しないといけなくて、同伴者もそれは同じでした。
私はCDを購入したときについていた応募ハガキで当たったのだけど、FM大阪のラジオを聴いて応募した人たちもいたようです。
20組40名づつで、大体80名ほどの招待客だったのかな・・

FM大阪のお昼の『LOVE FLAP』という番組のRIOさんというDJが司会で進行されました。
19時になって、前方のスクリーンにparis matchのプロモーション映像が数分流れた後、
いよいよ本人たちの登場!
ボーカルの水野まりさんは、黒いキュートな感じのドレスに、真紅のお花を髪につけての登場。
サウンドプロデュースの杉山氏はギター、そしてアルバムの中でも弾いているキーボードとギターの
ミュージシャンとの4人でのステージ。
リズム隊は打ち込みでした。

ニューアルバムの『after six』をプロモーションしていることもあり、ほとんどの曲はそのアルバムの中からで
私は、かなり聴きこんでいたので、もうノリノリでした~
水野さんの声は、なんと艶っぽく素敵なんでしょう。。しかも色気ムンムンというのではなく、さりげない色香が魅力なのです。

途中、クイズなどもあったりして、paris matchの公式サイトをちゃんと見ていたら、答えられたかもしれないんだけど、さぁ~っとしか読まなかったことに少しばかり後悔。。
クイズの中でも出題されたparis matchが影響を受けたという Everything but the girlというアーティストの楽曲も聴きたいと思いました。

作詞担当の古澤氏は、LIVEステージには登場してなかったのだけど、LIVE終了後のRIOさんのインタビューの
ときに登場して、3人のいい雰囲気も伝わってきて、いい感じでした。
3人ともDJの経験があるせいか、声もよく話もおもしろくて、そういった経歴の人たちで楽曲を
創るというのも新鮮な感じがしました。

ステージは1時間20分程で、思ったより短かかったけど、お気に入りだったparis matchを
目の前で、しかも招待された身分で観れたことに感激でいっぱいでした。

写真は当然のことながら、撮影禁止だったので、ここにアップできないのが残念です。。


|

« 哀しいほどヒロイン | Main | 東山紅都さんの絵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference paris matchLIVEレポート:

« 哀しいほどヒロイン | Main | 東山紅都さんの絵 »