« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 27, 2006

ウディ・アレン

Mr.オクレのような風貌の自作自演の映画監督、ウディ・アレン。
彼の作品を全て見たわけではないけど、『カイロの紫のバラ』、『夫たち、妻たち』
『さよなら、さよならハリウッド』等を見た。

彼の作品は、プライベートフィルムのような手法での撮影で、役者の会話が長セリフなのが
特長。字幕だけでは解釈できないユーモアやジョークに溢れているにちがいない。
その会話を全て英語で理解したいものだ。

彼の個性あふれる独特な才能は、映画を見れば一目瞭然だけど、彼が演じる役は、
本当にコミカルだ。
コミカルな映画というのは、シリアスな映画を撮るよりも難しいのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2006

幻夜

408774668209_ou09_pe0_scmzzzzzzz_
「白夜行」の続編にあたると言われている「幻夜」をKABAさん
からの薦めもあって
早速読んでみた。
美しく魅力的な女に翻弄されながら、知らず知らず彼女の従者になってしまい
取り返しのつかない罪を重ねてしまう男。
そういった設定は、まさに「白夜行」と同じである。

「幻夜」に登場する新海美冬。「白夜行」の雪穂と同じような性質を持つ女性であることは、
アーモンド型をした目をしているという描写にある。
相違点といえば、雪穂の出生は「白夜行」では明らかだったけど、
「幻夜」の美冬の過去は、全くの謎であり、その過去を知ろうとする者は、
抹殺されてしまうのである。それも、彼女自身はけして手を汚すことなく。

「白夜行」でも「幻夜」でも、魔性の女であり冷徹な心を持つ女性は、永遠に生き残ってゆき、
翻弄された男たちは、悲しい最期を迎えてしまう。

こういった悪女が、男たちを騙しながら彼等を踏み台にしてのし上がってゆく不合理。
男社会であるこの世の中では、生きてゆく上で、ひとつの手段にもなるのかもしれないけど、
何とも後味が悪く、そういった意味で、切なさを感じたりもした。

以前「白夜行」のレビューで、雪穂を演じていた綾瀬はるかでは物足りなさを感じたと
書いたが、この「幻夜」が実写化された場合、美冬のキャストは誰が適任かを
考えてみた。
30代前後で、魅惑的で頭脳明晰で冷徹な女性・・
私がディレクターなら、後藤久美子などをキャスティングするかな。
結婚して、ますます美しさに磨きがかかった彼女を、ある雑誌で見かけて、ふとそう思った。

「幻夜」も上下段の524ページとかなり長編だったけど、退屈することなくおもしろく読めた。
ただ、かなり重い内容でもあるので、こういったハードボイルド系サスペンス物を読むのは、
しばらくお預けしたい気分でもある。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 21, 2006

東山紅都さんの絵

Love123_195290101
『EMIKOの部屋』のトップページ等でよくお借りしている仙台在住の画家、kotoさんこと東山紅都さんの
イラストを初めて購入させていただきました。

kotoさんと知り合ったきっかけは、昨年たんぽぽさんが企画された「バレンタイン特集」で
私もMisty Blueの作品の中のひとつを詩作品として参加させていただいたとき、たんぽぽさんが
私の詩にkotoさんのイラストをイメージ画として載せてくださった時だったでしょうか。。

そして、その時投稿されていた夏花さんの『スキ・スキ・スキ』
という詩に魅せられ、
Misty Blueの楽曲作品にさせていただき、kotoさんのイラストをジャケット画として使わせていただきました。
そうやってお付き合いが始まりました。

kotoさんとは、まだお会いしたことはありませんが、ネットでの交流を続けていくうちに、
kotoさんのお人柄にも惹かれるようになり、kotoさんの描かれる絵を、もっと多くの方に
知っていただきたいと思い、このブログで紹介させていただくことにしました。

今回、私が買わせていただいたのは、額付のパソ画(3,000円)とポストカードを10枚(1枚150円)です。
パソ画の女性画は、まだ未公開作品ということで、とても嬉しく思っています。
早速リビングルームに飾らせていただきました。Koto1Koto2

kotoさんのサイトはこちら
にて。
ネットで眺めていても素敵ですが、是非手にとってkotoさんのイラストの優しい息遣いを
感じてほしいと思います。

尚、こちらにアップしている画像を許可なく勝手に使用したり、転載したりしないでくださいね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 20, 2006

paris matchLIVEレポート

paris matchLIVE応募ハガキに当たったことは、プチDiaryの方に書いたのだけど、そのLIVEに行ってきました!

場所は桜川のFlamingo the Arushaというお店。大きなスクリーンがステージにあって、こじんまりとしていながら、お洒落な雰囲気のするお店でした。

今回のLIVEは招待された人たちしか入れないLIVEで、入り口で身分証明書を提示しないといけなくて、同伴者もそれは同じでした。
私はCDを購入したときについていた応募ハガキで当たったのだけど、FM大阪のラジオを聴いて応募した人たちもいたようです。
20組40名づつで、大体80名ほどの招待客だったのかな・・

FM大阪のお昼の『LOVE FLAP』という番組のRIOさんというDJが司会で進行されました。
19時になって、前方のスクリーンにparis matchのプロモーション映像が数分流れた後、
いよいよ本人たちの登場!
ボーカルの水野まりさんは、黒いキュートな感じのドレスに、真紅のお花を髪につけての登場。
サウンドプロデュースの杉山氏はギター、そしてアルバムの中でも弾いているキーボードとギターの
ミュージシャンとの4人でのステージ。
リズム隊は打ち込みでした。

ニューアルバムの『after six』をプロモーションしていることもあり、ほとんどの曲はそのアルバムの中からで
私は、かなり聴きこんでいたので、もうノリノリでした~
水野さんの声は、なんと艶っぽく素敵なんでしょう。。しかも色気ムンムンというのではなく、さりげない色香が魅力なのです。

途中、クイズなどもあったりして、paris matchの公式サイトをちゃんと見ていたら、答えられたかもしれないんだけど、さぁ~っとしか読まなかったことに少しばかり後悔。。
クイズの中でも出題されたparis matchが影響を受けたという Everything but the girlというアーティストの楽曲も聴きたいと思いました。

作詞担当の古澤氏は、LIVEステージには登場してなかったのだけど、LIVE終了後のRIOさんのインタビューの
ときに登場して、3人のいい雰囲気も伝わってきて、いい感じでした。
3人ともDJの経験があるせいか、声もよく話もおもしろくて、そういった経歴の人たちで楽曲を
創るというのも新鮮な感じがしました。

ステージは1時間20分程で、思ったより短かかったけど、お気に入りだったparis matchを
目の前で、しかも招待された身分で観れたことに感激でいっぱいでした。

写真は当然のことながら、撮影禁止だったので、ここにアップできないのが残念です。。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

哀しいほどヒロイン

Emily
Emilyの活動を、ヤマハのプレイヤーズ王国から、NEXT MUSIC
へ移行することにしました。
先述したように、プレ王ではファイル容量に規定もあり、ひとりにつき1IDしか持てなくなったのです。
プレ王でEmilyのお友達になってくださったり、たくさんのコメントもいただいたりしたので、
それを削除することが忍びなかったですが、ようやく決心をしました。

『哀しいほどヒロイン』という曲は、Emilyのために作っていただいたコラボレーション作品で、
しかも、大好きなSaeki氏のサウンドプロデュースで、私にとって記念すべき曲となりました。

NEXTに移行するに当たって、Saeki氏がmixをしなおしてくださいました。
プレ王の方は今週末には削除するので、もし良かったら今のうち違いを聴いてみてくださいね。


NEXTでコメント欄にタグを入れて上手く反映できなかったので、こちらで紹介させていただきます。

Soprano Saxはプレイヤーズ王国でご活躍のかなでんさんで、
ギター、ベース、プログラミング等はT.Saeki氏です。
作詞は麻里亜さんで、イメージビューはこちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 11, 2006

paris match

アメリカ在住のKABAさんから、音楽情報をよく教えてもらうのだけど、なかでもparis matchは
ダントツにお気に入り。
最初は、音源をコピーしてもらっていたのだけど、ジャケットが欲しくなって、最近は何枚か
買ったりしている。

その音楽が好きかどうかは、最初に聴いたときのインスピレーションってあるよね。
それがビビビっときたというか。

まず音楽がお洒落。歌詞がサウンドに上手くマッチしていて、軽快でフィーリングがくすぐられる。
そして、ミズノマリさんのボーカルがとても素敵。
彼女は名古屋でラジオのパーソナリティをしていたとか。
歌声しか知らないので、トークを一度聴いてみたい。

彼女の歌声の魅力は、ファルセットも一生懸命出してます~って感じが全くなく
さらりと歌い上げるところ。さらりと歌って表情を出すのが個人的に好きなのよね~
歌い上げる・・っていう感じはあまり好みではないので。

今回、ニューアルバムの『after six』をつい衝動買いしてしまった。
CD店で視聴した瞬間に、買おうと即決。
そして、そのCDを買ったらLIVEに招待されるかもしれない応募ハガキが入っていたの。
早速応募しました。
当たるといいなぁ・・

このアルバム、かなりいいです。
コンセプトは夜というだけあって、艶やかにさりげない色香が漂ってます。
今までの曲は、結構朝~夕方っぽい雰囲気のものが多かったような気がするから。

ワインなどを飲みながら、ゆっくり聴いてみたいそんなアルバム。

paris matchの公式サイトはこちら
音楽も視聴できます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2006

成分解析

夏花さんのブログで、成分解析というのをやっていたので、おもしろそうなので、やってみました。

まずは、Misty Blueを入れてみると・・

Misty Blueの成分解析結果 :

Misty Blueの73%は赤い何かで出来ています。
Misty Blueの22%は心の壁で出来ています。
Misty Blueの2%は華麗さで出来ています。
Misty Blueの2%はツンデレで出来ています。
Misty Blueの1%は白インクで出来ています。

Blueなのに、赤い何か・・って何でしょう?
情熱的だということかしら(笑)

心の壁・・って壁を作ってるのかなぁ

たった2%だけど、華麗さ・・っていうのは嬉しかったな
でも、ツンデレって何?
それと白インクって。。

私の名前を入れてみました。

EMIKOの40%は保存料で出来ています。
EMIKOの27%は純金で出来ています。
EMIKOの9%は真空で出来ています。
EMIKOの8%は果物で出来ています。
EMIKOの5%は電波で出来ています。
EMIKOの4%は白い何かで出来ています。
EMIKOの3%は運で出来ています。
EMIKOの1%は回路で出来ています。
EMIKOの1%は玉露で出来ています。
EMIKOの1%は心の壁で出来ています。
EMIKOの1%は努力で出来ています。

結構いろいろ入っていて、私って複雑な女なのね(笑)
純金、果物、白い何か、運、努力っていうのは、
何だか嬉しい単語かな^^

私のフルネームを漢字で入れたら笑えるの。
公のページなので、本名は伏せますが。。

○○の73%は明太子で出来ています。
○○の12%はやましさで出来ています。
○○の8%は税金で出来ています。
○○の7%は犠牲で出来ています。

明太子は好きだけど、73パーセントもねぇ・・
やましさ、税金、犠牲・・
どれもあまり嬉しくないけど、まぁ笑えるからいいや^^

楽しみたい方はこちら 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 06, 2006

フェアウエル エアポート

Fawellairport

2年前に、NiNiさんの『フェアウエル エアポート』を聴いたとき
ひとめ惚れしました。
ひとめ惚れをしたことは、男性に対しても、中学生のとき以来なかったのに、
しかも、インディーズの方の作品で、ここまで好きになることは
今まで無かったのです。

NiNiさんが同じ大阪在住であることを知り、すぐにアプローチしました。
NiNiのプロデューサーである佐伯氏は、とても気さくな方で、
そのことを喜んでくださり、楽曲をCDに焼いてくださったりしました。

そして、この憧れの『フェアウエル エアポート』を歌わせていただくことに
なったのが、昨年の夏。
ヤマハのプレイヤーズ王国というサイトで、Emilyとして公開させていただきました。

そのプレイヤーズ王国も、いろいろと規制が厳しくなったので、
 NEXT MUSICの方に移行していこうと思います。

プレイヤーズ王国で、大々的に宣伝もしたし、多くの方に聴いていただいたので、
こちらには、こっそりと公開しようと思ったのですが、視聴数があまり伸びていないので、
寂しくなり、このブログで紹介することにしました。

愛する人を見送りに空港へ行った彼女の切ない気持ち。。
一度、聴いたことがある方も、まだ聴いたことのない方も
よかったら、聴いてみてくださいね。

NiNiさんの素晴らしい作品は、こちらで聴けます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2006

ようやく復活。。

このココログが、メンテナンスやらバージョンアップやらで、負荷がかかったりして更新できなかったりしたけど、ようやく復活したみたい。

私が使う時間帯に問題があったのかな・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »