« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 22, 2006

THE 有頂天ホテル

とてもおもしろいとの評判だった『THE 有頂天ホテル』を見ました。
三谷幸喜の作品は、古畑任三郎以外、他の映画も見たことなかったんだけど、
いや~ほんとに期待を裏切らないおもしろさだった。
最近、シリアスな映画を見ることが多かったから、映画見ながら大笑いしたの
久しぶり。

キャストも、よくここまで集まったという程超豪華。
上手い役者は、コメディもとても上手いのだと改めて実感。

伊藤四郎が、顔を白塗りして、後ろに突然現れたり、
松たかこが、突然外国人のふりをしたり・・

あらすじを書こうかと思ったんだけど、ここに何かを書くよりも
是非見て大笑いしてほしい。

三谷幸喜の笑いに対する才能は素晴らしい。この笑いは、日本人だけにしか
通じないのかな・・外国でも受けるのかな。
是非、この笑いを世界に届けてほしいと思った。

最近、何だかつまんない・・っていう方には超オススメ映画です!

公式サイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 21, 2006

春、バーニーズで

story_img_01 以前、日記の方で少しだけ紹介した吉田修一氏の『春、バーニーズで』という小説が
ドラマ化された。16323480
吉田氏の作品は『東京湾景』以来のファンで、他にも数冊読んだことがあるが、
都会の中で暮らすありふれた日常が、彼独特の文体のせいなのか、どことなく
アンニュイであり、色でいえばモノトーンの中に薄く漂うパステルカラーのような雰囲気がする。
彼の世界を言葉で表現するのは、とても難しいけど、今回のこのドラマは、
私が思い描くイメージに再現されていたので、このドラマを作った市川準氏に感謝したい気持ちだ。

筒井は5歳の子供を持つ瞳と結婚して、都会で暮らすありきたりの生活を送っているのだが、
ある日突然、高校の修学旅行で日光東照宮に行ったとき、腕時計を置き忘れてしまったことを
思い出し、その時計は今も「もうひとつの時間」を刻んでいるのではないかと思い、
現実逃避したくなってしまう。。

忙しい毎日。ストレスいっぱいの日常。今ここにある全てを捨てて
どこかへ行ってしまえたら・・
そして、今とは違う別の人生があったのではないかと
誰でも一度は思ったことあるよね。

筒井には西島秀俊、瞳は寺島しのぶ、瞳の母に賠償美津子、瞳の妹に栗山千秋、
筒井が昔同棲していたオカマには田口トモロヲが演じている。

存在感が強いというわけでもないけれど、淡々とクールに優しさを表現できる
西島秀俊はまさにこの筒井にぴったりだった。
瞳は、小説の中ではパンツスーツをかっこよく着こなす、さばさばした雰囲気の
女性をイメージしていて、寺島しのぶはどうなんだろうって思っていたけど、
気丈に生きていく強い女性の部分を、さりげなく演じていたので、
段々に瞳のイメージに重なっていった。

小説が映画化されたりドラマ化されたりするとき、できれば原作を先に読んでおきたい方。
と、いうのも文字からイメージできる人物像は、自分だけのものだし、その後自分のイメージしていた
役者などがキャスティングされて映像化されるとすごくうれしかったりしてしまうから。

このドラマはWOWOWで放送されています。
公式サイトはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 20, 2006

ファンダジージョブ占い

こんな占いの情報を頂きました~!

ファンタジージョブ占い

どんな職業が向いてるか・・っていうものなんだけどね。私の結果は以下の通りです。

旅芸人

あなたは各地を周り遊芸で人を楽しませる旅芸人です。あなたがやってくることで町を彩り、見る人々に夢を与え、賑わせます。しかし、華やかな顔の裏には、自己主張が苦手な。しかし、決して脇役では終わらず、常に輝き、イザとなれば縁の下で人を支える力を発揮します。   
 
【ウィークポイントと対策】

あなたは優しすぎるようです。優しい気配りも度が過ぎると、夢が砕けて興ざめになります。シビアな目をもって、双方のためにならないことはしないようにしましょう。

【性格】

優雅でおしゃれ。
美観を損ねないように注意を払う。
人との出会いによって運が開けてくる人。
ロマンを持ちつづける。
自己主張するのが苦手で、縁の下の力持ちに徹するほう。
周囲に心を配り、物事を抱え込みがち。
内側には、不安な気持ちが渦巻いている。
パワーは秘めているが、自分の長所に気付かないことも多い。
環境に左右されやすい。
心身両面を鍛えることで、重要なポストにつく人。

【人間関係の傾向】

人づきあいがよくて社交性に富んでいる。
調和性にすぐれ、どんなジャンルの人とも仲良くなれる。
友好的なムードをつくるのが上手。
相手のよさを引き出し、引き立てる役にまわることが多い。
オダテ上手でホメ上手。
聞く耳を持ち、人の意見にしたがう。
寄らば大樹の陰、の人。
どこにいても重宝がられる人。
強引な相手には心をかき乱され、傷つきやすい。

【恋愛の傾向】

恋のムードを大切にし、フィーリングで恋をする。
恋の噂が先行しやすい。
思わせぶりな態度に出やすい。
気のない相手からアプローチされやすい。
愛情表現は得意なほう。
愛する相手を喜ばせようとする。
一途に愛する尽くし型。
相手のライフスタイルに合わせようとする。
恋のピンチに遭遇すると、しだいに身を引く。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

興味のある方は是非お試しあれ☆

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

February 19, 2006

癒しの空間

060218_18490001 素敵なCafeに行ってきました。
場所は三国にあるfreewillというお店。
無農薬野菜・有機野菜・オーガニック食品などを使ったお料理など、
心と身体に優しいヘルシーメニューが盛りだくさん。
なかでも、玄米を使ったピラフがとっても美味しかった~

そして、そのお店にぴったりな雰囲気を醸し出す
MIKAさん(Vo)とみねたかけんじさん(Key)の素敵なLIVEに
うっとりと心癒されました。
ノラ・ジョーンズの曲で始まり、R&Bやスタンダードジャズ、ポップス、
オリジナルなど幅広いレパートリーで、同じ音楽をやる者としては、
大いに刺激を受けました。

MIKAさんは、さくらさんのバックボーカルのオーディションに合格されたとかで
これからは、その大舞台での活躍も期待されるボーカリスト。
キーボードのみねたかさんは、プロのミュージシャン。
とてもレベルの高い音楽を間近で聴きながら、美味しいお食事を頂くって最高よね。

ゆったりとした椅子と木目の大きなテーブル。ふかふかのひざ掛けまで用意されて
あって、いつまでも長居したくなるような空間。
自宅の近所だったら、しょっちゅう通ってしまうだろうなぁ~

いろんなイベントもやっているそうで、パーソナルカラー診断や、占い、ネールアートなども
やってくれるそう。
パーソナルカラー診断は、ちょっと興味あるので、是非試してみたい。

そんな素敵な癒しの空間『freewill』はこちら

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

February 17, 2006

思いわずらうことなく愉しく生きよ

4334924352 江國香織さんの長編小説を読んでみた。
犬山家の麻子、治子、育子の個性あふれる3姉妹の物語。

長女の麻子は結婚して7年になるのだが、夫の邦一から時々暴力を奮われる。
いわゆるDV夫。それでも離婚をしないのは、どこかで邦一を愛していると
信じているから。

次女の治子は、外資系企業に勤めていて、男性顔負けの仕事をするキャリアウーマン。
売れないスポーツライターの彼と同棲している。

三女の育子は、教習所で事務の仕事をしているが、恋愛に積極的になれずに
出会ったばかりの中年男性とであってもすぐに肉体関係を結んでしまったりする。

両親はすでに離婚していて、皆家を出ているのだが、3人とも生き方も考え方も
性格もまるで違う。

普通のありふれた3姉妹の話だと思ったら、私の周辺にはおそらくいない人物像に
描かれている。
夫からDVを受ける麻子。別れられない理由は、その夫婦でしかわからないことかも
しれない。

治子は、こんなに愛した人はいないかもしれないというほどの恋人と同棲して
彼から何度もプロポーズを受けてるのに、結婚したいとは全く思わない。
そのうち彼は、そんな治子に耐え切れず出て行ってしまう。

育子は、高校時代に、駅のベンチに座っているホームレスの中年男性に興味を
持ち、肉体関係を結んでしまい、その中年男性の仲間たちとまで仲良くなってしまう。

「人はみないずれ死ぬのだから、そして、それがいつなのかはわからないのだから、思いわずらうことなく愉しく生きよ」
犬山家の家訓だったこの言葉で、最後は締めくくられている。

その昔、よくクヨクヨ悩んでいた頃、ある大先輩に、同じようなことを言われたことがある。
毎日を「愉しい」と思っていた方が勝ちだよって。
その人は、何気なく言った言葉だったんだろうけど、その時の私にとっては
目からウロコだった。本当にそうだよな~って。

なので、このタイトルに惹かれて読んだ本。
今、3冊ほど同時進行して読んでいる本があるので、結構時間かかってしまったけど、
一気に読めそうな本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 14, 2006

モンキー占い

祐乃さんのブログで、モンキー占いというのが紹介されていたので、早速やってみました~こんな風に気軽にできる占いって結構好きなのよね。友達と一緒に楽しめるし。今回のモンキー占いは、結構当たってるかも。何でも携帯サイトの占いで当たると評判で広まったらしい。

私の結果は、

実直派ピンクモンキー(夢を叶える現実派)

キリッとした知性的なムードをもった女性です。自分の弱みを見せまいと神経を張り詰めている気丈さも感じられます。しっかりしているだけに人から頼られることも多いですが、どうも人を見下したように軽くあしらってしまう面があり、相手によってはクセのある気どった女性と誤解されることもありそうです。五年、十年スパンで物事をとらえる長期的展望を持っていて、あくまでも自分のペースを崩さず物事にじっくりと取り組んでいく堅実派。ペース配分がうまいので長期戦の方が自分らしさを発揮しやすく、また、自分の世界を大切にしているのでプライバシーに土足で踏み込まれることを嫌う、ガードの固いタイプでもあります。
 口うるさく、感情的になってしまうこともありますが、自分に磨きをかける努力を怠らない勤勉な女性です。強気なように見えますが、意外と神経質なところがあり、何ごとも自分の目で確かめないと気がすまない性分。巷に流れている情報を鵜呑みにはせず、本当のところはどうなのかと、裏を取っていき真実の情報を追究します。収集した情報を整理して取りまとめるのもうまく、それが堅実さにつながり周囲からの信用を得ているのですが、一方で人が言ったことも事実を確かめるまでは信用しきれない慎重な面があり、常に緊張の糸を張り詰めていそう。
 少々のことでは屈しない意地があり、人生において夢を追い続け、現状を打破しながらそれを実現させていくことに情熱を燃やすロマンティストです。自分が決めた最終ゴールでヒロインになるために、たとえ今がダメでも堅実節約でコツコツ地道に頑張っていく努力家。また、感受性がたいへん強く、直感的に人を見抜いて鋭いところを突いていくようなセンスがあります。面倒見もよいので人を指導したり、説得したりすることに長けていて、ひととおり何でもこなせる器用さがある。控えめとは言い難いですが才色兼備の女性です。

前回の芸能人占いは、???な部分がいっぱいあったんだけど、このモンキー占いでは、自分のことを結構見透かされてるかも・・って思ってしまったから。

人を見下す・・ことはないつもりだけど、

ー相手によってはクセのある気どった女性と誤解されることもありそうですー

新入社員だった頃、仕事を覚えるのに必死で、わき目もふらず状態だったとき、夫に出会って、私は男性に全く興味がない人なのかと思ったと言われたことがあって。だから、その頃とてもツンツンしていたんだって。

ー巷に流れている情報を鵜呑みにはせずー

いわゆるトレンドとか流行もの、新しいものに、すぐに飛びつくことはないのよね。しばらくたってから吟味してから取り入れていくほうだし。

ー少々のことでは屈しない意地があり、人生において夢を追い続け、現状を打破しながらそれを実現させていくことに情熱を燃やすロマンティストです。ー

根性は割とある方だと思うのね。Misty Blueを結成した頃、長く続かないかもしれないと思った時期もあって・・でも、ここまで来れたのは、くどー氏やメンバーに恵まれたこともあるけど、私自身とにかく守っていきたいという気持ちが強かった部分もあると思うから。

相性とかも調べられるし、これは結構はまりそう。興味がある方は是非試してみてね!

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

February 10, 2006

スキ・スキ・スキ

20050312023653suki 昨年、たんぽぽさん のバレンタイン企画というものに参加させて頂いて
夏花さんの『スキ・スキ・スキ』という詩に出合った。
とてもストレートな気持ちを甘い言葉で表現されているのが
気に入って、しばらく印刷して持ち歩いてたっけ。

そして、ふいに浮かんだメロディで曲をつけさせていただいた。
夏花さんの詩は、上品な大人のイメージがするので、
その雰囲気を大切にしたかった。
ボサノバ調にしたので、夏花さんの世界にある大人の女性を
Misty Blue風に表現できたかなって思う。

そんな『スキ・スキ・スキ』を制作してから、もうすぐ
1年が過ぎようとしているなんて、本当に信じられないなぁ。。

そして、夏花さんの詩のイメージにぴったり合う
イラストレーターのkotoさんのイラストでCDジャケットまで作らせていただいた。

kotoさんのバレンタイン用の新作のイラストはこちら。

love123_170367374 love123_170739355 love123_171111336 love123_171483317 love123_171855298 love123_172227279

尚、著作権はkotoさんの物なので、勝手に持ち出さないでくださいね。

Misty Blue作曲の『スキ・スキ・スキ』はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 09, 2006

芸能人占い

祐乃さんのブログ夏花さんのブログで紹介されていた芸能人占いというものを
私も早速やってみました。

下記はその結果のコピーです。

★EMIKOさんの魅力を芸能人に例えると?

EMIKOさんは芸能人に例えると石田ゆり子タイプです。
あなたは落ち着いた大人の女性らしい魅力があります。
どこか控えめで、あまり目立つ方ではないけれど、ほんわかとした優しい雰囲気のある人でしょう。

★EMIKOさんの人気度は? 

男性支持率65%

女性支持率70%

EMIKOさんを支持するのは30代以上の男女です。
あなたの真面目で落ち着いた雰囲気で、30代以上の大人の人気を集めそうです。

★どんな芸能生活になる? 

もしEMIKOさんが芸能人になったら、正統派アイドルとして成功しそうです。
あなたはとても可愛らしくて清潔感のあるタイプです。
スキャンダルなんてもってのほか、キュートな衣装に身を包み、
笑顔を振りまいて、夢を与えるアイドルとして活躍しそうです。

EMIKOさんの芸能界適性度は70%です。
あなたはとても感性が豊かな人です。自分の得意な分野で才能を発揮出来れば、
世間をあっと言わせるようなことが出来そうです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

う~ん・・どうなんでしょう?石田ゆり子タイプでしょうか?私のことをリアルで
知っているお友達の皆さんから聞きたいところです。。
落ち着いた大人の女性・・とは言われるけど(おそらく年齢的にね)、
控えめで目立つ方ではない・・というのはちょっと違うような。。
それに、正統派アイドル・・って、この年齢ではちょっと無理でしょ~(笑)
まぁ、数十年前ならアイドルに憧れたかもしれないけど。

と、いうわけで、このような結果はすぐに忘れてしまうんだけど、
結構楽しめますよね~!

ちなみに昔流行った動物占いでは、パンダ コアラでした。。(まぁ、どうでもいいんだけどふと思い出したので)

興味のある方は是非やってみてね~!

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

February 08, 2006

My Funny Valentine

B000AU1MCK バレンタインデーが近づくと聴きたくなる曲は
『恋のゆくえ~the fabulous baker boys』という映画のサントラ盤。

ミシェル・ファイファー、ボー・ブリッジス、ジェフ・ブリッジス主演の映画で、
音楽はDave・Grusin。
ブリッジス兄弟は、映画の中でも兄弟だけど、実際にも兄弟で、ピアノも実際に
弾いていたというからすごい。それにミシェル・ファイファーも吹き替えなしで
実際に歌っていて、こんなに歌が上手い女優さんであることを、この映画で
初めて知って、この時から彼女の大ファンになってしまった。

このサントラ盤の中の最後に入っているミシェルが歌う
『マイ・ファニーバレンタイン』が最高に素敵。
雰囲気たっぷりで、大人でしか歌えない味わいで、こんなふうに
歌えたらいいなとつくづく思う。

劇中では、真っ赤なドレスを着て、グランドピアノの上に寝転びながら
歌う姿には、見とれてしまうし、しびれてしまう。
おそらく、ミシェル・ファイファーにしか出来ない演技でしょう。

1曲目のメインテーマは、サックスの音色が物悲しく、NYの路地裏の、
華やかなものとはかけ離れた、さびれたイメージがする曲で、
この曲を聴いただけで、この映画がどんなストーリー展開になるのか
少し想像できるかもしれない。

おそらく、この映画を見た人は必ずサントラ盤を欲しくなること間違いなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

February 05, 2006

VOYAGER Unplugged LIVE

2c36b376-s 学生時代から応援している、古川もとあき氏率いるフュージョンバンドVOYAGERの
Unplugged LIVEが、神戸のメリケンパークにある倉庫を改装して作られた
上屋劇場というLIVE HOUSEで行われました。CA250022

エレキギターではないギターを弾く古川氏を見たのも初めてだったし、
アンコールでビートルズの『Let It Be』を歌った古川氏を見るのも
初めてだったので、何だかとても新鮮な感じがしました。

昔の曲は、今回も残念ながら無かったのだけど、月日が流れて
VOYAGERはもはや昔のVOYAGERではなく、新しく生まれ変わったんだな~と
痛感。確かにアーティストというものは、昔をずっと引きずってばかりいてはいけないわけで、
どんどん新しいものへ挑戦していくものだから、ファンである私もDSCF0008
それについていかなければならないのかもしれない。
でも、1曲だけでもいいから、昔の曲をやってほしいと願ってしまうのは私だけでしょうか・・。DSCF0007

新生VOYAGERでは、鍵盤のフレディこと中山篤志氏のトークが絶妙です。まるで結婚式の司会者のような言葉遣いなんだけれど、どこかずっこけていて、観客の笑いを誘うのです。
ご自身も古川氏のファンだということで、一緒に演奏ができることを喜んでいらして、だから
バンドとしていい音楽を追求していけるのだなぁと思いました。

VOYAGERの熱烈なファンの方たちから、手作りのボンボンと、ペンライトを頂きました。
オフ会に参加させていただいたわけでもないのに、そのご親切をとてもうれしく思いました。DSCF0002 この場を借りてお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

DSCF0003 LIVE開場がとても寒くて凍えるほどで、コートやマフラーを脱ぐことさえできなくて、
せっかくのVOYAGERを、何だかゆっくり味わえなかったので、
次回は、もっと堪能したいと思います。

古川もとあきステーションはこちら

| | Comments (4) | TrackBack (1)
|

February 03, 2006

フライトプラン

CA250020 ジョディ・フォスター主演の飛行機という密室の中で起きるスリリングな映画。

カイル(ジョディ・フォスター)は、事故死した夫の棺と共に、娘と一緒にベルリンから
ニューヨークへ向かう飛行機に乗り込む。
425名もの乗客を乗せたジャンボジェット機という密室の中で、
6歳の娘のジュリアが忽然と姿を消す。
航空設計士のカイルは、飛行機のあらゆる所を捜すように、機長や乗員に頼むが、
皆、カイルの気が狂っているのではないかと思い、真剣にとりあってくれないことに
苛立つ。果たして、娘はどこへ消えたのか・・

ジョディ・フォスターの映画は『告発の行方』『羊たちの沈黙』などが有名だが、
ここ最近では『パニック・ルーム』という映画も見た。
どれも、気丈に戦う強い女性を演じていたが、そういった役をやらせれば、彼女は
ピカ一だと思う。

私生活でも、シングルマザーになった彼女の演技は、母親としての大きくて深い愛情を
注ぐ優しい表情が見られるようになったのではないだろうか。
まだまだ、アクション物もやれそうな彼女の演技の幅は、これからもどんどん広がっていくだろう。

浅岡ルリ子にそっくりな客室乗務員役の女優さんが出演しているので、お見逃しなく。

公式サイトはこちら

| | Comments (2) | TrackBack (2)
|

February 02, 2006

マンハッタン・ラプソディ

B00005LMF7 バーブラ・ストライサンド監督主演のラブコメディ映画。

フランス映画『両面の鏡』のリメイクらしいんだけど、キャストがとても豪華。
バーブラ・ストライサンドの夫がジェフ・ブリッジス、母がローレン・バコール、妹がミミ・ロジャース、妹の夫にピアース・ブロスナン。

美人とセックスのみの関係で終わってしまう大学教授(ジェフ・ブリッジス)が、精神的な結びつきを持てる女性と
出会うために、インターネットに広告(出会い系サイト?)を出す。男っ気のまるっきり無い姉(バーブラ)を案じた妹(ミミ)が、姉に黙って、その広告に
応募する。バーブラも大学教授だったため二人は意気投合し結婚するが、最初からセックスレスな関係。セックスを越えた関係でありたい
ジェフだが、その関係に少し寂しさを覚えるバーブラ。そんな夫婦関係は果たしてうまくいくのか・・

あらすじだけ読むと陳腐な内容だが、バーブラの演技がとても素晴らしく、ローレン・バコールが、年をとっても、娘に嫉妬するほど
女であることを忘れていないところや、結婚しても奔放に生きてしまうミミなどが上手く脇を固めている。

毎日、会話が弾んで精神的に満足できても、多少の肌の触れ合いは大切かも。でも、セックスだけ満足できて、精神的に満足できなければ
結婚生活は長く続けていけないだろうなと思う。
肉体はいつか朽ちてゆくけど、精神は若いままでいられるから。

そんなことを少しばかり考えてしまう大人の映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

« January 2006 | Main | March 2006 »