« いくつもの週末 | Main | リサとガスパール »

January 13, 2006

SAYURI

CA250013 ずっと楽しみにしていた映画。やっと見ることができた。とにかく素晴らしい作品。スティーブン・スピルバーグ製作、『シカゴ』のロブ・マーシャル監督のこの作品は、以前からSAYURIという主役を誰がやるのか話題になっていたと思う。残念ながら、監督をうならせる日本人の女優がいなくて、日本でもAsian Beautyとしても人気のある中国人女優のチャン・ツィーに白羽の矢がたった。チャン・ツィーは、『LOVERS』という映画でも、何て踊りの上手い人なんだろうと思ったが、この『SAYURI』でも素晴らしい日舞を披露してくれた。p200133sayuri-ma

公開前、アメリカ人が描く日本なので、きっと日本を小ばかにしているのではないか、などとの評判もあったようだが、そのような偏見は捨てて是非見てほしい。数年前のトム・クルーズ、渡辺謙が主演した『サムライ』のときにも同じような噂があったようだが。

この映画のサブタイトルは『Memories of Geisha』 花街の世界で、運命に翻弄されながら生きてゆく芸者の物語。花柳界のことを書いた小説『芝桜』(有吉佐和子著)や『京の川』(水上勉著)などでしか、知らない世界ではあるけれど、日本女性の美しさ、お辞儀の仕方、お茶の入れ方等日本文化の素晴らしさをがとてもリアルに表現されていたと思う。

ひとつ残念なことは、日本の映画なのだから、全て日本語だったら・・と思いつつもハリウッド映画なので、それは無理だとしても、英語の中で、ところどころ日本語が出てきた部分は、何故なのかわからなかった。「お姐さん」や「お母さん」などの呼び名は日本語だったのは理解できるのだが、SAYURIの少女時代に、置屋に売られてゆくまでは日本語で、途中から英語になったところや、戦争が起きてしまった場面で、兵士たちが戦車でアナウンスをするところなど。

芸者は、身体を売ったりするのではなく、「動く芸術」としてお客様を楽しませる仕事。昔の日本の娯楽は、とても贅沢で風流だったんだなと思う。今でも京都の祇園で、このような世界があるのだろうけど、いつもまでもミステリアスな部分を残しながらも、美しい日本文化を伝承していってほしいものだ。

SAYURIのストーリー等はこちらをご覧ください。

|

« いくつもの週末 | Main | リサとガスパール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SAYURI:

» 『SAYURI』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 2005年12月12日 『SAYURI』観賞レビュー! 原題 Memoirs of a Geisha 絢爛 無垢 毅然 2005年/アメリカ 配給 ブエナビスタインターナショナル(ジャパン) 上映時間146min 世界同時公開 ★オフィシャルサイト★ 映画『SAYURI』は 1997年に出版されたアーサー・ゴールデン著 ”Memoirs of a Gaisha" (邦題『さゆり』文春文庫刊)の映画化権を あのスティーブン・... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 12:01 AM

« いくつもの週末 | Main | リサとガスパール »