« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 30, 2005

USJ

CA250004 USJこと、ユニバーサルスタジオって、まだ一度も行ったことがなかったの。とても近くに住んでいながら、一緒に行く人もいなくて、いつか誰かが誘ってくれたら・・などと思って、何年過ぎたんだろう。。と、いうことで、ついに実現!行ってまいりましたぁ~!   CA250005

午前11時半頃から17時頃までいたのだけど、冬休みということもあって、かなり混んでいました。是非見てほしいと知人に聞いていたアトラクションのユニバーサルライブ・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーは、とても楽しかった。ドラキュラ、狼男、フランケンシュタイン、フランケンシュタインの花嫁、ビートルジュースによる派手なショーなんだけど、熱烈なファンもいるんですって。小さな子供さんは、大音量の音楽や派手なパフォーマンスに泣いていた子もいたけど、なかなか刺激的。30分のショーだけど、見応え充分。

CA250006 それから、70分待ちをしてジュラシックパーク・ザ・ライド。25.9mの高さから暗闇に飛び込む瞬間は、とてもスリリング。かなり濡れるので、ビニール合羽は必要。

このライドに、かすかな興奮を覚えたので、バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドにも挑戦したかったんだけど、110分待ちとのことで、時間がなくてやむなく断念。。結局アトラクションは二つしか経験できなかったけど、また次回いろいろ試してみたいな~って思いました。

何かオススメのものがあったら誰か教えて~!また行きたいっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 25, 2005

銀盤の妖精たち

来年のトリノオリンピックの切符を手に入れるための、フィギュア選手権大会。フィギュアスケートは、私にとって冬季オリンピックの楽しみの一つ。

最近の女子フィギュアはレベルが高くなったよね。15歳の浅田真央選手は、史上初のトリプルアクセルを2回やるということに成功したのにはびっくり。年齢が若いのでオリンピックに出場できないことは、本当に残念。オリンピックには出場できないとわかっているから、あんなに堂々とした素晴らしい演技が出来たのかもしれないけどね。

真央ちゃんの若さは、とても眩しいけど、必ずしも年齢が若ければいいというのではないということを知らしめたのは、村主章枝選手と荒川静香選手。美しく、艶やかに、表情に色があり華があり、存在感がとても大きい。

フィギュアの採点方法が、ソルトレイクシティの時の不正発覚以来、変わったらしいけど、3回転、4回転トリプルよりも、やはり如何に人を魅了するかでしょう・・

日本では銀盤の女王といわれる彼女たち。世界の壁は厚いかもしれないけど、日本代表として、アジアの素晴らしさを是非伝えてほしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 22, 2005

雪降る冬至

snow 久々に大阪市内に雪が降りました。近畿北部や山間部では毎年雪が降ってるみたいなんだけど、大阪市内ってほとんど降らないのよね。おそら大気が汚れてたりすることも関係あるのかも。

今日は冬至。母がいつも行事を大切にしてきたように、一応私もそれなりに感じたいと思うの。ゆずは買えなかったので、お風呂はゆず風味?の入浴剤を入れて、先日買っておいたカボチャの煮物を作りました。ランチはよく行くお店でカボチャのはさみ揚げを頂いたので、これで無病息災だっ!pampkin

ちなみに冬至にゆず湯に入り、カボチャを食べる風習があるのかというと、ゆずは風邪を防ぎ、皮膚を強くするのだとか。冬至は湯につかって病を治す湯治(とうじ)からきていて、ゆずは融通が利くようにとの願いがかけられている江戸庶民から生まれたことだそう。

カボチャは厄除けになり、病気にならないと言われていて、昔はカボチャは貴重なビタミン源だったそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 18, 2005

連詩『Romantic Christmas』

illumi2 詩人のお友達、。夏花さんが企画された連詩に今回も参加させていただきました。今回のお題はクリスマス。10人で2行づつを綴って、ひとつの作品に仕上げるのです。全員書き終えたら、最後に夏花さんがタイトルをつけて完成。夏の企画にも初参加させていただいてから、連詩というものの楽しさを知りました。

今回の順番は2番目。まだストーリーも見えてこないので、自分の好きなようにイメージできるという点では、最初の方はラクかもしれません。でも、詩の表現の素晴らしい夏花さんの次という順番は、恐れおおかったけど、とてもイメージしやすい言葉を綴られていたので、それに準ずるような言葉を作りました。クリスマスのイメージなので、歌のメロディを考えるような気持ちで。ほとんど直感に近かったかも。

夏花さんが、それぞれの方々が綴られた後にちょっとしたコメントをつけて連詩通信というものを送ってくださるのも楽しみでした。皆様の生み出す言葉たちも、それぞれの方のセンスが光り、とてもいい刺激にもなりました。

そんな素敵な連詩、『Romantic Christmas』は下記です。仲良くさせていただいているお友達の方で編集されたバージョンも載せました。

夏花さんの『Romantic Christmas』

祐乃さんの『Romantic Christmas』

kotoさんの『Romantic Christmas』

ちなみに、夏の連詩企画に初参加させていただいた作品はこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 16, 2005

日曜日たち

久々の吉田修一氏の作品。4062120046

・日曜日のエレベーター

・日曜日の被害者

・日曜日の新郎たち

・日曜日の運勢

・日曜日たち

という5つのストーリーからなり、それぞれが独立したお話なんだけど、どの部分にも登場する幼い兄弟が最後の篇である「日曜日たち」の中で存在がクローズアップされる設定が、とてもセンスがあって新鮮。

どの篇も魅力的でおもしろいけど、「日曜日の被害者」が一番おもしろかったかな。吉田氏は男性なのに、若い女性たちの会話をよく観察しているのだろうか・・と思うくらいに、とてもリアルなセリフで、登場する女性たちの性格がよくわかる。

お休みの日に・・タイトルのように日曜日にでも、ゆっくりつくろぎながら読みたい作品。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 14, 2005

BlogPetのChappy

BlogPetのChappyの背景をこの季節に合わせた感じにしてみました。

やり方がわからなくて苦労したけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

December 12, 2005

光のルネサンス

illumi5 神戸のルミナリエほどではないけれど、大阪にもイルミネーションが綺麗なところがあるって聞いていて、とても行きたいと思っていたのね。それが実現!

それは、中之島の中央公会堂周辺の川沿いのアーケード。雪の結晶をかたどった光と、音楽に合わせてさまざまな色に変化するイルミーネーションがとても幻想的。30分ごとに約15分ほど演出されるの。illumi6

まるで、冬の花火を見ているよう。まだあまり認知されていないのか、人混みにもならず、程よい人数で楽しめます。クリスマスの頃はカップルでいっぱいになるのかな。光と音楽のコラボレーション。神戸のルミナリエに行けillumi4 ない人は、大阪中之島の光のルネサンスをオススメします。

koukaido

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

December 09, 2005

X'mas Ornament

ornament 昨年はさぼってしまっていたのだけど、やはりクリスマスの飾りつけをすることにしたの。子供がいるわけでもなく、来客があるわけではないのだけど、気持ちだけは華やいでいたくてね。

我が家にはツリーはないのだけど、大きなクリスマスリースがあるの。結婚前に夫がクリスマスプレゼントしてくれたもの。当時、クリスマスプレゼント・・といえば、アクセサリーなどが欲しかった浅はかな私。夫は一緒に飾れたらいいなと思って・・と言って、東急ハンズでたくさんのオーナメントと一緒に買ってきてくれたの。その当時のわがままだった自分を思い出すと少し恥ずかしい。

そんな夫の気持ちを大切にして毎年飾っていたのだけど、昨年は何だかめんどくさくて出さなかったのね。今年も、どうしようかな・・って思っていたけど、クセになったら怖いなって思って。でも不思議ね。出すまでは億劫でも、飾りはじめると楽しくなってくるから。

誰のためでもなく、自分のために気持ちが華やいだり、豊かになること・・結構大切なことかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

December 07, 2005

FNS歌謡祭

子供の頃、よく歌番組を見ていた、いわゆる歌謡曲世代。いつ頃からか、TVの歌番組が減っていったのを淋しいと思ったけど、おかげで歌謡曲以外の音楽もたくさん聴くようになったかもしれない。

FNS歌謡祭・・今日、久々に長い時間TVをつけて見入ってしまった。出演歌手の選ばれる基準はよくわからないんだけど、今年よく活躍した歌手が出てるのかな。新高輪プリンスホテルの飛天の間からの生中継。プロの歌手たちの前で歌うステージだからか、プロの歌手たちが緊張しているのがよくわかる。aikoなんて声がひっくりかえったりして、少し可哀想だったな・・倖田みきは堂々としていたのは、すごかった。

昔の映像も流れて、昔はFNSグランプリというのがあったんだった。。。皆、それを受賞すると涙を流すというのは、そんなにすごい賞だったのかと今頃思ったりして。松田聖子が母親と共にマスカラがとれてしまうほど泣いてたシーン。あれは、見たことあったので懐かしかったりして。新人賞は、今は亡き岡田有希子や本田美奈子も受賞していたんだね。

今、ブレイクしているレイザーラモンHGのテーマソングは、郷ひろみの『Gold Finger』だったのね。何の曲だったっけ・・っていつも思っていたの。

最近は、心に残る名曲というのが無いような気もするけど、お祭りみたいな歌謡祭は見ていて結構楽しかった。歌はいいな~

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

December 02, 2005

大停電の夜に

main とてもロマンチックな映画でした。できたら、クリスマスイブに恋人同士で見たいような・・そんな映画。

クリスマスイブに東京の街の全てが停電になってしまう。でも、停電だったからこそ、味わえるもの、味わってしまうことがあったりするのね。12人もの役者たちが、それぞれイイ味出してるの。

豊川悦司(NYでベーシストとして活躍するも、別れた恋人のことを忘れられずに東京に戻ってきてバーを経営)

田畑智子(そのバーのお隣で、キャンドルショップを営んでいるが、バーの経営者に興味あり)

この二人が、この映画をナビゲートしていくかのような存在。オヤジと小娘みたいな二人の会話のやり取り・・くすっと笑える部分があります。

田口トモロヲ(会社の部下と不倫をしている。死んだと思っていた母親が生きていることを、死期の近い父親から告白されて戸惑う)

原田知世(田口の妻。夫の不倫に気付いていて悩む。昔の恋人に心を馳せるが・・)

吉川晃司(過去の過ちから服役して、その間に大切なものを失ったことに気付く)

寺島しのぶ(二人目の子供がお腹にいる臨月のときに昔の男にばったり出会う)

井川遥(上司と不倫していて、どうしようもない気持ちに心悩ませる)

阿部力(上海からやってきたホテルマン。上海に恋人がいてイブには帰国する予定だったが・・・)

本郷奏多(天体マニア。望遠鏡で星を見ていたが、あるものを見つけてしまう)

香椎由宇(ある病気と闘うモデル)

淡島千景(イブの日に夫に大きな秘密を話してしまう)

宇津井健(妻からの告白に苛立ちながらも、人助けをすることで、気持ちが半分晴れる)

私のつたない簡単な紹介でも、勘のいい人なら、どの人とどの人が繋がっているのか、わかってしまうかも。。この世の全ての人、皆ドラマがあり、普段何気なく過ごしているんだけど、何かのきっかけで、大切なことに気付いたりするんだよね。

キャンドルで埋め尽くされた景色や、ビル・エバンスの奏でるジャジーなピアノ曲がまたよく合っていて、素敵な気持ちにさせてくれます。クリスマスはジャジーな曲を聴こうかな・・って思いますよ。

映画の紹介はこちら

画像は、『大停電の夜に』フィルムパートナーズさんからのものです。

| | Comments (2) | TrackBack (3)
|

December 01, 2005

今年もあと1ヶ月・・

xmas1 1年が過ぎるのが早いと思うようになったのは、いつ頃からだろう。。年を重ねるたびに早く感じるようになるって言うものね。確か、13歳頃までは遅かったように思うの。早く17歳になりたいって思ってたから。。

12月も、きっと瞬く間に過ぎてしまうんだろうなぁ・・1年の締めくくりは12月の終わりに書かなくちゃね。今は、まだ12月が始まったばかりだから。

写真は、数年前にOBPの辺りで撮ったイルミュネーション。本当は神戸のルミナリエに一度行ってみたいのよね。まだ一度も行ったことなくて。。。でも、人ごみに負けそうなんだもの。今年も、綺麗なイルミュネーションの写真を撮りたいなって思ってるの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 2005 | Main | January 2006 »