« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

June 30, 2005

Blog Petを飼ってみました!

夏花さんのブログで教えてもらったの。
私も登録してみたんだけど、サイドバーの横に設定するにはどうしたらいいのか
わからなかったんだけど、あれこれ試してできました。
ココログをお使いの皆様、マイリストから入るといいようです。。

あ~苦労したぁ。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

June 29, 2005

LIVE無事に終了!

先日、バンドLIVEが無事に終った。
ステージでは大きなハプニングもなく、楽しくできたかなって思う。
学生時代の友人や、音楽仲間等が来てくれたし、それがとてもうれしかった。

アメリカ在住のKABAさんの出張と重なったので、写真をたくさん撮ってもらった。
もうすっかりプロのカメラマンみたい。
200枚くらい撮ってくれたんじゃないかな?
PCも持ち込んで、すぐにCDに焼いてくれて、メンバー全員に渡してくれたりして、
ほんとに感謝。
KABAさんがレイアウトしてくれた写真はこちらです。

mistyblue3

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 22, 2005

もうすぐLIVE!

6月26日(日)は阪急六甲のMaiden Voyage
バンドLIVEがあります。
今回はドラムのおだにぃが諸事情で出れなくなった為、Chikageという女性ドラマーが急きょ出演してくれることになりました。
今までとまた一味違ったMisty Blueをお楽しみに!

阪急六甲は、私が大学時代過ごした街。
震災で、駅内はずいぶん変わってしまったけど、やはり懐かしい。
そんな神戸の街で、今回は『エレガント』をモチーフに行いたいと思います。

お時間のある方は是非遊びに来てね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

June 16, 2005

Lonely Lady

久々のブログ更新です。一度サボリ癖がつくとダメですね~

今回は『Lonely Lady』を紹介します。
LIVEではいつもエンディングにやっているノリのいいファンキーな曲。
自分でも結構お気に入り。

女の人もバリバリ働く世の中になって、収入も結構高くなってハイクラスな高層マンションなども手に入れたりして
満足感はあるものの、ふっと寂しくなるときってあると思うの。
でも、頑張ってほしいって思うキャリアウーマンへの応援歌。
ph002

Lonely Lady

詞/EMIKO 曲/Misty Blue

暮れゆく空は モノトーン
冷たい ガラス越し

見下ろす景色は ダイアモンド
閉ざされた 摩天楼

夕映えうつる シャンパン
指先でころがす

広いフロアーに ブルーのソファ
憧れを手に入れた

I’m Lonely Lady Single Lady
忙しいけど 気に入ってるの
I’m Lonely Lady Single Lady
淋しいけど 最高よ

I’m Lonely Lady Single Lady
ひとりだけど 自由よ
I’m Lonely Lady Single Lady
どんなときでも 最高よ

楽曲はこちら

画像はGold Moonさんからお借りしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 01, 2005

引き潮

hikisio

昨年の年明け頃くらいに製作した曲。
くどー氏の弾いたリフに私がメロディをのせて作ることが定番になってきたのも、この曲からかも。
サビの部分は、メロディが空から降ってきたように自然に生まれた。

「思い出」はあくまでも思い出。けっしてその頃に戻ることはできない。。
それは満ちることのない引き潮のように・・・

引き潮

詞/EMIKO 曲/Misty Blue

海辺に寝そべって 吸えない煙草ふかす
雲の間を飛ぶ 鳥たちを見つめて

「泣くなよ」とそっと 私の髪をなでて
「強くなれ」と言って やさしく叱った

いつも 甘えてばかりいた 自信がなかった
大人になることが こわかったから・・

はしゃいで 笑いころげた あの日のことを 忘れない
いつのまにか 記憶の中で はじけていた ガラスのように

ことばにできなくて もどかしかった夜
素直になれなくて さまよい続けた

ずっと 愛してほしかった 不安になってた
離れてゆくことが こわかったから・・

はしゃいで 笑いころげた あの日のことを 忘れない
いつのまにか 記憶の中で はじけていた ガラスのように

こんなにも ときめきあふれ 熱く燃えた 星空の下
いつのまにか 遠く彼方に 流されてく 引き潮になる

はしゃいで 笑いころげた あの日のことを 忘れない
いつのまにか 記憶の中で はじけていた ガラスのように
いつのまにか 遠く彼方に 流されてく 引き潮になる
ラララ・・・


「引き潮」のアコースティックバージョン

       バンドバージョン

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« May 2005 | Main | July 2005 »