« 春は天然の睡眠薬 | Main | Misty Blueアコースティック春LIVE »

April 13, 2005

SA・YO・NA・RA~新しい旅立ち~

hanabira

SA・YO・NA・RA~新しい旅立ち~
詞/EMIKO 曲/Misty Blue


ふわりと舞う花びら いつしか風となって
煙草のけむりみたい 涙でにじんだ

そうよ あの日あなたが 閉じたその扉を
もう二度と 鍵をあけることはないのね

何だか泣きたくなる 真夜中 電話が鳴る
どこかで あなたの声を 探してしていたけど

そうよ あの日あなたの ことばの裏側に
見つけてしまったの 移りゆく想い

戻れない さよなら 二人でつむいだ
ぬくもりは消えて

帰らない さよなら あしたから一人で
新しく 生まれかわるの

いつか どこかで あなたに 出会ったなら
私 笑顔に きっとなれる・・・

戻らない さよなら 二人で歩いた
道のりは 遠く

ほほ笑んで さよなら あしたから ひとりで
旅立つ 私になるの

・・・・・・・・・・・

2003年の今頃の作品。ちょうど、桜が散り始めるときに浮かんだもの。
詞先だったので、作品化するのにかなり時間がかかったことをふと思い出しました。
アレンジを信頼できる方にお願いしたら、もっといい作品になるんじゃないかな~って思ったりもします。

曲はこちら

|
|

« 春は天然の睡眠薬 | Main | Misty Blueアコースティック春LIVE »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

>夏花さん

こんばんは~早速聴いていただいてありがとうございます。
恋の終わりは、ストレートに別れを告げて終ることが大半だと思うけど、この曲の主人公は、
勘が鋭くて、彼の言葉の何気ないところに
気づいてしまったの・・
どこかで強がりな彼女は、自ら別れを決意して、
新しく旅発つ・・。
失恋した人への励ましの曲でもあるかなぁ~

携帯変えたの。。夏花さんの撮られる携帯写真に触発されてしまいました。。
私も携帯ショット頑張ってみますね。

>真琴さん

こんばんは。聴いてくださってありがとうございます。
桜吹雪・・せつないですよね。
でも、とても綺麗で、ずっとそのまま見つめて
いたい気持ちにもなりますよね。
桜が咲いて散るということは、何だか出会いと別れみたいな感じがします。
毎年、春になれば出会えることなんだけど、散りゆくときはやはり淋しい気持ちが募ります。

以前エステサロンTBCのCMで坂井真紀ちゃんが、「絶対に綺麗になってやる!」と言っていたのをご存知ですか?
あのセリフが、この詞を生み出すきっかけにも
なりました。

Posted by: EMIKO | April 14, 2005 at 10:00 PM

EMIKOさん・・この曲とっても素敵です。
今の桜のシーズンにあっていて
今日会社の帰りに散り行く桜吹雪を
じっとみてたので・・
もう"戻れない~”のサビの部分
胸に押し迫る切なさで泣きそうになりました。

春は別れのシーズンでもあるけど
でも新たな旅たちをするにも素敵な季節
またいつかどこかで再会しとき
あの時よりちょっと大人になった自分で
逢えたら素敵ですよね

Posted by: 真琴 | April 14, 2005 at 07:06 PM

こんばんわ、EMIKOさん^^
桜ももう終わってしまいますね・・
この曲は、ちょうど桜の散る頃に作られた曲なんですね^^
とっても素敵でこの曲も好きです^^
歌詞の冒頭のところなど、とても素敵な表現ですよね。
惹かれる言葉でした。
言葉の裏側に見つけてしまった想い・・のところ、切なさをとっても感じます。
でも、後半、生まれ変わるの・・と歩き出す姿勢がまた素敵ですね。
曲もメロディーライン、好きです。
ちょっとしたところでおしゃれな感じがするんですよね。
そういうところがとっても好き^^
間奏のところのギターソロも切ない気持ちから前に進み出す気持ちに導いてる感じがして、効いてると思いました。

そうそう、携帯を変えられたのですよね。
桜の写真からですよね^^綺麗です^^
では、またね^^

Posted by: 夏花 | April 13, 2005 at 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67699/3690075

Listed below are links to weblogs that reference SA・YO・NA・RA~新しい旅立ち~:

« 春は天然の睡眠薬 | Main | Misty Blueアコースティック春LIVE »