July 14, 2019

Misty Blue aco LIVE at Otis Blue 5周年イベント 無事終了!

Otis Blue5周年イベントという、とても
おめでたいイベントにMisty Blueを呼んで頂けて
とても光栄でした。

Otis BlueでLIVEしたことのないMisty Blueが何故
呼ばれたのかと思われてる方もいると思うので、
ちょっとばかり補足説明をすると

2年程前、友人のドリカムカバーユニット
わんだーとぅ with マミオ主催ライブに
呼んでもらった時のそこのお店のオーナー
高木さんからのお誘いでした。

その時のLIVE記事はこちら

残念ながら、そちらのお店は閉めてしまわれたのだけど、
私たちの事を覚えて頂いてたことは、
とても嬉しいことでした。

その高木さんが、Otis Blueのオーナーと友人なのだそうです。
そのマスターの芳本さんの若かりし頃がこちら。
今では、ジャックニコルソンのような渋い感じに
なられてます。
Img_0716

ではいつものように簡単にライブレポートを♪

【セットリスト】

①引き潮
②Rainy Memory
③朱夏の香り
④Mellow Night
⑤恋よさようなら(カバー)
⑥Lovin'you(カバー)
⑦月の涙
⑧Lonely Lady

Otis Blueはソウル系のお店なので、
カバー曲はソウルシンガーが歌ってるものを
セレクト。
⑤はバートバカラックの曲だけど、ディオンヌワーウィックの
バージョンを聴いて好きになったのと
⑥は若くして亡くなってしまったミニーリパートンの
超有名曲。
2019713

Img_0801

共演者の方々が、とてもユニークな方々でした。
高木さんからお聞きした情報を元にちらりと。(敬称略)

●正木恭彦

主催者高木さんの親友で、昨年KBS京都役員を定年。
若い頃はキングレコードからシングル1枚出されたことがあるそう。
タイトルも白秋だったか忘れてしまったけど
人生のサイクルを
青春、朱夏、白秋、玄冬と分ける話をしてくださって
白秋である自分の年代は、人生の中で一番充実してるのだと
言われていて、歳を重ねるのも悪くないなと感じました。
Img_2640

 

●岡村ゆり

故やしきたかじん事務所PISからCDを出されたばかりとのこと。
オケやギターを弾きながらのパフォーマンス。
ぬえという鳥の名前の曲が印象的でした。

Img_2641

 

●ラッピングペーパー

3人ボーカルの中島マキさんや安達さんは音楽仲間。
もう一人のボーカル森島裕子さんは、初対面だったけど
私の仕事関係に関わりのある方だということが
わかってご縁を感じたし、キーボードの方が高木さんの奥様で
2年前にお会いした時には、居酒屋の女将だとばかり思っていたら、
バリバリのキーボーディストでとても感動しました!
ノリノリのR&Bサウンドを9人編成で
トリに相応しい華やかで、とても楽しませて頂きました。

Img_2642

 

来てくださったお客様、聴いてくださった方々
本当にありがとうございました!

出演者の皆様、お疲れさまでした!

お声かけて頂いた高木さん、ありがとうございました!

Otis Blue5周年、おめでとうございます!
まだ7/21、7/27と続くとのことで、ご都合合う方は
是非足を運んでくださいね。

Img_0802

お写真も色々な方から頂きました。
名前を挙げずに申し訳ありません。

ありがとうございました。

そしてMisty BlueのアコLIVEは次回は
8/4(日)のお昼に、西心斎橋にある
ガネーシャカフェで、sevakuri主催イベントに
出演させて頂きます。
アメリカ村の近くなので、買い物がてら
是非遊びに来てくださ~い(*´▽`*)

また告知しますね♪

 

| | Comments (0)

July 10, 2019

ひとりごと

ジャニーズを創ったジャニーさんが亡くなった。
TVで顔を見せることは殆どなくて、
タレントたちがジャニーさんの口癖
「Youやっちゃいなよ!」
等とマネたりして
ユニークな人なんだろうなと想像してたけど、

亡くなると、残された人たちが語ることによって
故人の人徳とか人柄とかわかってきたりするよね。

先日も一昨年亡くなったギタリストを偲ぶ
イベントに参加させてもらった。
その方に生前、ちゃんと会ったことは無かったのだけど、
その方の同級生たちや音楽仲間たちによって語られて
彼に会えた気持ちになった。

私がもし誰よりも先にあの世に行ったら
皆、私のこと語ってくれるかな・・

なんてことを思ったりした日だった。

ジャニーさんのご冥福をお祈りします。

 

Roseimage1

 

| | Comments (0)

July 09, 2019

Misty Blue アコLIVEのお知らせ☆

お客様としては何度も行ったことのある
大阪環状線寺田町駅からすぐの

Otis Blue
https://otis-blue.jimdo.com/
の開店5周年イベントに呼んで頂きました。

45分もの演奏時間を頂いたので、バンドで出演したかったのだけど
メンバー全員の都合が合わなくて
工藤さんと私のアコユニットで出演させて頂くことにしました。

飲食代が、びっくりするほど安くて美味しいので
飲食がてら、是非遊びに来てくださいませ^^

◼️2019/7/13(土)

◼️No Charge(チップ制)

◼️17:30 Open/ 18:00 Start

18:00~正木恭彦

18:55〜Misty Blue ← ここ!

19:45 〜おかむらゆり

20:35〜ラッピングペーパー

 

2019713frier

 

工藤さんが通勤タイムに
Misty Blueのスマホサイトを作ってくれたので
こちらも是非チェックしてね♪

https://kt1r5.crayonsite.com/

| | Comments (0)

July 07, 2019

七夕

今年の大阪は、もしかしたら空梅雨かもしれない。
毎年七夕は、雨が降っていたような気がするのよね。
昨年の今頃は、西日本豪雨でLIVEイベントを中止せざるを得ない
状況になっただけに、忘れもしないけど。

蝉の声もちょっとばかり聞こえてきたし・・
お天気がいいのはありがたいけどね。

毎週末、色々なイベントで出かけてたから
今日は久々にゆっくりできた。
こういった時間はとても大切。

七夕になると思いだすこの曲。
PV制作したのは、もう6年も前なんだ・・
tetsuさんが、私に合うのではないかと
選曲してくれた大切な曲。

自分の好みばかりで選ぶより、誰かに
選んでもらうってとても新鮮な気持ちになるよね。

でもどんなリクエストにも応えられるほど器用じゃないけどね^^

そんなtetsuさんとの七夕のように年に1回程に
なってしまったDuoLIVEが9月21日に決定しました!

 

すごく久々にエンピツ画に挑戦してみた。
しかも人物画。
色があるよりも、とても難しかったけど、
とてもいい勉強になった。

タイトル『銀幕の貴女に逢いたくて』
誰だかわかるかな~?
Img_0785

 

 

| | Comments (2)

July 03, 2019

tetsu企画オープンマイク at B-flat

5月末に久々にオープンマイクで、弾き語りを
させてもらって、しばらくは練習もなかなか出来ないので
出演させて頂く予定は無かったのだけど、

友人ボーカリストのKeikoちゃんが、
初めてオープンマイクを体験するとのことで、
tetsuさんが誘ってくれた。

Keikoちゃんが出るなら是非!とのことで
ふたつ返事で参加させてもらうことに。

ふたを開けてみたら、知り合いの音楽仲間たちが
沢山参加していて、ちょっとした音楽パーティみたいで
とても楽しかった。

出演者の方々はこちら。tetsuさんとこからコピペ~(≧ꈊ≦∗)

keikoKco・ふみ時々ターピョ・chammy・えんちゃん・BAN-RI・石川潤
Iga naniwaさんとvoさん・泡沫(うたかた)・EMIちゃん・新庄智・

今回の私のセトリは、2曲を弾き語り、
1曲をtetsuさんにサポートしてもらった。

弾き語り曲は、勿論八神純子さん♡♥

『甘い生活』と『夜間飛行』の2曲。

66386293_388366901802473_399893369012092

そしてあと1曲は、大切に歌ってきている
tetsuさん作曲のオリジナル曲

LOVE~運命の出会い (作詞:星野美咲)

弾き語りは、まだまだ修行が足りないけど、
tetsuさんにピアノを弾いてもらって歌うのも
久々だったし、弾いてもらって歌えるって
本当にありがたい事だと思うので、
ボーカリストとして、もっともっと
精進しなければと思ったのでした。

tetsuさん、誘ってくれてありがとう!!

聴いてくださったお客様、出演者の方々
どうもありがとうございました!!

姫ちゃん、ゆきちゃん、いつもありがとう!!

恒例の全員集合写真
65926134_325665085011841_145803093472811

 

主催者のtetsuさんを囲んで^^
女子に囲まれてもハーレムに見えない女子力高いtetsuさん(笑)
65848133_3081345658544005_36812290665406

 

 

| | Comments (0)

June 28, 2019

連続短編小説『のばらとうらら』第5章公開!

梅雨入りしたというのに、今日も晴れていた。
昨日は、まぁまぁという感じの雨が降ったけど、
もしかしたら、今年は空梅雨かもしれないなぁ~
お天気がいいのは、ありがたいけど、
地球的にいいのかなという不安はあるのよね。

そして日本で初めてのサミットG20で
大阪市内は警察官だらけ。
要人の方々が大阪入りしてるわけだから
あたりまえなんだろうけど・・(*-.-*)

 

さて前置きが長くなったけど、
昨年から書き始めた短編連載小説を
更新しました。

恥ずかしげも無しにと思ってる人も
いるだろうけど、

表現したいって思うんだもの。


誰に迷惑をかけるわけでもないし
いいよね。

オリジナル曲も、聴いてもらう人がいるだけで
曲が育っていくように

小説も、読んでくれる人がいるだけで
育っていけるので、

もし小説に興味があれば、良かったら読んでくれたら
嬉しいです。

https://estar.jp/novels/25190859/viewer?page=29

Img_0245_20190628213501

| | Comments (0)

June 26, 2019

ようやく梅雨入り・・そして色々。

お天気がいいのは、色々とありがたかったけど
自然現象的には、これでいいの?という気持ちは
あったので、やっと関西も梅雨入りしてくれて
ちょっとばかり安心した。
今週末もあちこちでイベントが開催されるから
複雑な心境ではあるけれど・・・

 

先日の東京で、いろいろ聞いた音楽事情。

大阪とは、やっぱり違うなぁと思うことも
多々あった。

以前は、大阪の実力のあるミュージシャンやアーティストたちが
何故東京に行くんだろうと思っていたけれど

沢山の人たちがいるから、沢山の人たちに
音楽を聴いてもらえる機会があるということと

知り合い以外の、ライブハウスに付くお客様や

一般のお客様が、

ライブハウスのスケジュールを見て
興味を持ってくれたら、足を運んでくれることも
多いらしい。

今では、YouTubeやインスタ、ツイッターなども
あるので、誰でも音楽配信が出来るから
地方でも活動はできるけれど

関西では、というか私の周りでは、

LIVEのお客様は大抵知り合いばかり。

誰かの知り合いで繋がっていって、

知り合いが多ければ、多いほど、

どこかのLIVEに都合が合えば
来てもらえるかなという感じ。

平日にやっているジャズバー等でのジャズ演奏は、
仕事帰りのサラリーマンたちが癒しを求めて

お酒を飲みながら
来てくれるのだろうけど

私たちがやっているオリジナルやカバーバンド等の

LIVEイベントでは、其々が知り合いに声を

かけたりして集客が成り立っている。

勿論、気の合う音楽仲間や友人たちと
LIVEイベントを創るのは楽しいし、
私も自分主催イベントでは、

音楽交流を兼ねてやっているけれど

知り合いではない一般のお客様にも
来て頂けるように、

できるだけ興味を持ってもらえるような
イベント作りをしたいと思ってるのよね。

そんな私のようなイベントを創ってる、
仕切り屋さんみたいな人たちが、
東京には結構多いらしい。

住むには、人が多すぎて躊躇するけれど
音楽に対する意識の高い人たちが多そうだし、
文化面では、やはり東京は魅力的な街だと思う。

Img_0778

| | Comments (0)

June 24, 2019

久々の上京の状況

久々に上京した。
以前の上京は多分、2年前の東京弦月会に
ボーカリストとして呼んでもらった時だったと思う。
今回も、その高校時代のプチ同窓会が開催されると
聞いて、LIVE予定も無かったし、参加してみようと
思い立った。
参加人数は10数名。
しばらく会ってなくても、やはり同じ時代を
宮崎で過ごした同級生と過ごす時間は、本当に
楽しかった。

何をしゃべったのか、ほとんど記憶はないけれど
ただただ、楽しかった。

楽しいっていう感覚には理由なんてないよね😊

皆さん、お疲れさまでした!Dad8ec8fa85d49e39060b7ca1c07c8de

今回は浅草に宿泊したので、ちょっとばかり
浅草見物などを。
浅草といえば、まずこの雷門だよね^^
Img_2619

朝9時頃だと、お店も空いてなくて観光客もまばら。
Img_2621

いろんな通りがあるのね。
Img_2622

浅草寺。甥っ子が今年受験生なので、お守りを購入。
Img_2623

観光客用の人力車が通っていて、『いだてん』を思いだす。
Img_2633

六区の花道があって、有名人の写真が所々にかかっていた。
でも一筋越えると、JRAやパチンコ屋さんがあって、
そんな雰囲気のおじさまたちが、朝からビールを飲みながら
談笑してる姿がちらほら。

Img_2631

お店も風情があるなぁ~
Img_2629

阪神ファンならきっと入ってみたいようなお店。
Img_2632

スカイツリーも今ではあまり珍しくもなくなったけれど、一応^^
Img_2617

そして、秋に東京でLIVEをするために、いろいろと相談に
のってもらっている音楽仲間のK氏と合流して、東京での
ミュージシャンたちの動向などの情報をいろいろ入手して、
帰路へ。

帰りの新幹線の中ではほとんど爆睡。
読書用の本も1冊持っていってたのに。

そんなこんなで、今回の東京も沢山の方々に会えた
楽しい時間でした。

皆様、どうもありがとうございました☆

| | Comments (0)

June 19, 2019

Strawberry Moon

昨夜はとても綺麗な月を見ることができた。

Strawberry Moon っていうんだって。

6月の満月をそう言うらしいんだけど、
名称からしてロマンテイック❤

以前も満月を何度かミラーレスの一眼レフで
撮影したことがあるんだけど、

今回、普通のコンデジでわりと綺麗に撮影できて
びっくり!
まさにミラクルムーン!

でも新潟で大地震があったから、その前兆だったとしたら
ちょっと怖いけど^^;

Strawberrymoon2019

それにしても6月半ばを過ぎたのに
関西はまだ梅雨入りしてない。
晴れ間はありがたいけど、自然現象的には
これでいいのかなぁ・・

| | Comments (0)

June 17, 2019

きまぐれEMIちゃんCafe Vol.4 無事終了!

Allcast2019616

6月も半ばを過ぎたというのに、関西の梅雨入りは
まだのようで、これでいいのだろうかと思いながら
昨年は豪雨のせいで、イベントを1本飛ばしてるので、
天候に恵まれて、イベントの日を迎えることが出来たのは
本当にありがたい事です。

今回のきまぐれEMIちゃんCafe
オリジナル曲で活動している5組の共演。

個性豊かな方々ばかりで、いいイベントになったと思います。

私目線のLIVEレポートを簡単にですけど
出演順にさせて頂きますね♪

【きまぐれEMIちゃん Cafe Vol.4 at Gallery NU-VU】

①ウィズ ウインド
Vo.&Gt.井上奈緒/Vo.&Gt.森山芳則

出会いは、BiColorのバースデーイベント。
『おっちゃんの歌』など、等身大の楽曲を
フォーク&ブルースな感じで世界を
作っている。
奈緒さんのハスキーボイスは色っぽいし
森山さんのギターと歌はトップクラス。

昼間のCafeが、この時間だけ夜の大阪ミナミの
雰囲気になった。

Withwind1Withwind2

 

②石川そをら(Pf&Syn.)

中之島花子さん主催の軽音祭で知り合った

そをら君の鍵盤プレイがプロ級ということは、熟知していたけど
歌も歌えるとは!
しかもかなり高音域。
グランドピアノだけでの演奏と思いきや
シンセで色々な音色も作っていた。
中でもラストにやった『椿姫』はクオリティの高い素晴らしい作品だと思った。

Sowla1Sowla2

 

③イマニシユカ(Vo,Pf,小物)
 サポート:板野哲士(Gt,Pf)

浜田さんの紹介で知り合った。
ユカさんは、歌唱力が抜群なだけではなく
醸し出す独特の世界感は、とても魅力的。
色々な解釈があると思うけど、私から感じる
彼女の歌声はまさに森林浴。
昔のバンドメンバーだったという板野さんが
更にユカさんの魅力を引き立たせていた。

Imayuka1Imayuka2

 

④少年パノラマ
歌:ひな/ベース:浜田勝徳/構成・脚本:moco

中之島花子ことひなちゃんと、浜田さんとの音楽を
通してのお付き合いは6~7年程。
このお二人のユニットは、YouTube等で配信していくだけの
はずだったけど、今回晴れてステージデビューすることに。
19歳と35歳の恋する女性という設定で、
お芝居を交えながら、歌も入れていくスタイルは
あまり観たことが無いので、これからどうやって確立していくのか楽しみ。

 

Panrama1Panorama2

⑤Misty Blue
Vo-EMIKO/Gt-KUDO/B&Cho-syamada

【セットリスト】
①引き潮
②Rainy Memory
③メロディ
④月の涙
⑤Lonely Lady
⑥きっと・・ずっと。

今回はトリオバージョンでの演奏。
Misty Blue作品の中でも比較的評判のいいものをセレクトした。
④の『月の涙』は今までバンドバージョンでしか
演奏したことなかったので、アコスタイルで初挑戦。

 

Mb1Emiko616

 

最後は出演者ほぼ全員で、『Stand By Me』をセッション形式で披露。
Img_0759

 

魅力的な出演者たちでも、オリジナルのLIVEは、集客が結構厳しいということを
今までの主催イベントから経験しているので、
今回もお客様が来てくださるかとても心配でした。
満席とはいかなかったけど、来て頂けて本当に良かったです。

こういう時、友人や音楽仲間には、とても救われます。

私としては、私たちのことをよく知らなくても
興味を持ってもらえるようなイベントを目指したいので
一般向けにも発信できたらと思っています。

今回のようなオリジナルイベント企画は、今度は来年になると思うけど
皆様に評価して頂けるようなものを、作っていきたいと思っているので
応援して頂けたら嬉しいです。

大切な時間を作って足を運んでくださったお客様
ありがとうございました!

写真を撮って送ってくれた、まりこさん、由香ちゃん、
のりちゃん、Keikoちゃん、奈緒姉さん、どうもありがとう!

素晴らしいパフォーマンスを披露してくださった出演者の皆様、
Misty Blueのメンバー、お疲れさまでした!

Nu-Vuの田中さんをはじめ、スタッフの皆様、
どうもありがとうございました!

これからもまたきまぐれに(笑)頑張りま~す☆

Img_2613

★ここから追記です。

 

ドラマーのきんちゃんこと、金子浩光さんが、
素敵なライブレポートをFBにアップしてくださったので、
こちらに転記しておきます♪

今日は、きまぐれEMIちゃんカフェVo.4のライブにおじゃましました。

普段アコースティック系はあまり好きではないし聞かないのですが、

出演者の5組中4組が知り合いだったので、普段とは違いワクワクしながら行ってきました。

①ウィズ ウインド
男女2人組のアコギユニット。
ハスキーボイスの女性の声は難波の夜に相応しく、また味があって心地良かった。
そして男性も歌は上手いは、アコギでの超絶ギタープレイは圧巻でした。
アコギをあんなに上手く弾く人は初めて見たかも。

②石川そをら
彼が作ったオリジナル曲は心に響いた。
特に椿姫という曲は、ネオアトランティスの「忘れられた森」に通ずる曲で、この曲バンドでやりたいと直感的に思った。
また中音部の彼の声は人を惹きつける何かがあった。

③イマニシユカ
彼女の世界観は大のお気に入り。
アルバム・マハトムジークも一時期ヘビロテしていたので、アルバムに入ってる曲を生で聴くとすぐにイマニシユカワールドに入り込めた。
曲の雰囲気も歌詞も歌声も、全てが彼女しか持ってない唯一無二のもの。
そしてサポートの男性は1人でアコギ、鉄琴、ピアノ、民族楽器と、器用にセンスよくハイレベルでユカちゃんをサポートしてくれていた。
あの男性の力は大きい。

④少年パノラマ
35歳の女性が女子高生の頃の思い出を綴っていくという、甘く切ないストーリーを題材にした、ボーカルとベースの2人組ユニット。
物語をボーカルのひなちゃんが声優の如く読み上げ、そのストーリーの曲を演奏するという、ネオアトランティスと同じスタイル。
作曲とベースは浜田さん。
曲調は酸っぱいほどの青春ポップス。
曲を聴いてると、だんだん自分が高校生だった頃にタイムスリップしていった。
特にオレンジという曲はタイムスリップ感がハンパなかった。

⑤Mysty Blue
主催者エミちゃんの3人組ユニット。
普段はバンド形態で活動しているそうで、なんと結成18年という驚きの息の長さ。
80年代の頃を思い出させてくれる、ちょっぴり寂しいポップス。
少年パノラマに続いて、20代の頃にタイムスリップした。
女性目線での歌なのに、なぜか惹きつけられて、20代の頃の思い出が蘇った。

今回は知り合いだらけのライブで、5組ともレベルが高かったのもあって、非常に楽しめた。
たまにはこういうライブもいいなと思った。
俺もがんばろ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

きんちゃん、どうもありがとうございました!!

| | Comments (0)

«集客について